夜空に輝く、宮園の大イチョウ。

五木村が誇る、文化遺産と言えば・・・

やはり、熊本県指定天然記念物である、
五木村宮園地区の大イチョウ!!

b0125397_2035598.jpg


今年は、10月25日(月)~11月25日(金)の期間、
17:30~21:00までライトアップが行われています。
漆黒の夜空に輝く枝ぶりは見事ですよ。

11月12日(土)16時からは、この大イチョウの下で、
「宮園大イチョウ祭り」が開かれます!
豚汁・おにぎり・焼肉のふるまい(お一人300円)に、
特産品販売など、アットホームなふるさとの祭りです。
同日13時半からは、シイタケ収穫体験も(こちら)。


さて、五木村には、ほぼ集落ごとにお堂や氏神さまがあります。

お堂のそばには、大イチョウが植えられていることが多く、
この県下エース級大イチョウである、宮園の大銀杏のほか、
田口(頭地)、上平野、八原(やつはる)、入鴨、西谷、瀬目など
村内各所にあります。

田口や入鴨、西谷は観音堂のそばに(現在田口のお堂はない)、
上平野や八原は薬師堂のそばに、
瀬目は八坂神社のそばに。
いずれも、樹齢は500~600年と言われています。

b0125397_20561168.jpg


11月8日現在、宮園大イチョウの色づき具合はこの通り。
今週末から、見ごろを迎えそうですね。
ライトアップは、今月24日までです。
[PR]
by from_itsuki | 2011-11-08 21:06 | 五木の四季と自然