2008年度茶摘み


5月の連休は、毎年茶摘みシーズンにあたる。

今年の4連休は、5日以外は好天気。
茂さん宅では4日、6日、連休明けて7日と、船場道と溝の口の茶畑で、夫婦2人+犬2匹+お手伝いの私での茶摘みをした。

b0125397_20305956.jpg


溝の口の茶畑はヤブキタ。
船場道は、ザイライとヤブキタの混合。

お茶は新芽が出る前に薬をかけないと、虫にやられてしまってきれいな葉にならない。
茂さんの茶畑では、牛糞の肥やしを入れたり、雑草が生えるのを防ぐためにわらを敷く以外は、薬を使っていない。
そのため、ヤブキタの茶葉にも、きれいなのと、茶色い小さな穴の開いた茶葉が混ざっている。
穴の開いた葉も、新芽になってしまうと虫は付いていない。芽が出る前に虫が付いてしまうと、新芽が小さな穴の開いた状態になってしまう。

その点ザイライは、味は良くないけど虫も付かない。
田口の茂さん宅から、溝の口の茶畑へ行く旧道沿いの薮には、目をこらすとそこかしこでザイライ種のお茶の木がある。
手入れをしないお茶の木は高く伸びてしまって、鮮やかな色の新芽が出る季節以外は、普通の薮の中に埋もれてしまっている。

b0125397_2040928.jpg


立って摘んでばかりだと、横や脇にある新芽が採れない。ひとしきり上部を摘んでしまった後は、座り込んで脇や下に隠れた新芽を摘む。

b0125397_20441685.jpg


朝7時半から茶摘み開始。
10時になったので、ちょっと休憩。
冷やしたお水と、黒糖キャンディ、エツの最中(久留米のお土産?)、それに甘夏。

「器のよかけん、味もよか~」
小石原土産のそばちょこを3脚プレゼントしたので、さっそく活用。良かった、気に入ってくれたようす。

b0125397_20491295.jpg



この日は午前中でおしまい。
午後からは、前々日に摘んだお茶の葉と合わせて、製茶作業に入ります。

b0125397_20504967.jpg


朝早くからお疲れさま。
この日のお昼は、道の駅五木で購入したお弁当です。
民宿「山里」のもの。
テーブルの下では、ジロウとサクラもとんかつを分けてもらってご機嫌でした。
[PR]
トラックバックURL : https://fromitsuki.exblog.jp/tb/8605455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by from_itsuki | 2008-05-16 20:53 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera