血管若返りの伝統食材☆五木村の樫の木豆腐と豆腐の味噌漬け

b0125397_13435350.jpeg
今日立ち寄った道の駅五木、五木村観光協会は番組終了後から電話が鳴りっぱなし。
対応にてんてこ舞いのようでした。

サタデープラスの血管若返りの伝統食材スペシャルで紹介された、豆腐と、豆腐の味噌漬けについてちょっとご紹介。


大豆が普通の豆腐の3倍!の樫の木豆腐として紹介された、五木豆腐を作られている五木とうふさんは、土屋さんご夫婦と従業員さん数名の小さなお豆腐屋さんです。

http://itukitofu.com/

定番の五木豆腐、五木揚げ以外にも、九州産フクユタカや天草の天然にがり、堀内商店の圧搾なたね油などこだわり原料を使われた商品や、山桜チップで燻した燻製豆腐(オリジナルと黒胡椒)、熟成の豆腐のもろみ漬(オリジナル味と激辛な唐辛子味)、おからコロッケなども作られています。

安くはないですが、確かな材料を使って、昔ながらに地道に作られた、いい商品ばかりです。

家族経営なので、一度に大量生産することができないそう。
一気に注文が来て生産ペースが崩れ、地元の常連さんに迷惑を掛けたくないと、取材を辞退されることもあるくらい、地道で頑固で働き者として知られる若夫婦が作られています。

多分、テレビ放送の影響で問合せが殺到していると思いますが、時間が経てば生産や出荷はできるはずですので、焦らず気長に末長く、見守ってあげて下さい。

なお、福岡の一部のレガネットには熊本県南市場コーナーがあり、五木豆腐ではないですが、同じ五木とうふさんの丸い豆腐と揚げが出荷されています。
安くないけど、これが本当の豆腐の値段です。
福岡の警固の自然食品の店ファームでも常時取り扱い。


また、豆腐×味噌のタンパク質×ビタミンBな健康食品として紹介された山うに豆腐は、五木村の振興に心血注がれてきた橋本社長の会社、五木屋本舗の看板商品。

http://www.itsukiyahonpo.co.jp

人吉球磨、五木五家荘で古くから食べられてきた豆腐の味噌漬け(固い)を、やわらかくよりクリーミーに現代風にアレンジしたものです。

半年間もろみ味噌に漬け込んで熟成させるということは、常に半年先を考えながら製造しないといけないという、製造業的には難しい商品。
万が一、一時的に品切れしても、こちらも待てばちゃんと出荷できますのでご安心下さい。

看板商品の山うに豆腐オリジナル味の他に、柚子味、唐辛子味、生姜味、黒ごま味、しそ味などもあります。
また、豆乳リキュール、山うにドレッシング、燻製豆腐などもあり。

どれもおいしいですが、個人的には、スモーク豆腐チーズが一押しです!

全国の催事や一部のデパートでも扱われています。
五木とうふの豆腐とほぼ同じ作り方をした豆腐を原料に使われています。


近辺に大消費地を抱えていない、周りを1000メートル以上の山々に囲まれた五木村のような地域でのモノ作りでは、地域内だけでの経済活動では、ここで暮らして行くための収入、仕事を生み出すのが難しい側面があります。

地震により熊本県内の道の駅は、来客数が6割〜8割減とのこと。
まったく地震による被害のなかった五木村も、普段の2分の1〜3分の1程度の客足です。
五木村では、気候の良い春先から梅雨前のこの時期は、紅葉な10〜11月の次に大きい稼ぎ時なのに、これだけ減れば死活問題。

地域外から買い支えていただくことが、地方の暮らしや水源の山々を守ることにもつながります。
熊本全体を、ぜひ長〜い目で応援お願いしますm(_ _)m
[PR]
by from_itsuki | 2016-05-21 13:41 | 五木の特産品