人気ブログランキング |
6月16日は、五木村郷土研究会の6月例会。
今月は、村内でも最も小さな集落の一つと思われる、入鴨地区の堂祭りにお邪魔しました。

b0125397_14322918.jpg

b0125397_14320580.jpg

各集落の堂祭り現在でも、集落の祈りと願いの場、農作業や山仕事の労いの場、集落の絆を深める懇親の場として、多くの地区で続けられています。

入鴨観音堂では6月18日が縁日ですが、休日に合わせて、今年は16日(日)の開催となりました。
そこへ、地区外に住む郷土研究会メンバー10名(私以外は村内の皆さん)がお邪魔させていただきました。
b0125397_14330857.jpg


川辺川の支流、梶原川を少し上り、さらに山手へ入った場所にある入鴨地区。
コバサク(焼き畑)や炭焼きが盛んだった一昔前までは、奥山や山の中腹にも家が点在し、30軒ほどが暮らしたそう。
現在は村道沿いに3軒の家族が暮らす、静かな集落です。

五木村は、広大な山に点在する大小のほぼ集落ごとに、30前後のお堂があります。
1つのお堂の中に、お地蔵さんとお大師さんが同居していたり、複数の仏像を祀るお堂もあります。
また、お堂と別に、集落で阿蘇神社や白木神社など地区の氏神さまを持つ集落もあり、山の神を祀っている集落もあります。

入鴨地区の入口に立つ、入鴨観音堂のご本尊は、11面観音座像。
頭上に複数の仏面を掲げ、おだやかな表情で座したこの仏さまは、五木村で最も古い仏像の1つで、約500年前に彫られたものだそう。
b0125397_14334851.jpg

b0125397_14334913.jpg

b0125397_14332551.jpg

b0125397_14332779.jpg

元はお寺だったと言われ、200年前の五木谷絵図には善能寺(真言宗)として記されています。
お堂の裏には、丸い石を重ねた石塔が並び、歴代住職の墓と伝えられています。
その後の明治一初めの資料では消えているので、廃仏毀釈の際に廃寺になったのではとのこと。
b0125397_14335146.jpg
b0125397_14335321.jpg
b0125397_14375792.jpg

彩色も残る貴重な仏像ですが、地区の方によると、かつてこのご本尊が盗難に遭ったことがあるそう。

警察にも被害届を出していたところ、福岡で発見され、集落のみんなで引き取りに行ったことがあるとのことです。
それ以来、普段はお堂には鍵が掛けられるようにしたそうです。
まったく不心得者がいるものです。

今回参加した郷土研究会会員の中には、入鴨観音堂のことは知っていたが初めて間近で拝顔した、という方もいらっしゃいました。
b0125397_14351481.jpg

b0125397_14351541.jpg

お堂にお線香とお神酒を上げ、お参りした後は、早速懇親会へ。
元はお堂の隣の板間を使っていましたが、現在は別棟の集落の公民館が宴会会場です。

宴の冒頭、集落の長老である豊永さんからの歓迎の挨拶の中で、地区の住民だけでは祭りを受け継いでいくことも難しくなってくる中で、皆さんからもまたお知恵をお借りしたい、との話がありました。
b0125397_14353448.jpg

入鴨の堂祭りは、1月(小正月)、6月、9月、10月の各18日。
以前は、各家で饅頭を作り、お供えした後は各家で分けていたそう。
赤飯や煮しめなどを作って持ち寄り、囲んでいましたが、作るのが負担になる家も出始めたため、話し合って外から鉢盛を取るようになったそうです。

10月27日には、地区の氏神さまの入鴨阿蘇神社の秋祭りがあり、以前は村の本社から神官さんを呼んでいたそうですが、現在は地区住民で掃除をしてお参りするだけ。
鯛などお供えものや神官さんへのお礼などで、各家1万円以上の負担になることもあって、地区だけで祭りを行うことにしたそう。
ただ、一年で最後となる締めくくりの祭りになるため、この日はみんなですき焼きなどをして盛り上がるそうです。

現在のお堂は、周辺地区の方々の寄進によって建て替えられたものですが、すでに50年以上が経過し、床も天井もボロボロに。
床は、地区の若い衆で昨年張り替えたそうですが、天井はたわんで板も割れたまま。
祭りだけでなく、お堂の維持費もまた課題だそうです。
b0125397_14362512.jpg
b0125397_14362830.jpg

b0125397_14362904.jpg

b0125397_14363137.jpg

堂祭りの宴会には、手づくりこんにゃくや五木豆腐、高菜漬けやホルモン味噌炒めなど、各自の持ち寄りも加わって、和やかににぎやかに2時間余り続きました。
缶ビールはいつしか焼酎に変わり、参加会員の話題は、自分たちの地区のお堂について。
代替地への移転の際に、集落のお堂4棟を失った頭地地区からの参加者を中心に、やはりお堂という場はいろんな意味で必要だよね、またお堂を再建したいとの意見も。
b0125397_14370640.jpg

b0125397_14370758.jpg

b0125397_14370843.jpg

b0125397_14373506.jpg

今回の例会は、信仰の場所、民俗や文化財としての価値というだけでなく、お堂や祭りがもたらす集落の絆の意味についても、改めて考えさせられる機会となりました。

次回例会は勉強会となる予定ですが、今後も、村内の貴重な堂祭りへの参加見学、研修は継続予定でまた楽しみです。

入鴨地区の皆さん、この度は大変お世話になりました。
b0125397_14344653.jpg


# by from_itsuki | 2019-06-22 13:49 | 五木の生活文化
鶴屋地下2階の催事コーナーにて、五木とうふ店さんが出張販売されています。

2019年6月5日(水)〜11日(火)の1週間、10:00〜19:00まで。
土日は〜19:30まで。

b0125397_18574884.jpg

今、夏の北海道展があってて大人気みたいですが、北海道展行くなら地下2階にも必ず寄って欲しい!
むしろ北海道展行かなくてもいいから(?)地下2階へ!

九州産・熊本県産大豆、天草にがり、圧搾油など材料にも製法にもこだわった、おいしい豆腐、揚げ、厚揚げ、豆腐プリン、豆乳、豆腐のもろみ漬け、燻製豆腐など…
期間中は、70km離れた五木村から、毎日作りたての新鮮なお豆腐たちが届きます!

ラインナップはこちら
---
五木豆腐 350円
五木豆腐(半丁) 250円
やわか豆腐(半丁) 200円
なめらか豆腐 230円
五木揚げ 300円
五木うす揚げ(5枚入り) 300円
厚揚げ
黒蜜付き豆腐プリン 250円
豆乳 150円
豆腐のもろみ漬け(プレーン)450円
燻とうふ(黒胡椒・プレーン) 330円
…など
---

ずっしり600gはゆうに超える「五木豆腐」は、普通の豆腐の3倍の大豆を使用。
大豆タンパクが筋力の衰えを防いでくれるって、昨日ガッテンでもやってましたね(^^)
大豆も3倍、血管若返り効果も3倍期待できると、前にテレビで取り上げられてました。
b0125397_18584463.jpg

普通の豆腐と同じように使うとおいしいですが、五木豆腐は水分が少ないので、豆腐チャンプルー、白和え、煮しめ、肉豆腐、田楽などにも使いやすいです。
あと、自家製豆腐の味噌漬けにも向いてます!

固豆腐が苦手な方には、やわらかい豆腐もあります。
一度食べたら、スーパーの安売り豆腐がなんだか水っぽく感じられるかもです。
b0125397_18593872.jpg

新商品の豆腐プリンは、要するに豆腐なんですが、蒸してあるので食感がなめらか。
卵が苦手なお子さんにもおすすめだそうです。
b0125397_19000845.jpg
うす揚げは冷凍ストックも可能。
揚げは納豆を挟んでトースターで焼いてもおいしいらしい。
b0125397_18591826.jpg

五木とうふ店


どれも丁寧に実直に作られたいい商品でおすすめなんですが、敢えて私のおすすめを言うならば…

燻豆腐の黒胡椒味!
→お酒のアテに最高。手がかかってる!

豆腐のもろみ漬け!
→普通の味噌漬けの上を行くおいしさ!ご飯が進む!!

豆乳!
→トロリとしてて濃い!飲む豆腐!!

…敢えて看板商品の豆腐と揚げを外しましたが、それは言わずもがな、ということで。

詳しくは、ハッピの似合う店頭の淳井元 くんにお尋ねください。
さわやか過ぎる笑顔で、親切に教えてくれます。
ま、眩しい…


# by from_itsuki | 2019-06-06 18:54 | 五木の特産品
昨日の五木村郷土研究会例会は、会員や見学者含め14人(+1歳児)が参加して開催されました。
今回のテーマは、野草観察と試食会でした。

b0125397_21225417.jpg
会場の高野地区は、30年以上前に造成された代替地になるのですが、この間の時間の経過と地域の方々の手入れもあり、今では季節ごとの花々に彩られる緑のエリアに。

b0125397_21232649.jpg
今回の講師は、高野地区在住で県森林インストラクターの岡本正さん(しかも村議。地域貢献型の!)。
b0125397_21235326.jpg


県道から旧道に下る100-200mほどの坂道の間を一緒に歩いて、30種ほどの植物を採集し、分類して名前を確認してから、各自好きなものを選んで揚げて食べる天ぷらビュッフェのスタート。

おにぎり、たけのこの卵とじ、かぼちゃの煮物、例の野の花クッキー、よもぎどら焼き(瀬目公園のカフェどんぐりより)、さらに、中山さんが釣ってきた川辺川産ヤマメ(推定23-25cm)も加わり、豪華で満腹なランチタイムとなりました。
b0125397_21241247.jpg

地元でよく食べているおなじみのもの、これも食べらるっとな!というもの、天ぷらで食べたらこら意外にうまか!と驚きのものなど…
b0125397_21242768.jpg

b0125397_21242955.jpg

何でも揚げたて天ぷらにしたらおいしいという話もありますが、さっぱり香るウド系、ヨモギ餅味のヨモギ、さくら餅味の桜の葉、苦味の残るヒキオコシ、安定の美味しさのダラノメ、さわやかな後味のミント、かすかに甘みのある椿や藤の花、香りの良いミョウガの芽、めずらしいニワトコやヤブガラシやイワタバコ、と、一同で感想を述べつつそれぞれの味の違いを楽しみました。
b0125397_21250831.jpg

人口1000人以下、高齢化率50%近い五木村で、地元の歴史や文化や自然を学ぶ任意の会があることも貴重ですが、そこに30代から80代まで、20名ほどの方が参加されていることもまた尊く、村の方の文化度や郷土への思い入れの強さを感じます。


基本的に地元の方向けの会なので、あまり活動が広く知られることが少ないのですが、最近ではドローンを飛ばして川辺川を上空から撮影し、ほとんど失われつつある瀬や淵の名前を確認、記録するなど…
https://m.youtube.com/watch?v=P6MsyYaupV4
最新機器を導入した取り組みも始まっています。

ぜひ一緒に応援をしていきたいものですね。
b0125397_21252896.jpg

昨日採集して食べた山菜、薬草、植物は以下の通り。

---
ドーゼン(山ウド)
カーバクショウ(ハナウド)
ミョウガの芽
ヤブガラシの新芽
クズの新芽
カキドオシ
ヒキオコシ
ヤブガラシ
やぶむぐら
ミツバ
ダラノメ
スィカンボ
イワタバコ
ユキノシタ
のびる
アカメガシワ
ドクダミ
シャク
カラスノエンドウ
アザミ
サド(イタドリ)
ヨモギ
ミント
桑の葉
桜の葉
ニワトコの葉
柿の葉
藤の花
椿の花
ツツジの花

+原木しいたけ、ヤマメ

b0125397_21265270.jpg
ダラノメ(ノゲ無しの栽培種)
b0125397_21265431.jpg
ミント(畑より)
b0125397_21260068.jpg
桑の葉
b0125397_21260285.jpg
ヤブガラシ
b0125397_21260471.jpg
サド(イタドリ)
b0125397_21260650.jpg
ヒキオコシ

# by from_itsuki | 2019-04-28 21:22 | 五木の四季と自然

先日、くねぶを紙面にて紹介させていただきました。

くねぶは、甘味と酸味のバランスの良い果汁が特徴。
香りはやや弱いですが、酸味が丸いので、果汁はそのまま酢の物やなます、白菜づけにかけたり、鍋にお湯割りにと便利です。


マーマレードを作ると、ややビターな味わい。
ただ甘いだけでなく、深みのある大人向けマーマレードになります。

今なら五木村の物産館店頭に大量にありますので、ぜひご購入を^^
くねぶ関連商品も豊富です。



■復活した幻のミカン
熊本・五木村のくねぶ
(西日本新聞 2018年11月24日掲載)

https://www.nishinippon.co.jp/feature/its_best_season/article/468071/?fbclid=IwAR2Pza6dOdGuG_6XlBp0q6Ed74eVMQ9uEEJqo3yggiOmNZUiZ_k5wxV6D-A

b0125397_21220566.jpg


# by from_itsuki | 2018-12-02 09:19 | 新聞・メディア報道
五木村で11/2-3、いつきつなぎさんが主催した、納屋解体イベントを覗かせてもらいました。

b0125397_16464325.jpg

数年間空き家になっていた家の活用法の検討や空き家バンク、移住定住、古材流通などの流れの中で企画されたと言う今回のイベント。
県内や遠方から学生さんを含む9名の方、五木村林研クラブ8名、その他関係者や見学者、マスコミさんなどたくさんの方が参加されてにぎわいました。
b0125397_16474417.jpg

皆さんヘルメットとマスクを着用して、次々と納屋から木材を運び出し、釘や金具を外したり、使えるもの、廃材にしかならないものとを分別したり。
b0125397_16472778.jpg
いつきつなぎの中心メンバーは、地域おこし協力隊1年目の小濱くん、土屋さん。
小濱くんは熊本県立大学の院生で、学生の頃から五木村の取り組みに関わられていました。
土屋さんは五木村出身で、地域待望、期待のUターン者です。
b0125397_16480503.jpg

お茶タイムには、平瀬地区の地域づくりグループおとなし会さんによる、五木茶と手作りお茶請けサービスも。

b0125397_16470032.jpg

生姜やウリやゆず皮や人参やヤーコンの味噌漬け、ミョウガやニガウリやゴボウの甘酢漬け、ゆべし、ゆず甘露煮、芋天などに、地元林研クラブの皆さんは「うまかないー」、女子大学生たちは「わーこれどうやって作るんですかーめちゃおいしいー」と、身もココロも癒されていました。
b0125397_16471086.jpg

夜は楽しい懇親会、民泊を楽しんで、本日午前中で作業を終わられたようです。
企画に関わられた皆さん、貴重な機会を作って下さり、どうもありがとうございました。
また今後の展開を楽しみにしています(^^

# by from_itsuki | 2018-11-04 21:46 | 観光情報・お知らせ
五木村宮園で、小型コンバインとブルーシートに広げられた籾に遭遇。
知り合いのその農家さんが、うちで食べるしこのモチ(米)たいと言われたので、ふーん、でもえらい少ないなと思ったら…

ニオイモチだった!
糯種の香り米!

五木村でニオイモチと言われる香り米を作られているのは、現在わずか2-3軒。
ニオイモチは白米に混ぜて炊くと香りがいいから宮園あたりでも好まれる人が多いのですが、おいしいけど、丈が高くなるから倒れやすいし収量も少ない、と聞いてました。
b0125397_14434885.jpg

初めて籾と稲を見ました。
粒は普通のうるち米より小さく、株は丈が150cmくらいになります。
1本の苗から30本くらいに分蘖(ぶんけつ=株が分かれる)するらしい。驚異!
粒が小さいから軽く、収穫前でも稲穂はあまり頭を垂れないらしい。

b0125397_14440976.jpg


在来かどうかは分からんけど、昔から作ってきたものだそう。
モチではなくウルチの香り米もあるけど、五木の香り米はモチです。

ちなみに、香り米と、タイなどでよく見るジャスミン米(ホムマリ)は同じだと先日米の研究者さんから聞きました。

帰り際、隅っこに置いてあった籾の山を、こちらは?と聞くと、コンバインに挟まってたのを掃除して出てきたものらしい。
種籾には良かろうばってん、石も混ざっとるしコンバインの中で擦れて白米になっとるのもあるしこれは捨てる、とのことだったので、頼んで譲ってもらいました。
全部持っていきないーと、ほぼ全部下さいました。ご親切に感謝。

さてどうしようかな。

実家でミニ水田、熊本の自宅の周りでバケツ稲、ペットボトル稲、農家に里子に出して収穫物を分けてもらう、あるいは一升瓶に入れて上から棒で突いて精米して食べる…
いろいろ妄想が膨らみます。ムフー

# by from_itsuki | 2018-11-04 14:42 | 五木の四季と自然
先日、今年第3回目のゆずドレッシング作りを行いました。

b0125397_05404307.gif

使いやすい200mlボトルで120本。
色味もきれいに、ゆずの香りもちょうど良く残り、美味しく仕上がりました。

b0125397_05410795.jpg

2年前から五木村で開催している尾崎先生の加工セミナーの学びを活かそうと、りんご酢を使ったり砂糖の量を調整したり、アレンジを加えながら、五木村や八代の物産館で試験的に販売しています。

いちどに作る量としてはこれまでで最も多かったのですが、回を重ねるごとに作業効率がアップし、それぞれ手の空いた隙に次の作業の段取りをしたり、洗い物を片付けたり。
てきぱきと作業が進みました。

b0125397_05420967.jpg

b0125397_05421122.jpg

原材料は、五木村産無農薬ゆず、りんご酢、本みりん、昆布・鰹だし、玉ねぎ、砂糖、塩、ヤマアの無添加本醸造しょうゆ、生姜、ホワイトペッパー。
保存料不使用、添加物は本みりんに含まれるアルコールのみ。

山のゆず香る和風ドレッシングは、1本580円(税込)。
五木村の道の駅と八代よかとこ物産館、ふれあいセンターいずみ、有限会社クラッチにて取り扱っています。

ゆずの香りの残る、さっぱりした酸味のやや甘めのドレッシングで、豚しゃぶサラダや肉にも合うと思います。
徹底した無農薬無添加とまでは行っていませんが、美味しくなるべく安心して食べられるように、と、3人でせっせと作りましたので、ぜひいろんな方にお試しいただければ幸いです。

# by from_itsuki | 2018-05-24 23:40 | 五木の特産品

5月13日(日)、霧雨にも負ケズ、五木のふるさと新緑祭りが開催されました。

午前中の細かい雨も、昼には一旦上がり、雲の間から太陽も顔を出してくれました。
道の駅子守唄の里五木の駐車場では、地元の方たちによる飲食ブースが出店。

b0125397_05083430.jpeg


b0125397_05103552.jpeg


グリーンツーリズム研究会の柚子マーマレードや五木産とうもろこしのポップコーン、アイスコーヒー。
五木屋本舗の山うに豆腐と豆腐アイス。
五木村振興公社のうどん。


b0125397_05110043.jpeg


b0125397_05112976.jpeg


茶話菓子会のよもぎ焼きだごと揚げたこ焼き。
シルバー人材センターの山菜おこわと味噌漬け。


b0125397_05114937.jpeg


川辺さんの焼き鳥炭火焼き。
五木村森林組合の炭火焼き豚足。


b0125397_05092896.jpeg


b0125397_05095311.jpeg


五木とうふの五木揚げとなめらか豆腐。
道の駅五木のから揚げやヤマメ塩焼きなどなど…。

b0125397_05090043.jpeg

そして!

わが五木村物産館出荷協議会からも、冷やしぜんざいとみたらし団子、炊き込みご飯、椎茸辛子和えを提供。


b0125397_05121278.jpeg


ふきやサド(イタドリ)塩漬け、小麦粉、乾燥椎茸、乾燥たけのこ、乾燥にんにくチップ、切干大根、黒にんにく地蜂蜜漬け、ニホンミツバチの地蜂蜜、スナップエンドウ、グリーンピースなどの、特産品販売も行いました。


b0125397_05123633.jpeg


b0125397_05125893.jpeg


b0125397_05131486.jpeg


b0125397_05133441.jpeg


b0125397_05161761.jpeg


さらに、特別参加の阿蘇ミルク牧場からも、ソフトクリームやソーセージ、チーズ類の販売があっていました。

b0125397_05135882.jpeg

会場は、付近の子守唄公園やヒストリアテラス五木谷、役場駐車場などもフルに使い、


b0125397_05142746.jpeg


b0125397_05144449.jpeg


b0125397_05150212.jpeg


b0125397_05154486.jpeg


b0125397_05160110.jpeg


出張どうぶつふれあいコーナー、働く車大集合、ヤマメ釣堀、茶煎り釜体験、野鳥の巣箱作り体験などもあり、多くの家族連れでにぎわいました。


b0125397_05152235.jpeg


差し入れは、愛のスコール。

癒されたー。


b0125397_05164633.jpeg


写真は霧雨の状態なのでちょっと暗いですが、1日楽しめるイベントでした♪

来年は朝から晴れますように… 。


# by from_itsuki | 2018-05-17 20:57 | 観光情報・お知らせ

熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera