掛け干し米づくりがピークです。


五木村最大の穀倉地帯、宮園地区では、現在稲刈り真っ盛りです。

今年は珍しく晴れが続くので、今のうちにと、
みなさん小さな田んぼを次から次に収穫し、
竿掛けする作業をされています。

b0125397_034744.jpg


5日はお休みだったので、
岩本さんご夫妻と息子さんと一緒に、
稲刈り手伝いをさせてもらいました。

手伝いっていうか体験させてもらったっていうか、
若干足を引っ張ったかもっていうか・・・。

楽しかった!

b0125397_0381149.jpg


岩本さんちは、5反弱の7枚の田んぼで、
米(ヒノヒカリ)、古代米・赤(ベニロマン)、
古代米・黒(オクノムラサキ)、もち米の4種類を作られています。

この日は、もち米とヒノヒカリの収穫。

宮園の8軒ほどの農家のうち6軒は、
刈り取った稲を田んぼに作った竿に掛け、
そのまま2週間ほど天日で乾かす
「掛け干し米」を作られています。

b0125397_0403613.jpg


機械を使わずず陽の光でじっくりと自然乾燥させるのですが、
これがなかなかの重労働。

おかげで今日はももの裏やら腕やらが筋肉痛・・・。

でも、これもおいしいお米を作るための大切な作業です。

b0125397_0424097.jpg


道の駅子守唄の里五木で販売しているお米は、
すべて掛け干し米。

愛情を込めて育てられた、とってもおいしいお米で、
宮園の岩本さん、鶴崎さん、宮田さん、
西谷の西村さんたちが作られた、
うるち米、もち米、古代米(赤・黒・ミックス)が店頭に並びます。

新米発売までもうしばらくお待ちくださいね♪

あー早くツヤツヤいい香りの新米を食べたい!!
[PR]
トラックバックURL : https://fromitsuki.exblog.jp/tb/19143923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-10-06 23:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by from_itsuki | 2012-10-06 00:46 | 五木の四季と自然 | Trackback | Comments(1)

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera