年末年始の道の駅五木、久領庵の営業ご案内

2013年年末、2014年年始の、
五木の各施設営業ご案内です。


■道の駅子守唄の里五木
【物産館「山の幸」】
12月31日、1月1日 休み
1月2日 10時~16時まで ※11時より先着100名に鍋ふるまい
1月3日 10時~16時まで ※11時より先着100名に鍋ふるまい

【温泉夢唄】
12月31日 17時まで
1月1日 休み
1月2日 通常営業(11時~21時まで)

【レストラン夢唄】
12月31日 休み
1月1日~3日 休み
1月4日 通常営業(11時~14時、18時~21時)

■五木久領庵
【1階売店】
12月31日、1月1日 休み
1月2日 9時~17時
1月3日 9時~17時
1月4日 通常営業(8時~17時30分)

【2階レストラン】
12月31日、1月1日 休み
1月2日 通常営業(8時~17時30分)

b0125397_14151295.jpg

[PR]

by from_itsuki | 2013-12-30 14:17 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

まもなく年の瀬。


仕事が休みに入り、
親しい方々との忘年会も終わり、
遅れていた年賀状書きも始まり、
大掃除もようやく着手し…

今年も無事に年の瀬を迎えられそうです。

年末のご挨拶にはなみずきさんに伺ったら、
チーズケーキをごちそうになりました。

体調不良のため、
明日でカフェを閉じられるとのこと。

五木のケーキやさん、民家カフェとしての13年間、
お疲れさまでした。

さみしくなりますが、
またお持たせケーキをお願いしたり、
お茶に遊びに伺ったり、
末永いお付き合いをよろしくお願いしますね。

金柑甘露煮と干し柿入りなますも
ごちそうになりました。

b0125397_7231063.jpg


b0125397_7231078.jpg


それぞれの一年が、もうすぐ終わりです。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-30 07:23 | つれづれ話 | Trackback | Comments(2)

ちょろぎ、謎に満ちたその形。

なぜこんな形なんだろう?

・・・と見る度に思うけれど、
何度見てもちょろぎって不思議な形をしている。

b0125397_21354166.jpg


シソ科の植物で、
タニシみたいなイ○ムシみたいなこの形は、
実は地中に育つ塊茎らしい。



知らないで地中から掘り出したら、
絶対イ○ムシと誤解してしまう!

今日は、献血キャラ「けんけつちゃん」を
かすかに彷彿とさせるちょろぎと出会った。

b0125397_2128944.jpg


角が生えたけんけつちゃん、って感じですかね。

ちょろぎは、きっと小さい子供にも人気のはず。
名前も不思議な響きだし、
童心に帰らせてくれる、見れば見るほど不思議な
野菜?芋?であります。

『本草綱目』によれば、ちょろぎは、
外からの病の侵入から体を守り、血の滞りを治し、
気を静め精神を安定させる効果があるとされているらしい。

うーん、
いずれも私には不足している気がする。

先日時江さんからいただいた
ちょろぎと菊芋の梅酢漬け。

見た目はちょっとコワい感じですが、
ちょろぎはおいしい!!
シャキシャキこりこりした素材の味を活かした、
絶品漬け物です。

しかも自家栽培だそうです。

ごちそうさまになりました。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-27 21:25 | つれづれ話 | Trackback | Comments(0)

シシ肉シーズン。

b0125397_232587.jpg


猪の季節です。

調理してあるのを食べるのはおいしく楽ですが、
生のブロック肉から調理スタートするのは、
(ビジュアル的に)慣れるまでもう少し時間がかかりそうです。
特に皮。

やっぱり小さい頃から見慣れてたら違うかもなー…。

猪を食べたり見たりするようになったのは、
ここ5年くらいの話だし…。

生肉を分けていただいても、
調理方法がワンパターンなので、
もっとおいしい食べ方を研究したいところ。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-26 23:02 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

五家荘の山守りたち。

今日、GOGOキムチをもらいに椎原に寄ったら、
ちょうど五家荘登山道プロジェクトの忘年会があってました。

b0125397_2234360.jpg


この民間によるプロジェクト(こちら)、すごい。

たくさんの登山者を魅了してやまない、
五家荘の山々の登山道を整備し、
GPSで登山マップを作って配布し、
消防署泉分署とともに、もしもの時のレスキューポイントを設置し…

山を愛する地元の方と、地域外のボランティアさんたちが支える、
いい取組みです。

と思ってたら、消防の専門誌にそのレポートが掲載されたそう。

b0125397_2234385.jpg


2014年1月号です。

b0125397_2234371.jpg


消防署員のみなさん、下球磨分署のみなさん、
ぜひ読んで下さいね~。
いっしょにいい山つくっていきましょう。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-26 22:34 | つれづれ話 | Trackback | Comments(0)

モノトーン野鳥。

今日駐車場で人なつっこい野鳥に遭遇。

b0125397_2283619.jpg


こちらを見ながら(思い過ごし?)近付いたり離れたり。
しばらくウロウロして、
そのうちどこかに行ってしまいました。

調べてみたら、ハクセキレイかな?

モノトーンのなかなかおしゃれな鳥です。

五木では、これまで見たことなかったような鳥によく遭遇します。
鳥はいいんですが、獣や昆虫にも…。

九州山地のど真ん中ですからね。
自然の中に住まわせてもらってますから。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-25 22:08 | つれづれ話 | Trackback | Comments(0)

ひだまりの庭先

b0125397_11522051.jpg

b0125397_11522047.jpg

b0125397_11522048.jpg

b0125397_11522010.jpg

今朝もこの冬1番の冷え込み。
日添(日陰) は朝日が当たるのが遅く、
いつまでも霜が解けません。

冷蔵庫の温度よりも低いので
赤大根など漬物は外に置く家も。

晴れた冬の日は干し物日和でもあります。

うちも大根干さねば…。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-25 11:52 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

しんしん。

b0125397_17583163.jpg

日本海側の福岡と、九州山地ど真ん中の五木村。

どっちも寒さはいい勝負だけど、
やっぱり五木村の方が芯から寒い気がする。

山が迫っているので、
雪が積もっていく様子がよくわかるのも山里の冬らしさがあっていい。

寒いのは仕方ないので、
寒くない備えをするしかない。

山に張り付いた小さな集落に風呂を炊く煙が上がっている様子なんかを目にすると、
凛とした寒さの中で、オレンジの炎を見ながら黙々と薪をくべる人の姿が思い浮かぶ。

寒い寒いばかり言ってはいられない。
まだまだ冬は長い。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-21 17:58 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(1)

もうすぐ冬至。

b0125397_12515573.jpg

いよいよゆずシーズンも終わりです。

五木では、霜に1、2回当たった方がおいしいと言います。

八原地区ではゆずの皮をむいて、
乾燥ゆず皮っくりの真っ最中。

乾燥機で乾し上げるので、色が鮮やかになり、
水で戻せば年中いつでも甘露煮やよずみそなどに使える便利食材です。

乾燥ゆず皮、明日びぷれすでの五木泉椎葉村三町村物産展でも販売してます。

ぜひ一度お試しを。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-15 12:51 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

3℃からのスタート。

b0125397_22312286.jpg

福岡での物販を終えて帰宅。

福岡も寒かったけど、五木も冷え込んできました。

ヒーターを点けたら、室内気温は3℃。

…!
まるで屋外気温のような数字です…。

室内なのにダウンジャケットを脱げないー。
この家、梅雨時期に湿気が抜けないのと、
冬の寒さがストレートに室内に伝わるのだけが難点…。
[PR]

by from_itsuki | 2013-12-13 22:31 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)