五木村フェアin福岡

b0125397_10522447.jpg

b0125397_10522480.jpg

今日明日、警固の自然食品店ファームにて開催中です!
道の駅からは鹿肉カレー、鹿肉ジャーキー、いつきちゃん味噌、ヤマメの甘露煮、そば粉、ヤマメの一夜干し、オリジナルラベル球磨焼酎、五木あげ、切り干し大根、乾燥タケノコなどを持参。

試食もあります!
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-29 10:52 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

6/29-30福岡で五木村フェア


明日あさってと福岡市警固の自然食品店ファーム店頭にて
「五木村フェア」が開催されます。

少量多品種、五木の素材を活かした商品を2日間限定で販売しますので、
お近くをお通りの際は、ぜひお立ち寄り下さい^^

29日は私も店頭に行きます♪

--------------------------------
◆自然食品の店ファーム 「五木村フェア」
6月29日(金)~30日(土) 9:30~20:00

b0125397_11294622.gif

○出店
・民宿山里(無添加豆腐の味噌漬け、無農薬セリの佃煮、柚子ゼリー、柚子マーマレードほか)
・五木とうふ(燻製豆腐、五木豆腐、五木あげほか)
・松井製茶(玉緑茶各種、スティック茶ほか)
・道の駅子守唄の里五木(鹿肉の燻製、鹿肉みそ煮、鹿肉カレー、干し椎茸、干しタケノコ、乾燥赤大根、ヤマメの甘露煮ほか)
○くまモンといつきちゃんも応援に来るよ!
29日(金) 12:00~/15:00~/17:00~
30日(土) 12:00~(※いつきちゃんのみ)
★「くまモン・いつきちゃん」コラボピンバッジプレゼント(限定100個)

◆場所
自然食品の店「ファーム」
福岡市中央区警固2丁目18-1
TEL 092-716-9200
http://farm-1.net/
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-28 07:28 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

(記事)熊日社説「たなざらしのダム中止法案」


ダム中止法案(特措法)の3月以降のこのスピード感の無さは、
一体何なのだろうか。

合わせて疑問なのは、地元で特措法についての議論が
ほとんど聞かれないことだ。
議会やそのダム特別委員会でも、この件は一度も議論されていないと聞く。
国による説明会もなければ、県や村による説明会もない。

五木村や県もあれほど強く要望してきた法案なのに、
まるでどこ吹く風に見える。

しかし、現法案の内容を見れば、記事にあるように
五木村にとって実効性があるのかどうか分からない点も含まれている。
結局は、国交省ペースで進捗を主導できるようになっており、
再び、数年、数十年単位で村づくりが先延ばしされかねない。

五木村は、過疎化や産業育成の面で、すでに「待ったなし」状態。
これ以上、広大な水没予定地活用を含むさまざまな事業が
先延ばしされることが、一体どれほどの打撃になるか計り知れない。


様子をうかがいながら腕組みして椅子に座ったまま、
漫然と「未来」がやってくるのを待つのか。
それとも、
自分から手を伸ばし、望む「未来」を手元へ引き寄せるのか。

五木村は後者であってほしい。


-----------------------------------------

■たなざらしのダム中止法案
http://kumanichi.com/syatei/201206/20120606001.shtml

熊本日日 2012年6月6日

 ダム事業を中止した場合に地域の生活再建を支援する「ダム事業
廃止特定地域振興特別措置法案」(ダム中止法案)は、今国会に提
出された後、積み残されたままだ。内閣再改造を機に国会は早期審
議入りすべきだ。

 法整備は2008年に川辺川ダム建設反対を表明した蒲島郁夫知
事が、水没予定地のある五木村をモデルに生活再建を図る根拠とし
て国に求めていた。

 民主党政権に移行後の09年、同ダム中止を表明した当時の前原
誠司国土交通相が対応を約束したが、いったん頓挫。今年3月に閣
議決定にこぎつけたものの、法案を所管する前田武志前国交相への
問責決議で、関係委員会の審議はストップした。

 ダム中止法案の実効性には疑問もある。水没予定地として国が取
得した土地を自治体に無償譲与したり、元所有者に優先売却したり
すること、さらに地域振興事業への国の支援を定めてはいる。しか
し、それらは地元の権利としてではなく、国の努力として促してい
るだけだ。

 それでも意義があるのは、完成へ向けた「片道切符」しかなかっ
た日本の公共事業に、「引き返すルール」ができる点だ。国交省自
身、「ダム事業を廃止か縮小した場合の地域振興の手順を明示した
のは初めて」(水政課)と認めている。

 既にダムによらない五木村の地域振興は、国、県、村の3者合意
に基づき始動している。ただ、川辺川ダム事業は依然、特定多目的
ダム法の適用を受けており、法的には終止符が打たれていない。ダ
ム中止法案が成立し、その対象となれば、法的にもすっきりする。
国会は法案をたなざらしにせず、早期成立を目指してほしい。
(山口和也)


■ダム中止法案、活用策を探る 熊本市でシンポ
http://kumanichi.com/feature/kawabegawa/kiji/20120604001.shtml
熊本日日新聞 2012年06月04日

 川辺川ダムの水没予定地を抱える五木村をモデルに、ダム中止に
伴う地域住民の生活再建を支援する「ダム事業廃止特定地域振興特
別措置法案」の意義などを考えるシンポジウムが2日夜、熊本市中
央区の県民交流館パレアであった。

 「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」(中島康
代表)主催。約50人が参加した。

 村の再建について、和田拓也村長が「短期的には、茶もみやこん
にゃく作り体験など、これまでのなりわいを基盤とした観光に力を
入れる。長期的には林業に力を入れたい」と講演。川辺川利水訴訟
の板井優弁護団長は、3月に政府が閣議決定した法案について「ダ
ムを中止することを明記した初めての法律」と評価した上で、「成
立後、どのように活用していくかをしっかり勉強していかなければ
ならない」と述べた。(久間孝志)



■五木村振興計画の2012年度事業 住民説明会始まる
http://kumanichi.com/feature/kawabegawa/kiji/20120518001.shtml
 
熊本日日 2012年5月18日

 川辺川ダムの水没予定地を抱える五木村振興のため県と村がまと
めた「ふるさと五木村づくり計画」で、本年度実施する事業につい
ての住民説明会が16日、宮園地区を皮切りに始まった。新規事業
として、高齢者の集落内での移動を円滑にするための電動カートレ
ンタルなど5事業に着手する。

 初回は宮園交流館であり、住民約30人が出席。継続事業を含め
本年度予定している55事業の説明があった。

 同計画は「働く場づくり」「暮らしづくり」「ひとづくり」の三
つを柱に、県の五木村振興基金(10億円)などを活用して主にソ
フト面の整備を図る。期間は2009~18年度の10年間で、具
体的事業は各年度ごとに決めて村と県が説明会を開いている。

 国、県、村の合意に基づき実施する水没予定地での公園整備など
基盤整備計画(ハード面)の説明もあった。出席者からは国道の早
期整備を求める声などが上がった。

 説明会は22日まで計5会場で開催する。(津留三郎)

【写真】資料を見ながら説明を聞く出席者=五木村



■「再建に向け基盤整備と連携」 「ふるさと五木村づくり計画」 今年度55事業を住民説明
http://www.hitoyoshi-press.com/local/index.php?intkey=8425

人吉新聞
 五木村と熊本県が共同で策定した「ふるさと五木村づくり計画」
の平成24年度実施計画を周知する住民説明会が、16日から5カ
所で始まり、昨年度の成果を報告し、今年度計画の55事業を説明
した。

 同計画は、川辺川ダム問題で疲へいし、過疎化が進む同村の振興
に向け、同21年9月に策定。「働く場づくり」「暮らしづくり」
「ひとづくり」を3本柱にした基本計画と、年度ごとの実施計画か
らなる同30年度までの10年計画で、県の五木村振興基金10億
円も活用する。

 さらに、昨年、同ダム問題に伴う五木村の再建に向け、国と県、
村の3者で合意した水没予定地の公園整備など基盤整備事業と十分
な連携を図る。

 昨年度は、体験型観光の20プログラムで38回に計744人が
参加し、前年度の11プログラムで17回の計176人から大幅に
アップ。「いつき食の直送便」は予想以上の1000セット以上の
申し込みにより450セット完売。ブランド化を図るシカ肉の販路
拡大などで実績を挙げた。

 今年度は55事業の事業費6億6790万円のうち1億6216
万円が同基金。

 新たなものとして、有害鳥獣被害対策事業で害獣ナビシステムの
導入、村内の事業所を対象にした各種免許資格取得支援事業、家へ
の進入路の手すりや階段の整備を支援する「安全安心な村づくり事
業」、高齢者や障害者に対する電動カートのレンタル、専門家を招
聘して人材育成を図る村振興支援事業、村の将来を担う子どもを対
象にした芸術文化イベントや公演会を実施する「子ども夢創造事業」
などがある。

 住民説明会は毎年実施。議題は今年度の同計画と、三者合意に基
づく基盤整備の方向性、昨年実施した全世帯調査の概要。

 初日は、宮園交流館(旧五木北小学校)で開かれ、住民約30人
が出席した。

 木下丈二副村長が「村民が主役のむらづくりに参画してもらい、
計画から3年がすぎたところ。これから地域に根ざした計画を進め
ていくには、住民の協力がないと絵に描いた餅になってしまう」、
県川辺川ダム総合対策課の福山武彦課長が「体験型の観光が生まれ、
五木の新しい観光を発信し、観光客も着実に増えている。シカ肉の
販路も拡大し、先進的な取り組みになっている。徐々に計画の成果
が出ているが、さらに加速させたい」と呼び掛けた。

 質疑応答では、住民から「村外に通う高校生の助成は」「小水力
発電の状況は」などと出されていた。

 説明会は17日に三浦地区集会室、18日に伝統文化伝承館、2
1日に西地区集会室、22日に南地区集会室の予定。

-------------------------

b0125397_0484057.jpg

(初夏の大滝自然森林公園。2010年7月27日)
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-25 23:26 | 生活再建 | Trackback | Comments(0)

プランター農業〜いただきます〜

レタスはいいなぁ。

ラディッシュの葉と違って蝶々も産卵しないし、
青虫に食べられることもないし。

b0125397_112598.jpg


お弁当のサラダにしました。
プランター農場からの一品。


それにしても、初めてのラディッシュ収穫は散々…。

のどかにモンシロチョウが舞っていたのも束の間。
卵を取ったはずなのに、ほどなく小さな青虫が誕生。
ラディッシュの葉を猛烈な勢いで食べ始め…。

葉はそんな感じで、
肝心のラディッシュの赤かぶ部分も
15株中3株しか育たなかった(育てられなかった)…。

間引いた際に、赤い根っこ部分が地表に出てしまったからかな。

でも間引く前に、すでに地表に出ていたような気も。

種はもう1回分あるので、
気を取り直してやってみます。

何より、
できたらモンシロチョウが葉っぱに寄りつかないよう、
室内の窓際などで栽培してみます。
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-19 01:01 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(2)

薫る柚子茶。

b0125397_2333295.jpg


台風が近づいてきています。

今日は帰りに、温泉&レストラン「夢唄」に立ち寄りました。


ここ「夢唄」を経営するのは、民宿山里さん。

ご主人の土肥康之さんは、
夏は漁師、冬は猟師として活躍する傍ら、
毎朝、そばを手打ちされているそば打ち職人でもあり、
セリやそばを畑で育てる農業者でもあるという、
本当のマルチな方です。

小麦粉を使わない10割そば(しかもブツブツ切れない!!)、
さっぱりヘルシーな鹿カツやヤマメから揚げなど名物のほかにも、
康之さん、このみさんご夫妻、娘さんのまきさんの手による、
山菜や田舎料理など、南九州らしいちょっと甘辛めの
五木産食材にこだわった料理が人気です。

今日は、できたての柚子マーマレードを試食されてもらいました。

きび砂糖と五木産無農薬柚子をまるごとを使い、
通年で生産されている、超・人気商品です。

色が黒っぽいのは、グラニュー糖ではなく、
ミネラル豊富なきび砂糖を使っているため。

皮が薄く薄~くスライスされていて、
パンに塗ってもヨーグルトに入れても、
湯呑みに注いで湯でといた「ゆず茶」にしても、
皮が全然気にならず、食べやすい・飲みやすい!!

ママレードはこうでなくちゃね。


150g入り、1瓶500円。

ネット通販もあります。
こちら

■お問合せ:
民宿山里
〒868-0201
熊本県球磨郡五木村高野
TEL/FAX 0966-37-2636
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-18 23:55 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

6/16五木村周辺の道路交通情報


五木村では、昨日から強い雨が降り続いています。
現在の五木村周辺の道路交通情報です。

<6月16日(土)9時25分現在>

●国道445号線
相良村で通行止め。
(迂回路にて通行可能です)

●県道25号線
通行止め
(自己責任で通行は可能です。運転にご注意下さい)

●九州自動車道
人吉IC~熊本ICまで、上り下りともに通行止め。


県道国道の道路交通情報は、こちら

九州自動車道の道路交通情報は、こちら
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-16 09:41 | アクセス | Trackback | Comments(0)

スコップ農業〜生姜の芽生え〜

b0125397_12494383.jpg

b0125397_12494354.jpg

b0125397_12494394.jpg

b0125397_12494369.jpg

ここのところ行けていなかったのですが、
先日ひさびさに宮園のスコップ農園の様子を見に行きました。

芽こそぎやられていたもちとうきびも、
何とか育っているよう。
草もあまり生えておらず、
とうきびの間から、植えた覚えのない小さな里芋の葉が出てきていました。

ミニトマトも少し見ないうちにすくすく育ち、いつの間にか花もつけてます。

脇芽を取ると聞いたけど、どっちが脇芽か分からないくらいに肥大化!
手折ると切り口からミニトマトの匂いがします…
あー早く食べたい…。

この日はとうきびの株分けと、トマトの脇芽取り、オクラの苗植えをしました。

オクラは間引いた苗を分けてもらい、スコップで切った畝に、スコップで穴を掘り、25�p間隔で植えました。

あくまでスコップ。
スコップの底力を見せてやれとばかりに、がんばりました。

終わる頃にはまた小雨。
良かった、雨に間に合って。

すくすく育ちますように。
夏にはオクラパーティーです!
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-15 12:49 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

プランター農業〜レタス収穫〜

b0125397_18291461.jpg

種まきから一月と10日。

虫もつかずに無事育った、
レタスほかベビーリーフたちを収穫する日がやってきました。

隣に植えてたラディッシュの青虫対策に気を取られ、
少々育ちすぎた感もあります…。

ゴマドレッシングと玉ねぎとカリカリベーコン(パンチェッタ)で、
むしゃむしゃいただいてみます。

楽しみだー。
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-13 18:29 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

アントシアニンのジャム。


五木村でも、一時期養蚕が行われていたらしい。

頭地の元水没予定地には、ところどころに
山桑の木が枝を広げている。

お茶摘み後のこの時期は、濃い紫色の桑の実がなり、
その桑の実でジャムを作ったという方が試食をさせて下さった。

b0125397_14541398.jpg


プチプチと種があり、甘いジャムだが、
砂糖はそれほど入れていないそう。
元々糖度が高いのかも?
真っ黒に近い濃い紫色で、
目にいいというアントシアニンがいかにもたっぷり入ってそうです。

もうしばらくすると、蚕ならぬ別の虫たちが
桑の葉を食べ始めるのだそうで、
実を摘むのなら用心して、とのアドバイス。

ジャムは食べたいけど虫はいやだ…
自家製ジャムは今年はあきらめて、
人のうちで食べさせていただくことにます。
[PR]

by from_itsuki | 2012-06-08 07:38 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)