鶴子さんちの文化遺産的な台所まわり。

昨日、届け物をしに宮園の鶴子さんちに寄ってみました。

五木村でも珍しい、ほぼ専業で自給自足的農業をされて来た世帯で、根っからの働き者の鶴子さんには田畑がぬかるんだ雨の日も家の周りの仕事があり、この日は軒下でそばの選別と石拾いをされていました。

その合間に、箱ワナで獲れたシシ肉をクドで炊いて、切り分けた肉は冷凍する前に少し干して、椎茸のついでに乾燥機で炙った干し柿の様子を見て、次々に太る大根は次々に切り干しにして…。

b0125397_4133626.jpg

b0125397_4133683.jpg

b0125397_4133667.jpg

一緒に行ったピーウは、鶴子さんちのトラディショナルな台所に超感動。
ここの台所は文化財的価値があると私も思います。

もはや金銭的価値を付けがたいほどの、シシ肉の骨つき肉、生シシ肉、干し柿、立派な大根をお土産にいただき、帰途につきました。
感謝m(_ _)m

b0125397_4133732.jpg

b0125397_4133763.jpg

[PR]

# by from_itsuki | 2017-01-10 21:25 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

五木村の在来赤大根を守り継ぐ。

先日の祭りでの出荷協議会テントにて。
犬童さんの赤大根、白大根、紫大根が並んでます。

b0125397_00450071.jpg

赤大根は種の中に、外側の皮の色や、中の色や、放射線状に筋が入るかどうかや、形や、長さや、葉の色などの情報が入っているよう。
市販の赤大根(紫大根も)の種でも、蒔いたらたまに真っ白の大根ができることがあるし、赤大根と普通の大根とを一緒に植えると、もちろん簡単に交雑する。

五木村の出ル羽(いずるは)産に代表される在来赤大根は、色は、写真右側のような濃い赤。
ただし形はもっと短く小ぶりで、しかも固いらしい。

色は在来のような鮮やかな赤が良いが、食感は普通の白大根のような柔らかくて、太いのが良い。
しかも甘酢漬けにした時に色が良く染まるように、芯まで放射線状に赤が入ってるのが良い。

b0125397_00454280.jpg

その思いから、犬童さんは、在来の良い特性を残した交配をかれこれ数十年続けられています。

b0125397_00460402.jpg

芯に赤がまったく入っていなければ、葉にも緑が強く出て、逆に芯に赤が入っていると、必ず葉も赤くなる。
なので、大根葉を間引く段階で、一次選抜が行われる。

根が入る時期になると、掘ってみて根の先端を少し切ってみると、芯に赤が入っているかどうかが分かる。
赤が入っていて良く育っているものの何本かは、また埋め戻し、種を取るために冬越えをさせる。

在来品種を守り継承していくだけでなく、こんなふうに交配して特性を継承していくのも大事なこと。

五木村の山奥で犬童さんが続けられてきた、メンデルのような気の遠くなる取り組みに、本当に頭が下がります。

b0125397_00462250.jpg

[PR]

# by from_itsuki | 2016-11-23 00:43 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(2)

第2回五木村農林産加工セミナー、終了

今日は、五木村で農林産加工セミナーの第2回講座の日。

8月の第1回講座に続いて、講師は(有)職彩工房たくみ代表で加工専門アドバイザーの尾崎正利先生です。

b0125397_23532028.jpg


第2回講座のテーマは、1次加工と2次加工により、旬の素材をいかに無駄なく、通年で利用できる形にするか。

実際の加工体験を通じて、加工に必要な技術や知識を学ぶことを目的に、旬に入ったばかりの五木村産のゆずを使い、実習形式で勉強しました。

b0125397_23532141.jpg


午前中に柚子の下処理を行い、午後からは冒頭の座学に続いて、保健福祉センターの加工室を借りて、万能ゆずピューレ、ゆず入り餡とゆず入り皮の饅頭、ゆずドレッシング作りを行いました。

b0125397_23532112.jpg


ママレードとピューレの違い、ピューレの活かし方、真空包装の特長、瓶の煮沸と瓶詰のコツ、ドレッシング作りの工程など、今回もまた学ぶポイント満載!
ほんのりゆずの香りに包まれる中、3時間の講座を無事終えることができました。

b0125397_23532162.jpg


五木村内にある柚子の7割ぐらいは、特に何かに活かされないまま、ただ野生動物のエサになるか傷んで朽ちているだけではないかと思います。
シーズン初めに柚子をテーマに取り上げたので、参加されたそれぞれ方にとっても、今期のゆずでそれぞれ試作、おさらいできそうです。

b0125397_23532248.jpg


本日も30人参加の盛況でした。
講師の尾崎先生には大人数を長丁場指導いただくセミナーとなり、大変お世話になりました。

次回第3回は、1月末あたりに開催予定。
どんな食材で、どんなテーマを学べるのかな〜。
今から楽しみです!

引き続き、どうぞよろしくお願い致します^^
[PR]

# by from_itsuki | 2016-11-16 23:59 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

リヤカーで豆腐販売。

子守唄祭りでも発見。
五木豆腐の移動販売さん。
しかもイケメン(既婚)。

b0125397_23562339.jpg


最近は、これまでの頭地地区不定期リヤカー移動販売に加えて、移動販売車導入により、宮園地区にも出没中らしい。
だよね、リヤカーなら歩いて2時間以上かかるもんね…。

b0125397_23562320.jpg


五木豆腐を食べつけると、スーパーの豆腐は水っぽくていけねーや!になります。

大豆が3倍!グリシニン3倍!!
血管若返り効果3倍!!!

見かけたらぜひ食べてみて下さい。
めっちゃ大豆大豆してますから!

ちなみに今日は、熊本県庁地下で道の駅五木が五木豆腐も販売してます。
建軍商店街のお茶の月香園でも扱ってます。
http://www.itukitofu.com/

※豆腐に含まれるグリシニンは、悪玉コレステロール値や中性脂肪を下げ、これにより動脈硬化を防ぐことができるそう。
五木豆腐1丁には、一般的な豆腐の3倍の大豆が使われています。
[PR]

# by from_itsuki | 2016-11-16 23:56 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

10/30,11/5人吉発着★紅葉の五木・五家荘バスモニターツアー参加者募集

■■□―――――――――――――――――――□■■

秘境の地五木・五家荘
紅葉と田舎料理を堪能する絶景旅行
モニターツアー

10/30(日)・11/10(木)

■■□―――――――――――――――――――□■■

b0125397_17574447.jpg


まもなく、五木・五家荘は紅葉のベストシーズン!
これまでありそうでなかった、人吉発着の日帰りバスツアーが
五木・五家荘の各スポット巡りと、山の幸たっぷりの
田舎料理ランチ付きで実現しました!

復興割利用とモニター事業のため、
今回限りの低価格となっています。

お申込みはお早めに^^

この機会にぜひ、秋の五木・五家荘をご堪能下さい♪

ご参加をお待ちしております!


■日程 
2016年10月30日(日)、11月10日(木)


■集合場所
7:45 人吉温泉物産館(人吉青井阿蘇神社隣り)


■参加料金
4,000円(税込) ※参加当日支払い
(昼食代・貸切バス代・保険代含む)
※通常価格8,000円相当のツアー内容を、熊本震災復興割とモニター事業により低価格となっています。


■定員 各日とも 22名(先着順) 
※最少催行人数15名


■行程 
8:00人吉温泉物産館出発~五木物産館~樹齢500年の宮園大銀杏~緒方家見学~資料館平家の里見学~【昼食】(10/30山女魚荘 又は11/5樅木山荘で、滋味たっぷりの山の幸のランチをお楽しみ下さい)~道の駅子守唄の里五木・子守唄公園など、お買い物~17:00頃人吉温泉物産館到着・解散
※途中道路状況で時間・行程が変更となる場合があります。


■おすすめポイント♪
♪子守唄の里五木村と、九州最後の秘境と呼ばれる五家荘をゆっくり1日かけて回るコースです。
♪これまでなかった、人吉発着の日帰りバスツアー
♪10月末~11月上旬は、紅葉のベストシーズン!
♪昼食には、ヤマメや山菜など山の幸たっぷりのランチをご提供
♪地元ガイド同行。各スポットの案内や、地元の方との交流も楽しめます。
♪地元から、旬のちょっぴりお土産付き


■参加申込方法・申込先
参加希望日、氏名、住所、連絡先を下記までお知らせ下さい。


【申込先】
道の駅子守唄の里五木(担当:肱岡(ひじおか))
TEL:0966-37-2301 FAX:0966-37-2302 


■主催 五木・五家荘GOGOプロジェクト観光振興部会

<手配企画 株式会社くま川鉄道>



[PR]

# by from_itsuki | 2016-10-21 17:58 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)