狩人と、川へゆく。


9月と言えば落ち鮎シーズン。
川辺川の支流、五木小川でも日々鮎たちが下ってますが、
下ってしまわないうちにと、
念願の「鮎の矛突き」に同行させていただくことに!

b0125397_17385380.jpg


五木の人は竿でなんか釣らんよ~
みんな、刺し網か矛突き~

と聞くものの、実際に間近で見るのは初めて。

初対面のMことさんにウェットスーツを借り、
さやかちゃんと共に、早速五木小川へ。

水は少ないけど、澄んでてきれいー。

b0125397_17404294.jpg


川面を見つめる鋭いまなざし・・・。
師匠に川の様子をレポートするMことさん。
狩人、2名です。

b0125397_17424029.jpg


道路(県道25号)から見ているとただのせせらぎなのに、
川の中に入ると、結構深い淵がいっぱい。
川の石に苔が付いてぬるぬるですが、
鮎の食べ物ですので、文句を言ってはいられません。

水中眼鏡をはめ、矛を片手に鮎探し~。

b0125397_17553634.jpg


いた!!
すかさず、師匠の鋭い矛が鮎を狙って投げられます。
そのあまりの早さに、写真がぶれてます。

b0125397_1745742.jpg


ウェットスーツを貸してくれたMことさんは、
普通にランニングで川へ・・・。
燃焼系!?若いです。
(貸して下さってありがとうございました)

五木小川、いいですね。
平瀬のカーブの先で川に下りて、ずんずん上がっていきました。
ウェットスーツだと、体も浮くし、水もほどよく冷た過ぎずいい感じ。
水中眼鏡で川底を見ると、
鮎とかイダ?とかアブラメとか、
めだかみたいな小さな魚がたくさん見えました。

淵から上へ上がれず、
しばらく流されたり、漂ったりして遊んでいました。
体力消耗・・・。

b0125397_1746964.jpg


捕れたよ~と師匠が見せてくれました。

本当に、スイカの緑のところと赤いところの境目あたりのような、
キュウリのような匂いがします。
果汁のある瓜系?

b0125397_17481290.jpg


近づき過ぎると生臭いので、
ほんのり香る程度に離れてから嗅いでみるのが◎です。

b0125397_17492696.jpg



そして、今日のサプライズ!
獲れたての鮎を、師匠が炭で塩焼きにしてくれました(涙)。

おいしかったー!!
3尾も食べました。
まだ食べれたかも。

今回ノンアルコールでぐぐぐと我慢しましたが、
次回はぜひ、アルコールと一緒にいただきたいです!

師匠、Mことさん、誘ってくれたさやかちゃん、
ありがとうございました~。
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-29 17:54 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(2)

五木村マスト買い★子守茶屋の栗まんじゅう


こんにちは。
五木のお土産「マスト買い」セレクションの時間です。

本日皆さんにお勧めしたいのが、
秋の味覚と言えばやっぱりこれ!

「子守茶屋」の栗まんじゅう(1個100円)です!

b0125397_19402270.jpg


今や秋の定番となった、この栗まんじゅう。
昨年もご紹介しましたが、
一番の特徴は「栗あん100%」だという点。

世の中に栗まんじゅうはたくさんあれど、
手間がかかり、猿鹿猪の被害も受けやすい栗は高価なもの。
雑誌などでは山江SAの栗饅頭も有名ですが、
五木はなんたって、「栗あん100%」なんです!

さらに、栗は自家栽培のもの。
子守茶屋の松井製茶さんは、九折瀬(つづらせ)という山腹の小集落にあり、
そこでおいしいお茶と、栗を栽培されているのです。


帰り道に食べるもよし、
家まで我慢するもよし、
日頃お世話になったご近所さんへのお土産にするもよし。

頭地代替地中央にある、道の駅五木(道の駅子守唄の里五木)の隣。
「子守茶屋」にて、期間限定でお買い求めいただけます。

売り切れ御免なので、
見つけたら「即買い」です。

子守茶屋の店頭では、
これでもかというほどこんもり盛り上がったドーム型のまんじゅうが
あつあつほくほく湯気をたてながら、皆さんをお待ちしています!


子守茶屋 (松井製茶)
代表 松井寿子
熊本県球磨郡五木村甲2672-53
TEL0966-37-2951

※道の駅五木の敷地内にあるお店で、
 今年は9月15日から販売されています。
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-24 19:52 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(2)

(報告)バイキング「五木村フェア」、行ってきました。


熊本交通センターホテル3階のダイニングバー「桜」で開催中の
五木村フェア」に行ってきました。

b0125397_8491061.jpg


今月末の終了前に間に合った!
ネコ助さん、遅ればせながら私も行けましたよー!

辛島公園電停で下りて、徒歩2分。
熊本交通センター前で開催されていた、
動物愛護フェアキャラクターショーの間を抜けて
玄関へ向かいます。

さわやかな黄緑色の、子守唄の里五木ののぼりがはためいています!

b0125397_852564.jpg


おぉ、玄関前にも表示が。

3階とのことだけど、上り口が分からず、
とりあえずエスカレーターに乗ったら、2階のダイソーまでしか上れない(T_T)
焦る私は、エレベーターに乗り換えてさらに1階分上がり、
レストランへと急ぎました。

b0125397_8542132.jpg


やっと到着。
11時半過ぎなので、まだそれほど混み始めていないみたいです。
従業員さんが、五木村観光協会の緑のはっぴを着られてます♪

b0125397_858975.jpg


入り口そばには、物産や人吉からの定期観光バス「いつきちゃん号」、
紅葉シーズンの写真なども展示されています。
(いつきちゃん号の魅力、詳しくはこちら

次回から、ここに五木の観光パンフコーナー作って
ファンクラブ入会申込書とかも置いたらいいかも~。

席を案内されるやいなや、早速お皿持って料理コーナーへ。

五木村の食材を使った料理が15品、
その他の通常料理が20品ほど並びます。
飲み物もフリードリンクです!

b0125397_903735.jpg


五木村産食材を使ったメニューには、
ちゃんと説明書きが書かれています。

b0125397_951410.jpg


主菜副菜、ご飯系もあります。
茶碗蒸し(五木の原木しいたけ入り)、サラダ・白和え(五木豆腐、おから入り)、
酢の物(五木のワラビ入り)、煮しめ(五木のタケノコほか)なども。

b0125397_10443752.jpg


五木食材料理を中心にお皿に持って、
早速いただきます!

出荷協議会の皆さんがシェフの方にレクチャーされたというだけあって、
煮しめの味は、確かに五木の味(な気がする)。
原木しいたけのふわふわ玉子焼き、大豆の煮豆など、
ほっこりおいしい田舎料理や、ちょっぴりアレンジされたものも。

こちらは鹿肉を使った3品。

b0125397_10471025.jpg


手前から、
・鹿肉ミンチともやしの塩味炒め
・鹿肉ミンチの一口カツ
・鹿肉ミンチの麻婆豆腐
です。

おいし~!
むしろ、五木村でなかなか食べられない?かもしれないアレンジです。
ミンチは安いし、餃子に入れたり、そぼろとして使ったり
実はなかなか使い勝手がいいんですね。なるほど。

お昼が近づいて、お客さんも増えてきました。
アクセスもよく、リーズナブル、ヘルシーとあって、
若い女性や家族連れ、お一人のお客さま、女性グループなど
さまざまな方がお食事を楽しまれていました。

9月末までのフェアなので、残り1週間!

まだの方は、ぜひお急ぎ下さいね~。
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-24 09:06 | 観光情報・お知らせ | Trackback(1) | Comments(1)

五木で空き家活用+古民家再生(2)

(1)よりつづき。

作業はせっせと続きます。
まっくろだった風呂釜をピカピカに磨いて下さったのは、
熊本市より参加のYしださん。
コバサク復活プロジェクトにも参加の、リピーターさんです。

b0125397_9253126.jpg


築100年以上というこの民家や納屋には、
今では珍しいものたちもちらほら。

富山の薬箱は、このままで活かしたいところ。
中にはシッカロールやヨードチンキなどが入ってました。

b0125397_9222121.jpg


ちょっと高台にあるこの家の窓からは、
対岸の山と西谷の田園風景、川辺川を眺めることができます。

b0125397_9233670.jpg


今日の作業は2時間のみ。
五木温泉に入浴後、本日の交流会・宿泊場所である
「老人憩いの家」へ。

b0125397_9275149.jpg


宮園に公民館ができる前には、
常会(区の月例会)の場所等に使われていたそう。
今も投票所などに使われてるのかな?
地区の皆さんのおなじみの場所だそう。

そして、お待ちかねの交流懇親会!

b0125397_9292754.jpg


テーブルいっぱいに、宮園地区の出荷協議会会員の
皆さんが用意してくださった、ごちそうが並びました!


(つづく)
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-23 09:34 | 古民家宿「宮園のお宿」 | Trackback | Comments(2)

マイナスもプラスも。どっちも。


b0125397_23375552.jpg

(川辺川の流れ(竹の川地区)。 2010年9月12日)

川辺川ダムの中止が発表されて1年。
各紙で、川辺川ダム報道が掲載されています。

残された課題としての、治水代替案の確定。
大臣が変わっても、官僚は簡単には変わりきれないところ。
それから、五木村の生活再建。

記事を読むと、たまに、記者さんちゃんと勉強してよねと思うものもある。

記事として、「五木村は悲劇の村」みたいな、
そういうステレオタイプにまとめたがってるような。

昭和35年の人口6000人が現在は1300人って、
それってダムだけじゃなくて、日本各地の山村は
大抵そういう人口変動してますよねぇ。
ダムによって、過疎化が促進されたところはあるだろうけど。

生活再建を協議する場は始まったばかりで、
特に特措法の整備は、この1年ほとんど進んでいない。
政府にとって、その程度の優先順位なのかと思えるし、
実際に、五木村長から「スピード感をもってやってもらいたい」という
焦りの声も聞こえる。

とは言っても、五木村について言うなら、
私は少し、希望の種みたいなものも感じてる。


同時に、「まったくどーしてこの村はこうなんだろ・・・」という
かすかな諦めや溜め息も交えて、だけど。

補助金頼みだったり、住民の大きな動きではなかったり、
県主導の事業中心で村職員さん主導の事業が相変わらず
生まれにくい土壌があるとか、縦割り歓迎・横連携苦手の雰囲気があるとか
どうしても声が大きな議員さんがいるとか、
その指摘がまっとうなのかどうかとか、
生活感ある人の声は本当に村→県→国へと上がる仕組みになってるのかとか、
足の引っ張り合い、肥後の引き倒し、排他的、やっかみ、ひがみ、
水没地と非水没地の共同体の質のギャップ、高齢化、少子化、
しかも水没予定地の利用(国有地を村に戻す?)や、
あと700mでつながるはずの国道445号線建設など、
中途で止まっているダムがらみのハード事業もあるし、・・・

・・・などと、マイナス要素や課題を言い出したら切りがない!
しかも、それぞれ根強いだけに、一朝一夕に変われない!解決できない!
(課題を解決すべく変わろうとか変えなきゃと思ってる人が
どこまでいるのか・・・そもそもそれも不明?)


だけど、それを越えるプラスの要素もあると思うんですよね。
最近の五木村には。


去年春にできたシルバー人材センターは活発に活動してて、
生き甲斐作りや小規模ながら産業作りにつながりつつあるし、
行政と補助金頼みながらも味噌加工グループができつつあったり、
鹿肉解体が事業化?しつつあったり、
商工会員が加工品や特産品のブランド化や販路拡大に積極的な
取組みを展開していたり、
数年間停滞していた物産館出荷協議会が、県事業を受けて
「食の直送便」による通販を試行したり、
その中から、交流と滞在の拠点としての空き家活用が模索されたり、
「五木村ファンクラブ」ができて会員と五木とのつながりや交流が
生まれつつあったり、
昨年役場から独立した観光協会の体制基盤作りが少しずつ進んでいたり、
滞在型の観光・交流の仕組みを作るための取組みが、新たな
担い手のネットワークを作りながらじわっと進みつつあったり、
薬膳料理による食の付加価値作りが模索されていたり、
一部で課を横断する(「縦割り」弊害をなくす)行政事業が行われていたり、
行政による集落支援の取組みが手探りされていたり、
鹿児島や熊本市などからの観光バスツアーが増えていたり、
今まで通過点だった五木村観光が、「道の駅レストランで
バイキング(日曜のみ)、茅葺き民家で『五木の子守唄』」という
新たなパターンが定着しつつあったり(その次の展開を作る
必要もあるけど)、
山うに豆腐は変わらず積極的に展開し、新商品も開発されてるし、
松井製茶や五木豆腐なども20代30代の若手後継者が活躍中だし・・・


課題はどこでもありますが、
ダムがらみで目に見える、その部分だけクローズアップされるのもどうなんだろ。

私は五木村民ではないので、
私自身が知っていることもごくわずかでしょうが。
マスコミももっと深く取材してほしいし、報道してほしいなぁ。


どこでも何でもそうだけど、
いいことばかりじゃないですけど、
悪いことばかりじゃないってことですかね。

これからいい流れにつなげていけるかどうかは、地元次第。
最初から答えがあって、当然の結果として成功するなんてことはなくて、
成功か失敗か、勝つか負けるか、どっちを強く望むのか。
より強く望んだことが結果になっていく気がする。
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-18 23:42 | つれづれ話 | Trackback(1) | Comments(0)

9月末まで延長★熊本交通センター「五木村フェア」


熊本交通センターレストランでの
ランチバイキング『五木村フェア』。
行きださんうちに終わってしまった・・・

という残念な方に朗報です!!

大好評につき、9月末まで延長することになりました!!

b0125397_22172611.jpg

(バイキングコーナーの様子。熊本センターホテルHPより)

五木村物産館出荷協議会のおじーちゃんおばーちゃんたちが、
心をこめて大切に育てた野菜や加工品、
昔ながらの天日でじっくり乾燥させた掛け干し米、
石田さんが丁寧に育てた清流育ちのヤマメなどなど、
少量高品質の食材を使ったメニューです!

少量過ぎて、地元五木村の物産館と、「食の直送便」(今年冬に
五木村ファンクラブ会員向けに実施予定)じゃなきゃ、絶対手に入らない!

メニューの中には、協議会のおばちゃんたちがシェフにレシピ指導した
郷土料理もありますよ♪
その他にも、シェフが五木食材をアレンジしたメニューや、
太平燕や和洋中の定番バイキングメニュー20種もあります。

あと、ちょっとだけ、販売コーナーもあります♪

この機会に、ぜひ足をお運びくださいね!

--------------------
★好評につき期間延長★
五木村フェア(ランチバイキング)開催 

●期間:9/1~9/30
ランチタイム 11:00~14:00

●場所:熊本交通センターホテル3階
レストラン「DINING BAR 桜」 
熊本市桜町3番10号
TEL096-326-8833(レストラン直通)
アクセスこちら

◆和洋中35種類以上
◆時間無制限
◆ドリンク13種類以上

◆料 金 
大人1000円 
子ども500円(2才~小学3年生まで)

10名以上は団体予約も可
--------------------

詳しくはこちら

11:30まで、または13:30以降に来場された方が使える、
100円割引チケットもあるそう。
こちら

・・・ということは、大人1,000円→900円に!?
あの多彩なメニューでこの価格は、絶対お得です!!
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-18 22:18 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

五木で空き家活用+古民家再生(1)

去る9月11~12日の2日間、「五木のお宿づくり」と題した
空き家再生プロジェクトが開催されました!

b0125397_1758407.jpg


これは、五木村振興基金を活用した農林業振興のための
県事業の一環で、地元の築100年以上という空き家を
交流や滞在のための場として活かせないか・・・?ということを
考える & 実際に補修作業に参加する・・・
というイベントでした。

b0125397_1834358.jpg


参加したのは、五木村ファンクラブ会員有志10名。
熊本市、植木、東京、人吉、山都町、福岡・・・と各地から集結した、
なかなかディープな五木「ファン」たちです。

そして、物産館(道の駅)出荷協議会の皆さん、
村の大工、上村工務店の上村さん、役場の皆さん。

11日(土)は、役場集合後、空き家のある宮園地区へ。

樹齢500年の大銀杏の下で、
出荷協議会の岩本会長(右端)が歓迎のご挨拶。
夜の懇親会準備を引き受けて下さった会員のお母さんたちのご紹介のあと、
一行は川辺川沿いを歩いて現場へ。

b0125397_18221864.jpg


この辺りは、大銀杏も、ふるいお堂や神社も、川辺川も、小学校も、
分校みたいな木造の中学校も、川辺川も田んぼも古い家も石垣も・・・
全部そろっていて箱庭みたい。
道沿いのお花もきれいです。

さて、目的地の家は、
岩本さんのおばさんが2年前までお住まいだったという家。
大きな太い梁は、濃いあめ色に燻されて、
縁側の納戸も、囲炉裏も、仏間や押入れも、
古い造りが結構残っています。

b0125397_18401784.jpg


補修が必要な箇所をチェックした後は、早速作業開始です。

古くやぶれた障子紙を大まかに剥がし、
外に運んでスポンジできれいに洗います。

男性は、奥の間のビリビリに破れたベニア板の壁と天井を剥がし、
トイレへつながる壁の打ち壊し。

b0125397_18425120.jpg


あ゛ーー・・・・
もう後には戻れない・・・・(笑)


果たしてこの家はどうなるのか!?
そして2日のプロジェクトは、どのように終わったのか!?

続いてその(2)へ。


(五木村ファンクラブにまだ入会されていない方。
ぜひ入会されませんか?
会員限定のおもしろ企画やお得情報が、年4~5回村から届きます♪
詳しくはこちら
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-13 18:44 | 古民家宿「宮園のお宿」 | Trackback | Comments(0)

おみなえし。

b0125397_17214065.jpg


今日の五木は小雨。
雨の朝は特にひやり冷えます。

ご飯と目玉焼き、ブナシメジ入りお味噌汁、ニラの花の酢醤油漬け、ニラとじゃこの油味噌、鯛味噌(佐伯産)、ジギュウリとわかめの酢の物、キムチ…の朝食をいただき、再び離れの部屋へ。

旧道のそばに、今年もオミナエシが咲いてました。
台風名残の、風雨に揺れて一株。

夏ももう終わり。
もうすぐ秋ですね。
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-07 17:21 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

モチ×2プチ×2、もちとうきび。

b0125397_9225481.jpg


モチトウキビの季節になりました。

今年も茂さんの畑には、
時期をずらした第一期、第二期のモチトウキビが実を付けました。
一株に3本ずつ。まずまずの実の入りよう。

最初に食べた時、トウモロコシにモチとウルチがあると初めて知りました。
確かに、モチだ!
五木の在来種らしく、家によって黄色、白、ミックスとあるようです。

チユキさんがクドでゆがいてくれました。
初収穫、いただきまーす。
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-06 09:22 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

いつきちゃん、ねぎらい。


1日から始まった、熊本交通センターホテル3階、ダイニングレストラン桜での「五木フェア」。

大人1000円とリーズナブルなのに、多彩なメニューとあって、連日好評だそうです。

どなたか行かれた方、コメント下さいね!
ハンドルネーム可ですよ♪

初日のオープニング式典には、いつきちゃんも登場し、
テレビ取材に、来場者とのふれあいに、大活躍。

後日、五木村役場の片隅で休憩中のいつきちゃんを発見。
陰干しされ、次回出演に向けて充電中です〜。

b0125397_19245118.jpg


いつきちゃん、おつかれさまでした(^-^)
[PR]

by from_itsuki | 2010-09-05 19:24 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(1)