春の風物詩、クサギナの味噌炒め。

五木村の方から、クサギナを分けてもらいました。

旬は4月半ば〜5月だそうで、こちらは昨年5月にとって茹でた後冷凍していたもの。

b0125397_10592200.jpg

正式名称はクサギ=臭木。
五木村ではその葉をクサギナ(臭木菜?)と呼び、茹でてさらしてから、炒めたり混ぜご飯にしたりして食べます。

名前が名前なだけにアレですが、臭いって言ってもいろいろあり、生のドクダミのようなタイプの匂いらしい。
茹でてさらすと香りはかなり減ります。
何年か前に生えているのを摘んで匂ったことはありますが、わ〜確かに名前の通り〜と言った記憶だけはあるけど、匂いそのものは忘れました。

見た目はお茶を出した後の茶殻っぽい。
それも煎茶ではなく、葉っぱの原形に戻る釜炒り茶を出した後の。

おすすめされたレシピに従い、油で炒めてみりんで伸ばした味噌を絡めた味噌炒めで。
b0125397_10593932.jpg

味は、噛んでいるうちに、味噌の味の中にかすかな酸味と、わずかな渋みのような苦味のような味も感じました。
ギュッギュッという歯ごたえも、他の山菜にはあまり無いかも。
確かに結構イケます。

「子供の頃は臭いが嫌いだったけど、大人になると好みが変わって、むしろ好んで時々食べたくなる」と言われていました。
確かにそういうものってありますよね。
どくだみ茶とかふきのとう味噌とかツクシとか。
舌も大人になりました。

クサギナ飯もおいしいと、村の他の方に聞いたことがあります。
隣の隣の椎葉村では、クサギナ飯が村の物産館の食堂の看板メニューの1つで、パックに入ったクサギナ飯の素も商品として売られています。

今度の話を旬にはちょっと採取させてもらえないか五木のどなたかに相談し、クサギナ飯にチャレンジしてみようと思っています。

[PR]
トラックバックURL : https://fromitsuki.exblog.jp/tb/28225451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by from_itsuki | 2018-04-02 10:59 | 五木の四季と自然 | Trackback | Comments(0)

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera