秋の大滝、しっとり散策。

昨今五木の人気のスポットである大滝へ、
記者さんと正さんと行ってきました。

紅葉は盛りを過ぎましたが、
散り始めた色鮮やかなが遊歩道を埋め、
しっとりした美しさがあります。

b0125397_1301992.jpg


大滝は、滝から下は
アカガシやウラジロガシといったカシ類など常緑樹が多く、
滝あたりで植生がじわっと変わって、
滝から上はカエデ類など落葉樹が多いそう。

b0125397_1301997.jpg


とは言え、秋になって落ち葉を見ると、
滝から下も結構カエデ類が多く、
落葉して紅葉する、シロモジ(左端)、ケクロモジ(左から二番目)、
シデ、チドリノキなどが多くあるのに気づきます。

秋は植物観察にもいいですね。

ヤハズアジサイはあまり紅葉しないとか、
シロモジ・クロモジは結構あちこちにあるとか、
ガクウツギの花の名残はいつまでも長く残るとか、
ヤブミョウガは秋になると枯れて消えるとか、
いろいろな気づきと学びがあります・・・。

b0125397_1301944.jpg


こちらはヒメムカゴシダの子ども。

シダの葉っぱの付け根に、山芋のムカゴのように、
小さなシダの赤ちゃんが付きます。

最初は中心の丸い状態で、
そこから発芽すると写真のようになって、
適当な時期になったらポロリと下に落ち、
それで繁殖するそう。

触ったらポロッと取れました。
なかなか愛いやつです。

葉の裏には胞子も付いてましたので、
胞子とこのムカゴ的子どもの両方とで繁殖するみたいです。

ツルリンドウの実も発見。

b0125397_1431349.jpg


ふむー
小さくて愛いやつです。


あとマムシ草の赤い実もあちこちに・・・

名前のイメージもありますが、
見た目にも結構不気味な実です・・・(写真略)。


大滝自然森林公園遊歩道は、
滝まで700m、滝から上が500m。

滝までのショートコースなら、往復40分。

遊歩道を歩いて、滝のそばから上流に上がり、
1,500mの村道を通って入口に下ると、
しめて3km弱のコース。
こちらは、お弁当持ちでの軽い散策にちょうど良いです。

五木村観光協会には、大滝パンフレットもあるので、
それを片手に通年でぜひ楽しんでいただきたいスポットです。
[PR]
by from_itsuki | 2012-11-14 01:30 | 五木の四季と自然