先日、今年第3回目のゆずドレッシング作りを行いました。

b0125397_05404307.gif

使いやすい200mlボトルで120本。
色味もきれいに、ゆずの香りもちょうど良く残り、美味しく仕上がりました。

b0125397_05410795.jpg

2年前から五木村で開催している尾崎先生の加工セミナーの学びを活かそうと、りんご酢を使ったり砂糖の量を調整したり、アレンジを加えながら、五木村や八代の物産館で試験的に販売しています。

いちどに作る量としてはこれまでで最も多かったのですが、回を重ねるごとに作業効率がアップし、それぞれ手の空いた隙に次の作業の段取りをしたり、洗い物を片付けたり。
てきぱきと作業が進みました。

b0125397_05420967.jpg

b0125397_05421122.jpg

原材料は、五木村産無農薬ゆず、りんご酢、本みりん、昆布・鰹だし、玉ねぎ、砂糖、塩、ヤマアの無添加本醸造しょうゆ、生姜、ホワイトペッパー。
保存料不使用、添加物は本みりんに含まれるアルコールのみ。

山のゆず香る和風ドレッシングは、1本580円(税込)。
五木村の道の駅と八代よかとこ物産館、ふれあいセンターいずみ、有限会社クラッチにて取り扱っています。

ゆずの香りの残る、さっぱりした酸味のやや甘めのドレッシングで、豚しゃぶサラダや肉にも合うと思います。
徹底した無農薬無添加とまでは行っていませんが、美味しくなるべく安心して食べられるように、と、3人でせっせと作りましたので、ぜひいろんな方にお試しいただければ幸いです。

[PR]
# by from_itsuki | 2018-05-24 23:40 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

5月13日(日)、霧雨にも負ケズ、五木のふるさと新緑祭りが開催されました。

午前中の細かい雨も、昼には一旦上がり、雲の間から太陽も顔を出してくれました。
道の駅子守唄の里五木の駐車場では、地元の方たちによる飲食ブースが出店。

b0125397_05083430.jpeg


b0125397_05103552.jpeg


グリーンツーリズム研究会の柚子マーマレードや五木産とうもろこしのポップコーン、アイスコーヒー。
五木屋本舗の山うに豆腐と豆腐アイス。
五木村振興公社のうどん。


b0125397_05110043.jpeg


b0125397_05112976.jpeg


茶話菓子会のよもぎ焼きだごと揚げたこ焼き。
シルバー人材センターの山菜おこわと味噌漬け。


b0125397_05114937.jpeg


川辺さんの焼き鳥炭火焼き。
五木村森林組合の炭火焼き豚足。


b0125397_05092896.jpeg


b0125397_05095311.jpeg


五木とうふの五木揚げとなめらか豆腐。
道の駅五木のから揚げやヤマメ塩焼きなどなど…。

b0125397_05090043.jpeg

そして!

わが五木村物産館出荷協議会からも、冷やしぜんざいとみたらし団子、炊き込みご飯、椎茸辛子和えを提供。


b0125397_05121278.jpeg


ふきやサド(イタドリ)塩漬け、小麦粉、乾燥椎茸、乾燥たけのこ、乾燥にんにくチップ、切干大根、黒にんにく地蜂蜜漬け、ニホンミツバチの地蜂蜜、スナップエンドウ、グリーンピースなどの、特産品販売も行いました。


b0125397_05123633.jpeg


b0125397_05125893.jpeg


b0125397_05131486.jpeg


b0125397_05133441.jpeg


b0125397_05161761.jpeg


さらに、特別参加の阿蘇ミルク牧場からも、ソフトクリームやソーセージ、チーズ類の販売があっていました。

b0125397_05135882.jpeg

会場は、付近の子守唄公園やヒストリアテラス五木谷、役場駐車場などもフルに使い、


b0125397_05142746.jpeg


b0125397_05144449.jpeg


b0125397_05150212.jpeg


b0125397_05154486.jpeg


b0125397_05160110.jpeg


出張どうぶつふれあいコーナー、働く車大集合、ヤマメ釣堀、茶煎り釜体験、野鳥の巣箱作り体験などもあり、多くの家族連れでにぎわいました。


b0125397_05152235.jpeg


差し入れは、愛のスコール。

癒されたー。


b0125397_05164633.jpeg


写真は霧雨の状態なのでちょっと暗いですが、1日楽しめるイベントでした♪

来年は朝から晴れますように… 。


[PR]
# by from_itsuki | 2018-05-17 20:57 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

熊本県は、メロンの生産量が全国第3位。
菊池や山鹿、植木など県北や、八代、球磨などでもメロンの出荷がぼちぼち始まっています。


そして…!

この時期だけしか出回らない、間引きメロン「摘果メロン」の浅漬け。

特に料理上手でもない私でもおいしく漬かり、先日実家の親戚寄りに持っていくと、わ~漬けもんげな作るようなったったいね~なんこれ~美味しいやんね~!と株がグッとあがりました。


こちらの
で、紹介させていただきました。

私のリサーチによると…


○七城メロンドーム
出荷がある日とない日がある。
出荷があっても数が少ないため、朝9時の開店時に電話して確保するのがベスト。
出荷がある時には、摘果メロンのビール漬けのレシピも添えられている。
基本的にメロン農家はこの時期多忙で、メロン出荷が主。摘果メロンの出荷量は少ない。

記事にあるメロン一夜漬け・浅漬けは、2名の人が常時出荷されている。


○水辺ぷらざかもと
摘果メロンは割とよく出荷されている。
無農薬とわざわざ書かれたものもある(その他が農薬使用なのかどうかは不明)。
浅漬けはないが、鹿央の加工グループが作った味噌漬けがある。


○鹿央町物産館
この時期は、摘果メロンシーズンはすでに終わっている。
味噌漬けなどの漬け物ならある。


○道の駅すいかの里植木
摘果メロンが時々出荷されている(摘果スイカもある)。
漬け物はない。


○八代よかとこ物産館
摘果メロンは割とよく出荷されている。
漬け物有無は不明。無いかも。

○道の駅子守唄の里五木
少しだが摘果メロンの少量袋が出ている(村外産)。

…という状況です。


その他、フルーツの生産の盛んな道の駅錦、相良の人がよく出荷されているJA相良あたりにもあるのかも???

私はキュウリより好きです。

一年間を通して、この浅漬けをパリポリパリポリ食べたいくらいなのに、今の時季だけなので残念なくらいー。

試したことない方、見かけたらぜひ一度作ってみて下さい。


[PR]
# by from_itsuki | 2018-05-15 21:51 | 五木村周辺情報 | Trackback | Comments(0)

山々の新緑が目にまぶしいこの季節。

恒例の五木のふるさと新緑祭りが、5月13日(日)に開催されます!


b0125397_10334617.jpg


道の駅物産館周辺で開催される春のお祭りで、阿蘇ミルク牧場から出張動物ふれあい体験、大型車両の乗車体験、ヤマメ釣り堀や木工体験なども充実で、小さなお子様や家族連れにもおすすめです(^^)


地元の方たちによる飲食バザーや特産品販売もあり。

会場すぐそばには、窓から山々が見張らせる五木温泉夢唄、歴史文化交流館ヒストリアテラス五木谷、その併設のキナイカフェや木のおもちゃがぎゅっと集まったこどもかんなどがあり、きっと1日中楽しめると思います。


熊本市から五木村に入り会場へ向かう途中には、大通峠公園のカフェどんぐりとツリーハウス、鍾乳洞のある白滝公園もあり、こちらも立ち寄りオススメスポットです。


まだ行ったことがないという方、是非この機会にご家族で遊びにお越しください♪


◼︎五木のふるさと新緑祭り


日時:2018年5月13日(日)

10:00~17:00


場所:道の駅子守唄の里五木、子守唄公園、ヒストリアテラス五木谷および周辺一帯

(熊本県球磨郡五木村甲2672-54 道の駅子守唄の里五木周辺)


阿蘇ミルク牧場からやってくる動物とのふれあい、阿蘇ミルク牧場のおいしいものの提供をはじめ、五木ならではの体験とおいしいものが大集合です。働く車も展示されます。 


◯飲食バザー、特産品販売

◯動物ふれあい体験、動物餌やり体験、ポニー乗馬体験、木工体験(野鳥の巣箱作り)、ヤマメ釣り堀、働く車乗車体験、デコ焼き板プレート作り体験、茶揉み体験 など(体験料各無料〜1000円)


主催:(株)子守唄の里五木


お問合せ:0966-37-2611(五木村観光案内所)


[PR]
# by from_itsuki | 2018-05-02 10:32 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)
五木村には、五木村郷土研究会と言う、地元住民の方々によるすばらしい活動をされている会があります。

数年前に立ち上がった会で、ほぼ毎月、定例会の形で勉強会や報告会を開くとともに、方言部会、地名部会、お堂部会に分かれて、それぞれに地域研究を続けられています。

ちなみに、元村民と言う特権をフルに利用して、僭越ながら私も末席を汚させていただいてます。

さて先日3月31日は、春先の例会として、山野草観察と試食会が行われ、お腹を空かせて参加してきました。

講師は、知る人ぞ知る達人、岡本正さん(正しゃん)。

b0125397_01015462.jpg
勉強中
b0125397_01145676.jpeg
ホトケノザとキランソウとカキドオシ(ホトケノザは食べられません)
b0125397_01015669.jpg
八重桜も食べてみます

高野のけんどから旧道に降り、一部は獣道?昔の里道?に入ったりもしながら、数種類を採取。
あらかじめ採取してくださっていたものと一緒に、天ぷらにしていただきました。

b0125397_01021905.jpg
b0125397_01025947.jpg

ダラノメ(トゲ有りの野生のものと栽培もの)、ツクシ、椿、椎茸、キクイモ、ユキノシタ、シャク、フキノトウ、サド(イタドリ)、カワバクショウ(ハナウド)

b0125397_01030112.jpg

ダラノメ、カキドオシ、ミツバ、ヨモギ、八重桜、キランソウ、スイバ


おにぎりやご飯ものは各自持参。
サイドメニューは、振る舞いのシャクのごま和え、葉わさび、タラノメとノビルの酢味噌添え、おからサラダ、ジャーマンポテト、きんぴら、いちごなど。
去年天ぷらを食べ過ぎてみんな胸焼け気味だったので、今年は天ぷら以外も充実です。

b0125397_01104084.jpeg
シャクのごま和え
b0125397_01110645.jpeg
葉ワサビ
b0125397_01120665.jpeg
ノビルとタラノメの酢味噌添え

参加するのは2回目ですが、今年の参加で知った発見は、

シャクは結構おいしい
キランソウとカキドオシの違い
ダラノメの栽培ものと野生のものの違い(味はほぼ同じ?)
クサギナの料理方法
くねぶ果汁の特性と保存と使い方
シャクに似たムラサキケマンに注意(花が咲く前は似ている。しかもムラサキケマンは有毒)

などなどでした。
いずれも書物ではなかなか知り得ない、貴重な情報でした。
準備に当たられた吉松さんや関係の皆さま、大変お世話になりました。

b0125397_01141055.jpeg
b0125397_01142789.jpeg

なお、五木村郷土研究会方言部会では、五木弁ミニ辞典を取りまとめ中です。
巻末には、五木弁によるムラびとの会話文例と標準語(東京弁)訳も収録予定。

これを手に入れれば、あなたも明日から五木人。
違和感なく地元のお年寄りの茶のみ話に加われます。←個人的悲願

こちらもぜひ完成をお楽しみに。

[PR]
# by from_itsuki | 2018-04-06 22:01 | 五木の四季と自然 | Trackback | Comments(0)

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera