(日記)私は建設省との話合い・・・


b0125397_16403648.jpg


私は建設省との話合い(交渉)の中でも先代からの位牌を前に話合いをすることにしている。

自分が築いた遺産であればいざしらず、私の家の遺産は先代が残してくれたものばかりである。私一代の中にも、山の仕事にしても、又畑の仕事にしても今思い出しても、色々な思い出が尽きない。先代が苦労して残した遺産にわ先代の思いでが、いっぱい詰まっていることだらう。小さな遺産で有るがゆえに、大切にしたいと思っている。

私の妹が七つ、か八つの頃だったろうか。

祖母が田の見回りに行くと言うので付いて行った時のことだ。
所が田の石垣が崩れて田の中の土が流れ出していたそうだ。
祖母はそれを見て、土が惜しいといつて、田ンボの中に横になり、畦のかわりになつて、周りの土をかき集めながら、妹に家に帰つて母に言うて板を持つて来る様にいつたそうである。

妹は家に帰り母に話し田んぼに板を引きずって行った時にもまだ田に横になつていてあぜを作る土を寄せていたと言う。

今私が話したことについてどう思われるだらうか。
これを滑稽だと言う人がいたらいいたい。
たとえば野球をしている人が玉を打ちベースを踏む時に滑つて泥まみれになることも滑稽だと、言えるのだらうか。どちらも一生懸命であることにわ、かわりわないと思う。
先代の人達の生活の為の土に対する思いと言うものは想像いじょうなものが有ったこととおもう。

私たちも又食料難のころわ畑を作るために開墾をしてよく石ころを拾わされたものである。
昭和十八年頃から田んぼを作る話がもちあがり水道を作り米のご飯が食えるようになつたのはそれから七、八年も後のことであらう。
それまでは麦と粟の生活であつたことを、忘れはしない。

その間、田んぼを作る為に朝は夜の明けるのを待つて川かわ石垣石をからい上げて朝飯をすまして、山に、こば作の仕事、山の仕事がすめば馬の草を切つて帰らねばならず、又帰つて早い時には川に石を上げに行く。暇をみてわ田んぼになる所の土越し、竹網を作つてである。先代人たちは皆がそのような生活だつた。

今は、このことを知る人も少なくなつた。もうこんな時代はきてほしくない。その為にわお互いが、将来の展望を見極めてゆく覚悟がなければ、村は良くはならないし発展もしないだらう。

子供は子供たい、子供はよかごとするだろう、では子供の将来はどうなるだらうか。
先祖伝来の農地は売り払い、子供はよかごとするだろう、ではあまりに親として無責任すぎるとおもうし、子供は親は養わんと言うたとしても当然のことだらう。

今わ土というものの有難さが、忘れかけられているように思われる。金さえあれば、なんでも、手に入る時代になったからだらうか。

金さえ有ればという考えで計算機を叩いて農業をわすれた百姓にも責任わある。
だが日雇いの仕事も無くなり 農地も無い、出稼ぎの仕事も無いとすれば、自給自足の道しかない。それにはこばさくしかない。
しかしここに問題はある。それは猪、鹿、猿、などである。人間である私達でも、その者に対処する手段はなかなかむずかしい。


(写真は2004年11月)
[PR]

# by from_itsuki | 2008-03-23 16:41 | Trackback | Comments(0)

(日記)農業新聞に生命の源は・・・

b0125397_166305.jpg




農業新聞に生命の源は土だと書かれていた。

農家にとつて『土』は、生産活動の基本。だが現代の私たちの暮らしはどんどん土と疎遠なものになりつつある

一日中土の上を歩かない、地べたの顔を見ない生活が当たり前になつてきた、それゆえ人は土とか泥を不潔で厄介なもの、というくらいにしか考えていない趣きがある。

考えてみると、人間が生きていく上で必要な衣食を生み出してくれるものは土である。

でわ、土とわ何かというとそれは人間(植物)の死骸であるということを

しかし土は人間や動物の死骸ばかりではない。ありとあらゆる植物や鉱物の朽ちたもの、これらが 堆積してできている。そして土の中には植物、鉱物、動物の死骸を土に変えてくれるありとあらゆる微生物が生息している。その微生物の死骸がまた土に還る。

人間わ、ありとあらゆる生物の何億年のいとなみの中で生かされているのである。

そのことを私たち現代人は忘れかけている。それどころか、どこもかしこもコンクリートで塗り固め、土や砂を封じ込めることに躍起になり、それが文明の進歩だと思い込んでいるフシがある。

いつかわ私たちも死ぬ、ひと握りの土となるのであるが

先祖代々受け継がれてきた農地もダム建設とゆう言葉の中に、取り上げられようとしている
我々の農地にわ先祖のアセと魂が宿ているのだ

土を愛せない人には怨念があり呪いがくる とおもわねばなるまい


(写真は2004年撮影)

---------------------------

(ブログ管理者注) 
茂さんが今から20年前から書いていた日記より、本人の許可を得て抜粋したものです。
[PR]

# by from_itsuki | 2008-03-23 16:03 | Trackback | Comments(2)

彼岸のなかび。


知人と立ち寄った際のこと。

台所をのぞくと、チユキさんが大きな白いおにぎりをいくつも作っていた。

今日はなんごとですか?と尋ねると、
せっせと手元を動かしながら「彼岸の中日(なかび)じゃっでなぁ」とのこと。

b0125397_15161757.jpg



おにぎりかと思ったのは、もち米でできたおはぎの「アン」だった。

それにしてもたくさん。
手のひらにこし餡を薄く広げて、もち米を置き、さらに薄く丁寧に広げていく。

「うちにばっかい、彼岸の来っとじゃなかで」

どこどこに6つ、どこどこにまた6つ、うちんとはこの4つ・・・と、それぞれに行き先が決まっているおはぎたち。
代替地に上がったけれど、地元の親類へ今年もまたいつものように届けられる。

コンニャクや豆腐、アクマキも同じ。
ラッキョウや金柑などでも同じ。
お礼にと、鮎やシシ肉、いただきものの昆布などをまたいただく。

何かをあげる。何かをもらう。
何かをする。何かをしてもらう。


皆が畑に出ていた頃は、タンナカやサイエン、コバ地での農作業でも同じだったそうで、「テマガリ」(手間借り)と「テマガエシ」(手間返し)は、一年中互いに繰り返されていた。

どちらから始まったか分からない、永遠に続くキャッチボールのようなものだったかもしれない。
[PR]

# by from_itsuki | 2008-03-23 15:33 | 五木の四季と自然 | Trackback | Comments(0)

サクランボ植え替え


畑の隅に大きな梅ノ木があって、毎年白い花を付ける。
2月24日、今年も青空によく映える、満開の梅の花が見れた。

b0125397_23124964.jpg



先月、植木で有名な土地に行ったので、茂さんにお土産にと植木を買って送ることにした。

茂さんはとにかくいろいろ育ててみるのが好きで、私がロシアで買った種から、ロシア生まれの二十日大根を育てたこともある。
五家荘の人に分けてもらったエゴマも、早速育てて種を収穫されていた。

悩んだ末、やはり果樹が良いだろうと思って、ヤマモモとサクランボの苗木を選んで送った。
茂さんはとても喜んでくれたらしく、最近ではあまり手紙を書かないと言っていたのに、わざわざお礼のハガキまで届けてくれた。


さて、そのサクランボ。
植木屋さんのアドバイスでは、2株隣り合わせて植えると実を付けやすいらしい。
電話で伝えたつもりがうまく伝えきれてなくて、茂さんは2株をバラバラに植えてしまっていた。

そこで先日、サクランボの苗木の植え替えをすることになった。
畑の入口をスコップで掘り、土を付けたまま穴に植えて、周りから土をかぶせる。

「太(ふと)う育てよー」

最後にギュッと足で踏み固めて、終了。

b0125397_2313878.jpg


うまく行けば、今年から収穫できるかもしれない。

先のことを考えながら今を生きるのは、楽しいもの。
[PR]

# by from_itsuki | 2008-03-19 23:31 | 五木の四季と自然 | Trackback | Comments(0)

なぞの渡辺家


この地域では、焼き畑のことを「コバサク」と言う。

木が生えている場所を「コバ」(木場)というのに由来するらしい。
畑になるような開けた土地の少ない五木では、コバサクこそが重要な生産の場であり、食料調達のフィールドだった。

茂さんが元々住んでいた田口地区(今は一軒だけになって、他の家は村外や裏手の代替住宅地へ移転してしまったが)は、例外的に「ダンナ」家がない。

しかしその他の集落には、大抵「ダンナ」と呼ばれる地主の古い家がある。
コバサクは、山林地主であるダンナの山を借りて作るものだった。

中世の記録に、五木には33人の地頭(=ダンナ)がいたという話は、割と知られている。
いつか正式に調べてみたいと思いつつかなっていないが、そのうちの数軒は家がつぶれたり、村の外に出て行ってしまっていると聞いた。


このダンナ家や、五木村の庄屋だったとされる「渡辺家」の成立や盛衰は、山村文化や共同体の変遷をたどる上で非常に興味深い。


田口にダンナ家がなかったのは、庄屋だった「渡辺家」が「ツブレ」て「東京」へ出て行く時、持っていた山を地区の数戸の家や、地区へと寄贈したからだと言われている。

それがいつの頃のことなのか、私はまだ確認できていないが、「東京と言うからには明治になってからだろう」と茂さん。
ちなみに、役場の土地台帳(明治22年前後)をざっと調べてみたが、渡辺という姓を見つけることはできなかった。

田口にはダンナ家がないため、土地や山は、古くからの10軒(元は11軒だったが、かなり早い時期にうち1軒は財産を処分して村を去った)の農家による「10人持ち」「5人持ち」「3人持ち」などの共同所有になっていた。
茂さんの家もその一軒で、共同の山が多くあり、個人持ちの山はわずかなのだと言う。


渡辺家の最後の当主は、豪奢な生活を相良藩の殿様に咎められ、河原で切腹
させられたという話が残っているほか、「渡辺家の墓」と呼ばれる墓があり「渡辺星」と呼ばれる家紋が刻まれていたのを私も確認したことがある。

(残念ながら、移転や補償の混乱の中、元下手(しもて)地区にあった渡辺家の墓がどこにあるのかは未確認である)

その家紋は、現在では溝ノ口のダンナである木野家の家紋となっている。
溝ノ口のダンナは、渡辺家がツブレたあと、実質的な庄屋として存在したのだろうか。


地元には「渡辺家」と親戚にあたる家もあるらしい。
一度確認してみたいものである。
[PR]

# by from_itsuki | 2008-03-19 03:42 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(1)