五木村郷土研究会、3月例会は山菜観察。

五木村には、五木村郷土研究会と言う、地元住民の方々によるすばらしい活動をされている会があります。

数年前に立ち上がった会で、ほぼ毎月、定例会の形で勉強会や報告会を開くとともに、方言部会、地名部会、お堂部会に分かれて、それぞれに地域研究を続けられています。

ちなみに、元村民と言う特権をフルに利用して、僭越ながら私も末席を汚させていただいてます。

さて先日3月31日は、春先の例会として、山野草観察と試食会が行われ、お腹を空かせて参加してきました。

講師は、知る人ぞ知る達人、岡本正さん(正しゃん)。

b0125397_01015462.jpg
勉強中
b0125397_01145676.jpeg
ホトケノザとキランソウとカキドオシ(ホトケノザは食べられません)
b0125397_01015669.jpg
八重桜も食べてみます

高野のけんどから旧道に降り、一部は獣道?昔の里道?に入ったりもしながら、数種類を採取。
あらかじめ採取してくださっていたものと一緒に、天ぷらにしていただきました。

b0125397_01021905.jpg
b0125397_01025947.jpg

ダラノメ(トゲ有りの野生のものと栽培もの)、ツクシ、椿、椎茸、キクイモ、ユキノシタ、シャク、フキノトウ、サド(イタドリ)、カワバクショウ(ハナウド)

b0125397_01030112.jpg

ダラノメ、カキドオシ、ミツバ、ヨモギ、八重桜、キランソウ、スイバ


おにぎりやご飯ものは各自持参。
サイドメニューは、振る舞いのシャクのごま和え、葉わさび、タラノメとノビルの酢味噌添え、おからサラダ、ジャーマンポテト、きんぴら、いちごなど。
去年天ぷらを食べ過ぎてみんな胸焼け気味だったので、今年は天ぷら以外も充実です。

b0125397_01104084.jpeg
シャクのごま和え
b0125397_01110645.jpeg
葉ワサビ
b0125397_01120665.jpeg
ノビルとタラノメの酢味噌添え

参加するのは2回目ですが、今年の参加で知った発見は、

シャクは結構おいしい
キランソウとカキドオシの違い
ダラノメの栽培ものと野生のものの違い(味はほぼ同じ?)
クサギナの料理方法
くねぶ果汁の特性と保存と使い方
シャクに似たムラサキケマンに注意(花が咲く前は似ている。しかもムラサキケマンは有毒)

などなどでした。
いずれも書物ではなかなか知り得ない、貴重な情報でした。
準備に当たられた吉松さんや関係の皆さま、大変お世話になりました。

b0125397_01141055.jpeg
b0125397_01142789.jpeg

なお、五木村郷土研究会方言部会では、五木弁ミニ辞典を取りまとめ中です。
巻末には、五木弁によるムラびとの会話文例と標準語(東京弁)訳も収録予定。

これを手に入れれば、あなたも明日から五木人。
違和感なく地元のお年寄りの茶のみ話に加われます。←個人的悲願

こちらもぜひ完成をお楽しみに。

[PR]
トラックバックURL : https://fromitsuki.exblog.jp/tb/28232366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by from_itsuki | 2018-04-06 22:01 | 五木の四季と自然 | Trackback | Comments(0)

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera