五木小鶴集落と創る僕らのふるさと夏祭りキャンプ

b0125397_3521736.jpg

(2010年6月21日 大通峠にて)

今年8月、「五木村研究会」という県庁職員有志と民間有志による
グループ主催で、以下の楽しそうな企画が開催されるそうです!!
小鶴集落とは、白滝公園周辺のこと。
地元の方と一緒に、夏祭りを作ってみませんか?

【以下転載】
--------------------------------------

皆さま、五木村を御存知ですか?
川辺川を御存知ですか?

五木の自然を見て、触れて、聞いて、食して・・・体感してもらおう!
欲張りなスタッフが、なんでも体験しよう!と企画したの手作りキャンプ。
ニュースで流れる五木村とは違う、活き活きした五木村を感じていただけるキャンプの御案内です。



以下・・・・転送歓迎です。

「五木小鶴集落と創る僕らのふるさと夏祭りキャンプ」のご案内

清流・川辺川の源流、五木村小鶴で行われるキャンプに参加しませんか?
川遊び等、五木でしか体験できない様々な自然体験やレクリエーションをリーズナブルな料金でご用意しています。
今回は小鶴集落の方々と一緒に夏祭りを創っていきます。
ご家族、学生など若い方々の「心のふるさとづくり」をテーマに幅広い参加者を以下のとおり募集しています。
きっと一生のよい思い出づくりになると思います。奮ってご参加ください!!

1.日時 平成22年8月13日(金)~8月15日(日)の2泊3日

2.場所 球磨郡五木村竹の川・坂下・小鶴・端海野
     宿泊は端海野キャンプ場

3.日程・内容 下記のとおり(募集人員:本申込順先着30人)

4.申込方法
 参加御希望の方はitsukikenkyu@yahoo.co.jpに7月20日(火)までに下記に指定する情報(イベント保険加入に使います)を記載してメールで申し込みください。

◆申込記入情報
①氏名、②住所、③携帯電話番号、④生年月日、⑤性別、
⑥勤務先/学校名、⑦既病歴アレルギー等注意事項、⑧緊急時連絡先
(個人情報は本イベント外の目的では使用しません)

5.費用(2泊3日)
 大人(高校生以上)6,000円、小・中学生4,000円、幼児2,000円

※部分参加の場合
8/13-14(1泊2日):大人4,000円、小・中学生3,500円、幼児1,500円
8/14-15(1泊2日):大人3,000円、小・中学生2,000円、幼児1,000円
8/13(日帰り):大人2,800円、小・中学生2,300円、幼児300円
8/14(日帰り): 大人3,000円、小・中学生2,000円、幼児1,000円
8/14(民宿泊加算):上記額に+3000円、8/15(朝食加算):上記額に+500円

6.支払方法
 参加費用は「九州労働金庫熊本県庁支店 普通口座3735909 アオキカツシ」名義に7月23日(金)までにお振り込みください。
指定期日までに代金納入が確認できた方のみを本申込とさせていただきます。

7.キャンセルについて
 本申込~8月6日までのキャンセル料は振込金額の50%を申し受け(材料費購入済のため)、残金は振込手数料を除いて8月11日(水)までに返金します。
8月6日以後のキャンセルは振込金額の全額を申し受けます。


●主な日程
(当日の天候、参加者の状況等で変更もあり得ます。ご了承ください。)

 □8月13日(金)
12:55 五木道の駅集合
13:30 川遊び(雨天時は炭焼き)・鹿の解体や竹食器作り
日本一の清流「川辺川」で川遊び。
鹿を解体して、五木に昔からある本物の地元食材にこだわった郷土料理を小鶴集落の方々の指導でみんなでワイワイ飲みながら料理します!
19:00 夕食のあと、スイカ割り、花火をして盛り上がりましょう!
その後は松明を使ってナイトウォークを行います!

 □8月14日(土)
小鶴集落とタイアップして、小鶴夏祭りを集落の方々と創っていきます。
参加者をグループに分け、次のアクティビティを行います。
○竹林を愉しんで流し素麺体験
孟宗竹を使った本物の竹樋を組み上げ、清流五木小川の湧水で昼食に本格的な流し素麺をします。
○五木小川で山女魚のつかみ取り体験
白滝公園を流れる五木小川を堰き止めて山女魚のつかみ取りをします。
お昼はとった山女魚を炭火で塩焼きして流し素麺と一緒にいただきます。
○小鶴夏祭り会場設営体験
小鶴集落の夏のビッグイベントである夏祭りの会場を集落の方々と一緒になって設営します。

○16:30~ 小鶴夏祭り
小鶴のおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に歌を唄うし、盆踊りを踊って、集落の方々と身も心もコミュニケーション。
 
□8月15日
○後片付け
11:00現地解散

●持参道具(詳細は申し込み後ご案内します)
 タオル・洗面道具・着替え・軍手・濡れてもよい靴・水着・汚れても良い服・ゴミ袋等

●五木村までの交通手段がない方は、スタッフの車への相乗りも可能ですので、申し込み時にご相談ください(人数には限りがあります。交通費は実費折半にてお願いします)

◆「五木村研究会」とは?
 川辺川ダム中止と中山間地域での過疎化に揺れる五木村は、再建に向けて国政・県政を問わず一丸になって取り組んでいます。
 五木村の自然環境のすばらしさ、人々の暖かさを現地に行って体験すれば、きっと五木村と僕らが元気になるヒントを見つけられるのではないか、そんな思いで2009年9月に集まった県庁と民間の有志のグループです。
 コンセプトは、「自分も愉しみ、他人も喜び、みんなが幸せ」です。

お問い合わせ先:青木勝士(熊本県土木部用地対策課)
携帯:090-8353-8637
e-mail:aoki-k-dw■pref.kumamoto.lg.jp
※送信の際は「■」を「@」に換えて下さい。
[PR]
トラックバックURL : https://fromitsuki.exblog.jp/tb/13564949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by from_itsuki | 2010-07-08 03:46 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera