出荷協議会、総会開催。

去る5月30日、五木村物産館出荷協議会の

b0125397_1457419.jpg

[PR]

by from_itsuki | 2014-05-31 18:57 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

五木のチマキ。

5月の行事と言えば、
端午の節句、茶摘み、新緑祭り、田植え。

端午の節句には、五木ではチマキやアクマキが作られます。

b0125397_23104974.jpg


子どもがいる家でもいない家でも同じ。
たくさん作って近所や親類、友達に配ったり。

職場にはキクエさんからアクマキをいただきました。
私もチツ子さんから昔ながらのチマキをいただきました。

b0125397_23104911.jpg


こちらがチマキ。
外は小麦粉。
紫色はタカキビ(100%)。
中はうるち米粉(もち米粉??)。

巻いてから竹の皮で包んでしばりゆでたものを、
スライスして、きな粉や砂糖、味噌、蜂蜜などで食べます。
冷めると固くなりますが、
炭であぶったり電子レンジで温めると、香ばしくおいしくなります。

これに対しアクマキは、
アクに浸したもち米を竹の皮で包み、蒸したもの。
きな粉や砂糖で食べますが、こちらは冷めても固くなりません。

甘いものにはお茶請けが良いですね。
チツ子さんの粕漬けです。

b0125397_23104951.jpg


瓜は「フッテ」。
フッテとは、“蒔いた覚えはないけど、勝手に種がこぼれて芽が出て
育ったもの”のこと。

大雨の時にどこからか流れてきたのか、
植えたことのない瓜が畑から出てきていたので、
そのままにして実った瓜の実を漬け物にしたたら、
思ったよりもおいしかったそう。

チツ子さんの漬け物、サイコーです!
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-27 23:10 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

自家製山うに豆腐。

五木村と言えば、豆腐の味噌漬け。

豆腐の味噌漬け(冷蔵ソフトタイプ)の代名詞ともなった山うに豆腐ですが、
先日、自家製の「山うに豆腐」的やわらか熟成・豆腐の味噌漬けを
ごちそうになりました。

b0125397_230358.jpg


五木の固豆腐の残りを、ザルで水切りをして
味噌を周りにまぶして、冷蔵庫で一年近く寝かせると、
こんなふうになります。

どこまで豆腐でどこから味噌なのか、
どこまで味噌でどこから豆腐なのか分からないほど、
渾然一体、深い味わいです。

アツアツご飯に乗せてたべると、
本当に最高!!!
山の珍味です。

いつか自家製の豆腐の味噌漬けを作れるようになりたいです・・・。
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-27 23:00 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

ODAで軍事支援!?


福岡にいた頃、環境、開発援助に関わるNGOに
関わっていました。

今でもいくらかのNGOには関わっていますが、
当時一緒に関わった同年代の仲間や人生の諸先輩方からは、
市民社会とは何か、社会に関わる上での自分の視座など
多くを学ばせてもらい、
今の自分につながる姿勢を与えられたと思います。


1999年頃から特に関わっていたのが、
ODA(政府開発援助)の円借款や多重債務をめぐる問題。

関東、関西に加え、九州のNGOネットワークとして、
ODA大綱見直しのパブリックフォーラムや共同声明を出したりも。

ここ10年余りの急速な右傾化は、ODA大綱にまで及び、
かつては、自民党議員でさえも恥ずかしくて口にしなかった
「ODAは外交手段として使うもの」という言葉も、
当然のように位置づけられています。

そして、今日はODAで外国軍支援を検討なんて、
きなくさいニュースが耳に入ってきました。

曲がりなりにも、
「人道支援」を掲げていたはずのODA。
それでも、ミャンマーやラオスなど、軍事政権・独裁政権への
供与をめぐっては、人権侵害や民主主義の侵害などが問題視されて
きました。

それが今度は、税金で軍隊支援を検討とは…。

それ、おかしいでしょ。


(参考)
------------------

■ODAで外国軍支援検討 海上警備も、軍事転用に懸念
(北海道新聞 05/23 19:24)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/541104.html
 安倍政権は、政府開発援助(ODA)の対象事業に他国軍支援を含める方向で検討に入った。複数の政府筋が23日、明らかにした。ODA大綱の規定に基づいて他国軍支援は対象外としてきたが、運用を見直す。軍が展開する災害救援の人材育成や、シーレーン(海上交通路)での海上警備能力の向上を見据えた巡視船提供など、非軍事分野に限り解禁する。軍事目的に転用されかねないとの懸念が出そうだ。

 2003年に策定された現大綱は「軍事的用途および国際紛争助長への使用を回避する」と定めている。政府はこれを厳格に運用し、ODAによる軍支援は一切しないことを原則としてきた。


■【ODAで外国軍支援】 軍事転用の可能性を否定できない
http://www.47news.jp/47topics/e/253782.php
 【解説】安倍政権が検討を始めた政府開発援助(ODA)による他国軍支援は、軍事転用の可能性を否定できない。政権は防止策も検討する構えだが、他国軍にどう順守させるかなど、実効性を担保する仕組みの構築には課題が多い。

 台頭する中国への対応が急務となる中、日本政府内では、経済支援などに限られたODAの活用範囲の「狭さ」を問題視する声があった。関係者は「軍を対象外とする原則の下では、安全保障環境の変化に機動的に対応できない」と焦燥感を募らせていた。

 政府筋は、海上警備能力向上のため他国軍に巡視船を提供するケースについて「海上警備のみに使うとの条件を付ければ問題ない」と説明するが、軍事転用を防ぐ具体策としては不十分だ。災害救援の人材育成をめぐっても、軍人が訓練で身に付けた医療技術や物資補給に関する知識などが、将来的に戦場で「転用」される懸念も拭えない。

 途上国の国造りに貢献し国際社会で評価されてきた日本のODAの姿を大きく変えることになるだけに、国民への一層の説明責任が求められる。

(共同通信)
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-26 22:04 | つれづれ話 | Trackback | Comments(0)

横手の田植え、着々準備中。

b0125397_18351959.jpg

b0125397_18351943.jpg

b0125397_18351942.jpg

b0125397_18351936.jpg

b0125397_18351924.jpg

五木村は面積の96%が山林。
その五木村で、最も田んぼが多い(と思う)のが宮園地区です。

中でも横手には、
Y字型の谷沿いに5畝弱から一反あまりまで、
大小30枚ほどの田んぼが並んでます。

五木村では今週末、
つまり5月末から6月始めにかけてが田植えシーズン。

川辺川に注ぐ清冽な水が
代掻きした田に満ちていきます。

苗床は、それぞれこうして作ったり、
頼んで作ってもらったり。

天気や苗の生育状況を見ながらの農作業です。


今日も一日、お疲れさま。
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-23 18:35 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

雑穀蒔きどき。

b0125397_817426.jpg

b0125397_817425.jpg

b0125397_817478.jpg

b0125397_817458.jpg

b0125397_81745.jpg

松永チツコさんは、多分五木五家荘で一番多くの雑穀を育てられている方です。

上から順番に、
こきび
もちあわ
たかきび
とうきび(むかしとうきび)
ひえ。

これ以外に、もちとうきびもあります。

5月から6月にかけてが蒔き時で
この時期、絶やしてしまった種や
作ってみたい種や、自分とこに植えてしまって余った種が
地元の人どうしお互いやりとりされます。

雑穀の種は購入するのではなく、
土地にあった在来の種を使うのでなおさらです。

ひえは古い種でもよく発芽するそうですが、
普通は二年以上前のになると芽が出にくいので
新しい種が好まれます。

何かの在来の種を絶やしてしもうたーと言う話も聞き、
うっかり来年用の種を取り忘れて全部精米して食べてしまったり、
雨や土砂で流されてだめにしてしまったり、
保管が悪くて鳥やねすみに食べられたりすることもあるよう。

写真はチツコさん宅にて。
分けてもらったので、少しでも蒔いてみようと思います。
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-23 08:17 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

18日まで、イオン福津でくまもとフェア。

b0125397_120544.jpg

b0125397_120547.jpg

18日まで、イオン福津店でくまもとフェア開催中です。

実家のある町での開催とあって、いつも以上に商品チョイスにこだわりました。

今回、はっきり言って個人的におすすめしたいものしか持ってきてません!
つまり全部おすすめ品です!

朝9時30分から19時まで(最終日18時30まで)。

17日土曜日は、くまモン、いつきちゃん、ヒットくんもやってきます。

お近くの方、お近くにお知り合いがいらっしゃる方、
ぜひお立ち寄り下さいませ♪
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-16 12:00 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

五木村産業遺産。

県道25号線を走っていくと、白滝公園のそばで
道が二股に分かれます。

右は大通峠、
左は内谷ダム方面ですが、
そこを左に入って1分。

川向こうに、レトロな煉瓦造りの建物が見えてきます。

b0125397_103276.jpg


調べてみたら、JNC(いわゆる元チッソ)株式会社の
下中村揚水場、と言うらしい。

堰堤、ではないらしい。
水を揚げて・・・?ポンプアップ?
近くに内谷ダム(大平発電所)があるけど、こっちは九電だし。

分からん。
JNCの管理委託の方に聞いてみよう。

それにしても、レトロな建物ですね。
最初に見て、すごいーと感動しました。

ちょっと下流にある、この消防小屋?も
いい味出しています。

中に何があるんだろう?

b0125397_10327.jpg


また機会があれば、
わたし的五木の産業遺産を紹介してまいりたいと思います。
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-04 01:00 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(1)

畠づくり、再スタート。

去年は、五木村移住2年目、畑づくり2年目、
しかも広い畑(元田んぼ)を借りていたと言うのに、
ほとんど手をかけられずに終わってしまった。

土づくりの冬も過ぎ、新緑の季節になり・・・
あーこのままではまた植付け時を逃してしまうーと
焦って草取りしていたところ・・・

ちょうど良く助っ人が登場!!

おかげで1年のブランクを置いて、再スタートを切りました。

b0125397_043564.jpg


今日はお休みだったというのに、
職場の同僚のMさん、一日かけて苗やジョウロの手配、
マルチかけに移植、途中で止まっていた防風ネットかけまで、
して下さいました。

ありがとうございますー。

ミニトマト、パプリカ、ナス、
とうもろこし。

生まれて初めてのマルチです。
その威力に期待。

今日は仕事が終わってから、もちあわ用にと
薄暗くなって手元が見えなくなるまで、草取りがんばりました。

Mさんのおかげで再びやる気スィッチオン。
一緒に収穫までがんばりましょう!
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-04 00:43 | つれづれ話 | Trackback | Comments(0)

くさぎな初体験。

b0125397_1572740.jpg

b0125397_1572793.jpg

生のままだととってもくさいのに、
上手に下処理するととっても美味しい、
その名も臭木菜(くさぎな)という山菜があるという話を聞いて、早数年。

ようやくくさぎな料理を食べることができました。

材料はくさぎな、油、醤油、みりん、ちりめんじゃこ、ごま。

一見、お茶を入れた後の茶殻のようですが、
かすかな苦味とありちりめんじゃこが薄めの味付けで生かされていて、
白ご飯と合わせると箸が止まらない。

つい一皿ぺろりと食べてしまいそうな、
美味しくも危険な春の惣菜です。

このほか、混ぜご飯や味噌炒めも美味しいらしい。

生の葉っぱはとてつもない匂いだそうですが、
茹でて水にさらす(五木で言うソカス)とにおいがほとんど抜けてしまいます。

ほとんど、っていうか全部。

山でくさぎなを採っていたら、観光客の人が来て、
何をとっているのかと聞かれたので、
くさぎなを見せてあげたら、
「うわっ、こんなの食べるんですか」と言われたそう。

以来、人目を忍んで採るようになったと知り合いが言っていました(笑)。

五木のばーちゃんたちはふ好んで食べてます。
食べられる山菜というジャンルの中では、
(味付けにもよりますが)美味しい山菜の中に入ると思う。

特にちりめんじゃことの相性はばっちり。
おすすめです。

今度の連休には、
ちりめんじゃことゴマ、レシピもセットで、
道の駅五木物産館店頭に並ぶ予定です。

数量限定ですのでお見逃しなく。
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-01 15:07 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(1)