8/28シンポジウム「五木再生の課題― 住民決定で考える公共事業 -」


五木村への転入届の提出、国保や年金の変更手続き、
ケーブルテレビ加入申込みなど、
合間を見てちょこちょこ進めてます。

しかし・・・

自宅でまだネットがつながらないのは痛いですね・・・。
ブログにアップしたい写真がいっぱいなのに・・・。

取り急ぎ、
28日のイベントのご紹介です。

前日の27日は、
観光コバサク(焼畑)のそば間引き(ランチ付)も
あります!
詳しくは五木村役場HPまで。

------------------------------
第15回川辺川現地調査のご案内

テーマ「五木再生の課題」
― 住民決定で考える公共事業 -

第15回川辺川現地調査は、五木村で開催します。

ダム建設の決定、中止、中止表明に伴う救済措置等々、
地域再生に多くの課題を抱えている五木村の現状について考え、
五木の振興が図られるよう、
シンポでの声を全国に発信していきます。
みなさん、ぜひご参加ください。

<基調報告> 板井優氏(利水訴訟弁護団長)
<パネリスト>中島康氏(コーディネーター)
   和田拓也氏 (五木村長)
   樅木晴美氏 (民宿経営)
中島熙八郎氏(熊本県立大学教授)
   藤田恵氏  (徳島県木頭村元村長)

(と き) 8月28日(日) 午前10時より
(ところ) 林業センター体育館(五木村高野) 
(参加費) 500円

主催 川辺川現地調査実行委員会
人吉市鬼木町1416-2
【問合せ】事務局(本村令斗)☎090-2859-5520
[PR]

by from_itsuki | 2011-08-23 17:55 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

五木村、入村。


ついに!

この8月より、五木村に在住することになりました。

念願の五木村内での仕事を得て、
来年3月まで、五木村観光協会の事業を応援することになりました。

がんばるぞー!
楽しむぞー!
成果をあげるぞー!

福岡から通うわけにもいかないので、
五木村での生活が始まりました。

私もついに「五木村民」です!!
とりあえず短期だけど。

今まで時々泊まらせてもらっていた
尾方茂さん、チユキさんちの離れの空き部屋を、
本格的に住居としてお借りすることにしました。

数日前には、
大通峠を越えて冷蔵庫も到着。

b0125397_2381449.jpg


一人にはちょうど良い大きさで、使いやすそう~^^
これで冷蔵する食材が買えるし、
料理も室温保存せずに済みます。

茂さん、チユキさん。
ありがとうございます・・・(涙)。

五木村とその周辺を120%楽しんでいただくための、
情報発信・企画の拠点として、
地域の方々とともに力を尽くしていきたいと思います。

五木村にお越しの際は、
道の駅「子守唄の里五木」物産館内にある、
五木村観光協会へもお気軽にお立ち寄り下さい^^

おいしい五木茶(松井製茶)とともに、
五木村はもちろん、五家荘・東陽・八代・人吉球磨の情報も
取りそろえております♪
[PR]

by from_itsuki | 2011-08-11 23:08 | Trackback | Comments(1)

五木の夏、スイカの夏。

b0125397_16262435.jpg

今日の尾方さんちのおやつは、
熊本が誇る植木産スイカ。
観光コバサクそば撒き体験に参加された
五木村ファンクラブ会員の竹下さんよりの
差し入れだそう。

「スイカどま食おやい。」と誘われ、
ほいほいと喜んで台所へ。

甘くてみずみずしくて…

ビバ!五木の夏!
ビバ!スイカの夏!!
[PR]

by from_itsuki | 2011-08-08 16:26 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

8/6村の手づくり夏祭り☆〜東分館@頭地〜

b0125397_2235031.jpg

お盆も近づき、五木村の3地区での夏祭りシーズン到来です。

夏休みに帰省したたくさんの子どもたちと一緒に、
大人も飲んで食べて楽しめ、
アットホームな雰囲気のイベント。

一般の方も参加していいらしく、
川で遊んでお買いものと温泉を楽しんだあと、
ぜひのぞいてみて下さい^^
なお、14日は西分館夏祭り(小鶴の白滝公園そば)、15日は北分館夏祭り(宮園の旧五木北小学校)も開催されます♪


【東分館夏祭りプログラム】

2011年8月6日(土)

1700 ヤマメ・うなぎつかみ取り♪
1830 開会
1900 ラムネ・ビール早飲み大会
1930 野外上映会
2030 ミニ花火
2100 お楽しみ抽選会
2120 閉会
[PR]

by from_itsuki | 2011-08-05 22:35 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

(2)観光コバサク、燃え上がる火入れの巻。


(1)より続き。

折からの風にあおられて、
炎は見る見るうちに2メートルほどの高さに。

b0125397_10414055.jpg


この場所は、道路端に面していて、
コバの背後には水路、刈り取った防火帯があります。
安心とは言え、迫力ありますね。

そして、熱い!

火は熱いに決まってますが、
大きな炎は、離れていても結構熱いと知りました。

b0125397_10441847.jpg


麦ワラ効果がききすぎたようで、
炎は20分ほどで燃え尽きました。

燃え残った枝などを寄せて、
完全に焼いてしまいます。

b0125397_10461726.jpg


煙が目にしみる・・・まさに。

防火帯や飛び火をしないように、
杉枝の火消しほうきも準備。

b0125397_10472131.jpg


延焼することなく、無事に1枚目終了です。

b0125397_10483732.jpg


冷たいお茶の差し入れをいただいて小休憩し、
続いて、2枚目の予定地へ移動です。

b0125397_10491697.jpg


2枚目のコバは、1枚目よりも枝や刈ったヤボが多いのですが、
燃えやすくするために、杉皮を少し引いてます。

5月のこいのぼりポールを製作した際に使った
杉柱の皮のリサイクルです。

b0125397_105201.jpg


ちなみに、赤い方が副知事です^^

1枚目のコバの火の回りの早さは、
風下から火を付けたこともあったため、
シルバーのじいちゃんのアドバイスにより、
2枚目は、伝統的手法にのっとり風上からつけることに。

確かに、今回はじんわりと焼けてくれてるよう。

こちらの椎葉さんは椎葉村からのご参加。
上球磨に移転された元五木村在住の方の紹介で、
つい先日、五木に来られ、イベントを知ったそう。

b0125397_10541284.jpg


ご縁ってありがたいですね。
また6日もご参加とのことで、再会が楽しみです♪

炎の熱で、向こう側の消防車や人が
ユラユラ揺れてるの、写真でわかります?

b0125397_10565185.jpg


燃やすってストレス解消にもなりますね。
大人が堂々と火遊びできるし。

囲炉裏で炭を燃やしたり、魚を焼いたりするのも楽しいけど、
火には癒し効果がある気がします。

b0125397_10595019.jpg


予定より早く、15時頃の解散。
よく燃えた一日でした。

参加者は温泉入浴割引券をもらい、
五木温泉でひとっぷろ浴びて、帰途につきました。

8月6日(土)は、いよいよここにそばの種を蒔きます。
参加すると収穫物ももらえますし、
自分で植えたそばで作る手打ちそばの味は格別です♪

参加お申込みはこちらから
ご参加をぜひお待ちしてます♪


6日の五木は、イベント盛りだくさんで、
日中は、コバサクそば蒔き、大滝森林公園ガイドツアー(こちら)、
夜には、頭地代替地で地元の夏祭り、
オフロードバイクのナイトレース「よさりのラリー」(こちら)もあります。

そば蒔き参加者の一部有志で、
頭地夏祭りとよさりのラリー応援に(時間的に可能な範囲で)参加しながら、
6日夜は、築100年の古民家宿「宮園のお宿」での
お泊まり&飲み会をする予定です♪

こちらの夜(≒深夜)の部への参加お申込みも、
お待ちしてます(こちら)♪
[PR]

by from_itsuki | 2011-08-01 11:18 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

(1)観光コバサク、燃え上がる火入れの巻。

ついにこの日がやってきました!
五木村観光コバサク(焼畑)「火入れ体験」。

b0125397_126399.jpg


嗚呼、思い出す、昨年の火入れ(こちら)
前日の小雨のため火がよく燃え移らず、
全身煙にいぶされながら火をつけて回ったあの思い出・・・。

昨年のリベンジを果たすべく、
7月30日に開かれた今年の火入れは、
雨も夕立も1週間以上降っていない、
カラッカラの絶好の火入れ日和!

この日の参加者は23名。

北は青森県八戸、南は宮崎県椎葉からの参加で、
五木村ファンクラブ会員のリピーター、
玉名のN田さん、植木のT下さん、
元五木村派遣職員だったT中さん、
仕事を通り越して参加してるI本さん、
さらには兵谷副知事の姿も!
(←かなりお話してみたかったが、今回チャンスなし・・・)。

午前11時に頭地資料室「やませみ」集合後、
主催者の村よりごあいさつ。

担当課のふるさと振興課は、職員オール参加です。

b0125397_957381.jpg


かつては五木村のどこでも見られた焼き畑ですが、
産業や経済の変化で途絶えてしまった、
その復活を村外の方と共に取り組むのが、
今回の観光コバサク、よろしく応援お願いします、と和田村長。

続いて、役場の金光さんより、
五木村のコバサクについて説明された後、
五木の歴史や習慣についての紹介ビデオ視聴。

このビデオ、国交省が作ったのでダム計画ありきですが、
最後のダム部分を除けば、いい資料だなーと思いました。
ほとんど人に知られず、上映もされないのがもったいない・・・。
「やませみ」に行った際はぜひご覧ください。

高野の林業センターで、
今日の作業をお手伝いいただく
シルバー人材センターの皆さんとランチ。

シイタケ、干したけのこ、手作りコンニャクなどの五木風煮しめ、
みーちゃん特製カリカリ梅干し、
たまねぎや人参の味噌漬け、
五木産小麦粉の手打ちうどん、塩ゴマおにぎりなど
手作り料理をおなかいっぱい食べた後、
早速コバサク現場に向かいます!

今回の火入れ予定地は、池の鶴の2ヶ所。

川辺川ダム水没予定地の、空き地を活用します。

7月半ばに、ヤボを伐採したのですが(こちら)、
あんなに大変な作業だったにもかかわらず、
燃やす草や木が足りなかったそう。

そのため、今回は火付け用に麦ワラや杉皮を入れてます。

若干邪道ですが、観光コバサクの試みということで、
今年はどうぞご容赦下さい^^;

麦ワラを入れてるので、収穫後の麦畑みたいですが(笑)
こちらは下流側のコバサク予定地です。

b0125397_10143147.jpg


結構広いです。
元は、このあたりにも集落があったので、
田畑の跡みたいです。

こちらは、本日の火入れ用のタイマツ。
竹とボロ布で作られてます。

b0125397_10212498.jpg


本来のコバサクは、傾斜が急で
山深く、広大な場所で行われていました。
真夏日に乾燥した場所を燃やすことは、
一歩間違えば山火事になり、火入れをする人にとっても危険なもの。

火入れ前には、山ノ神への神事を行います。

b0125397_10235043.jpg


今回の神事担当は、北原束(つかね)さん。

b0125397_10275989.jpg


神様を呼び寄せた後、唱えごとを唱えて
サカキを持ち参加者全員のお払いをします。

b0125397_10282734.jpg


去年の見本さん(こちら)とは、また違った方式ですね。
五木村内でもいろんなやり方があったそうで、
興味深いですね。

続いて、手に手に松明を持ち、
コバ地に火入れをしていきます。

b0125397_10285466.jpg


(2)へ続く。
[PR]

by from_itsuki | 2011-08-01 10:30 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)