あゆの里で山うに。

先日、人吉のあゆの里で宿泊のネット販売をしている大手三社によるセミナーがあり、参加してきました。

あゆの里の目の前は、球磨川と人吉城址。

b0125397_18344575.jpg


冬の川は、水量は少ないながらも、水がきれいです。


さすが人吉球磨トップクラスのホテル。
落ち着いたアジアンと和のテイストのフュージョンの調度、しつらえもすてきです。

セミナーでは、
今旅行を取り巻く社会状況や、そんな中での展開事例などふむふむという内容。
五木という、人吉球磨の周縁にあり、ある意味資源豊かな場所まで、
人吉での宿泊者に来訪していただくことで、WinーWinーWin(人吉の宿泊施設・五木・来訪者の三者にとって)な形を作るには、
どんな展開可能性があるかを考える機会になりました。

それにしても、
旅行会社、ネット販売会社、媒体を中心としたリサーチ会社三社のプレゼンは、まさに三社三様。

うち一社のグループ会社にいたことがありますが、
各社の社風や社員カラーが感じられるプレゼンで、そういう意味でも興味深かったです。


あゆの里一階には、人吉球磨の逸品をそろえたお店が入っていますが、
ここにももちろん、五木屋本舗の山うに豆腐が並んでます!

b0125397_18344590.jpg

(手前に透明カバーがあったので、イマイチきれいに撮れてませんが)

地元産のものを見つけるとうれしいですね。
お泊まりの際、人吉散策の際はぜひお立ち寄り下さい。
[PR]
by from_itsuki | 2013-02-01 18:34 | 五木の生活文化

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera