<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ぽーぽーの木、開花。


今は代替地になっている場所は、
昔は頭地地区の裏手の山腹に広がった畑でした。
下手のものもあったけど、
主には、田口と松本の人たちの農地だったと聞きます。

茂さんの5反ほどの農地もそこにあって、
柿の木や梅、お茶、
それに大きなぽーぽーの木もあったのだそう。

大きなぽーぽーの木は毎年紫色の実をつけて、
甘くておいしい実は、茂さんの好物だったそうです。

補償を受けて木を切り倒すのが忍びないと、
ぽーぽーの木の小さな苗を自宅庭に植え、早14年。

去年から、ようやく花が咲き始めてます!

b0125397_135524.jpg


昨年は、3つしか花が付かず、
実もならないままに収穫期が過ぎました・・・。

今年は、4月17日現在で40個の花が咲いています。

b0125397_161665.jpg


葉っぱはなくて、枝から花だけが咲きます。
まず、黄緑色の花芽?のようなものが出てきて、
それがだんだん濃い赤紫色になって、
すずらんのように真下を向いて咲くのが特徴です。

花はこんなふうになっています。

b0125397_175496.jpg


花弁は・・・6枚?

これだけ咲けば、今年は実をつけるのでは・・・?!と、
チユキさんと、期待しながら、見守っています。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-29 01:10 | Trackback | Comments(0)

ゆったり、五木温泉情報。

道の駅子守唄の里五木は、
三セクの「(株)子守唄の里五木」が運営している複合施設です。

物産館「山の幸」、
温泉と食事処「夢唄」からなり、
観光案内所、バリアフリートイレ、子守茶屋(松井製茶園)、
子守唄公園(茅葺き民家)が併設されています。

今日は、その温泉をいっしょにめぐってみたいと思います。



男湯と女湯は、
「内湯、リョーリィサウナ、岩露天風呂」と
「内湯、備長炭サウナ、切石露天風呂」とが
日替わりで交替します。

b0125397_20565380.jpg


こちらは、夜の岩露天風呂。
昼間は目の高さの山と空が、夕暮れ時は五木谷の夕焼けが楽しめます。

こちらは内湯。

b0125397_2142652.jpg


広いです。泡や電気風呂もあります。

b0125397_218026.jpg


サウナは、広くて清潔。
室内にテレビがあります。

b0125397_2181924.jpg


鏡面もたくさんあります。
椅子がまちまちなのですが、それもまた愛嬌です。
この裏にも同じようにあり、立って浴びるシャワーもあります。

b0125397_2185796.jpg


リンスインシャンプーと、ボディソープ、
石鹸が備え付けられています。
自分のお気に入りのシャンプーを持参するのもいいですね。

b0125397_2143152.jpg


泉質は次の通り。

◆泉温 30.1度
◆掘削深度 1,100m
◆pH値 8.02
◆湧出量 315L/min
◆ラドン濃度 0.38M.E/kg
◆泉質 単純温泉(低張性、弱アルカリ、低温泉)
◆効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器症、痔病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進など


脱衣所は、鍵つきロッカーと、籐かごの棚があります。
赤ちゃん用の脱衣台もあるので、
小さな子どもさんと一緒でも安心ですね。

b0125397_21455495.jpg


洗面台には、ドライヤー(無料)も備えられているので、
髪の毛も心置きなく乾かすことができます。
隣には、しぶい体重計もあります。

b0125397_21444563.jpg


100円で貸しバスタオルサービス(タオル・バスタオルセット)もあるので、
手ぶらで来て、そのまま立ち寄りもおすすめです~♪

【入浴料】
○大人       400円
○子供(小学生以下)200円
○3歳以下     無料
○70歳以上    300円

【回数券】
5回分 1,500円

【定期利用券】
○1ヶ月 2,000円
○半年 10,000円
○1年 15,000円
※グループや子ども利用券もあります。
※70歳以上は、1ヶ月券1,500円
※70歳以上は年齢が分かる証明が必要

料金の詳細は こちら

道の駅に、温泉が併設されている例は
実はめずらしいのだそう。
400円でこんなに快適に入浴できていいのかしらというくらい、
さっぱりしていて気持ちよいです。

しかも、それほど混んでいないので(それはそれで問題ですが)ゆったり入れる!

新八代駅から1時間、
東陽交流センター「せせらぎ」から40分、
大通峠から20分、
人吉ICから40分、
五家荘緒方家から30分、梅ノ木轟の吊り橋から45分。

さー、あなたも五木温泉へ行ってみましょう!


■道の駅子守唄の里五木 五木温泉「夢唄」
営業時間 11:00~21:00 (火曜定休)
熊本県球磨郡五木村甲2672-5
TEL0966-37-2101 

道の駅五木の物産館、レストラン営業時間は こちら
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-27 21:52 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

スイカ、バジル。4月半ばの畑。


夏野菜の準備ということで、スイカとバジルの苗を買いました。
バジルは、もちろん私のリクエストです。
スイカも、つまり私のリクエストです。

チユキさんと茂さん(と私)の話し合いの結果、
今年は家に近い場所に植えることに。
カラスから収穫を守るため、目の行き届く場所になりました。

b0125397_252056.jpg


バジルは、ニガウリが植わる予定地の隣に。

b0125397_282032.jpg


ここが、5年前まで荒地だったなんて思えない。
隣の家が移転した跡地を、茂さんが日々少しずつ開墾されました。

竹で作った簾を斜めに立てかけて、
茂さんがスコップで土を簾に投げて、小石と土と
ふるいをかけられているのを見たとき。
テミ一杯に畑から拾われた、2cmほどの小さな石を見たとき。

なんと気の遠くなるような手間を経て、畑の土が作られるんだろうかと
大きな衝撃を受けました。

茂さんの言われる、土には先祖の汗が詰まっているとは、
こういうことなんですね。

b0125397_210022.jpg


今日はいい天気ですね。

b0125397_216228.jpg


畑を見渡せるこの場所は、
セメントがひんやりしてて、涼しい風の吹く
茂さんお気に入りの場所。

元の水没予定地、国有地だけど、
国や村が整備するのを待っていたら、
体が弱って畑ができなくなりそうだし。

畑が、随分広がりましたね。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-25 02:19 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

川辺川で水生昆虫教室。


たまに、川辺川できれいな石探しをします。

川辺川(の五木村エリア)には、いろんな色の石がたくさんあって、
水に濡れると、なんだかとってもすごい高価な石みたいにキラキラします。

赤い石、白い石、緑色の石、茶色の石、黄土色の石、
灰色に緑色の線が入った石、まだら模様の石・・・。

どこの川でも、あんなにきれいな石があるのかな?
最初に見たとき、カラフルな石が一堂に会しているのですごくびっくりしました。

で、家に持ち帰ってポケットの中から渇いた石を取り出すと、
意外に、普通の石になってたりするんですよね。(笑)
濡れた方がきれいなので、水槽に入れるといいのかも。

さて。

去る4月17-18日、五木村宮園地区を舞台に
リバーツーリズム 川辺川三昧」が開かれました。
五木村観光協会が主催。
開会式と、初日午前中の水生昆虫教室だけ、参加しました。

b0125397_10531085.jpg


開会式司会は、観光協会の島巻さん。
知る人ぞ知る、スゴイ方です。
五木にヤマメ釣りに来る方なら、島巻さんのブログは必見です。

開会ご挨拶は、和田村長と観光協会長。

b0125397_11581446.jpg


和田村長のご挨拶も、良かったですね~。
五木村ファンクラブに入って、五木村を応援しましょう!!

観光協会長は、五木屋本舗の橋本社長さんです。

b0125397_1104773.jpg


山うに豆腐、いつもおいしくいただいております。


初日午前中のプログラムは
刈田敏三先生による、水生昆虫教室。

これがおもしろかった!!
地元の子どもたちも楽しめるなーきっと。

まずは、刈田先生撮影、編集の美しいDVDで、
川の中の昆虫たちの日常についてレクチャー。

これが、本当にすばらしかったー。
昆虫にはほとんど興味の無い(むしろ苦手)な私でも、
川の中で繰り返される虫たちの暮らしに
水生昆虫を見る目が変わりましたねー。

レクチャー後は、さっそく目の前の川辺川へ。

b0125397_1124611.jpg


場所は、宮園橋の真下。
天気にもめぐまれ、川辺川川原に観察台を設置し、
刈田先生が網を持って昆虫を採取。

b0125397_1150060.jpg


水生昆虫の種類から、川の汚れや環境が分かるんですね。

b0125397_112992.jpg


次々と昆虫がとれます。
こんなにいたんだ!

b0125397_11295930.jpg


レクチャーがなければ、この昆虫たちも
これまでの私なら「ギャーッ!」(楳図かずお風)・・・だったと思いますが、
レクチャーのおかげで、ちょっとだけ平気になりました。

川辺川や梶原川でゴロっと石をひっくり返すと、
小さな虫がいたりします。

岩と岩が重なり、間に隙間のある川原は、
昆虫にとっては快適な高層マンション状態。
急な流れを避けながら、岩間に虫たちが棲んでいるのだそう。

b0125397_11341256.jpg


なんで川の中にクモの巣が・・・?
としか思っていなかったこんなものも、
流れてきた小さな落ち葉や有機物をひっかけて食べるために、
水生昆虫が作った網だったんですね。

宮園の橋の下には、イワツバメの巣がたくさん!!

b0125397_11374965.jpg


川辺川の生態系の豊かさを感じます。

この後のイベントも盛況だったそう。
島巻さんのブログや、五木村観光協会ブログでお楽しみ下さい。


水生昆虫ってなに?という方へ・・・。

ウィキによると

水生昆虫(すいせいこんちゅう)とは、
生活史の少なくともある部分を水中、ないしは水面で生活する
昆虫のことである。
川のものは川虫などともよばれる。

タガメ、ゲンゴロウ、トンボ、ゲンジボタルなど、なじみ深い昆虫が多いが、
最近の水環境の悪化のため、絶滅の危機に瀕しているものも多い。
また一般にはあまりなじみがないが、カゲロウ、カワゲラ、トビケラ、
ユスリカなどの幼虫も水生昆虫の主要メンバーで、
特に河川の中上流域などでは動物群集の個体数の大部分を
これらの昆虫が占めている。


・・・とのこと。
え!?絶滅の危機!?
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-24 11:43 | Trackback | Comments(2)

五木ふるさと新緑祭り、見所。

b0125397_1924838.jpg


えー…少々ぐったり気味ですが、
たまたま無風状態なので仕方ありません。

このこいのぼりは、
五木村ファンクラブ会員さんや村内の方から寄贈されたもの。

昨年5月の新緑祭りでは
五木谷の薫風の中、
元気過ぎるくらいにたくましく泳いでいました。


今年の五木ふるさと新緑祭りは、5月8日〜9日の週末。

今年は、童謡の歌声ひびくコンサートだけでなく、
体験できる企画も予定されているのがポイント。

去年ちびっこたちに(いや、むしろお父さんに?)人気だった
流れのある水路を使ったヤマメ釣り堀も、再登場。
釣った魚は、その場で焼いて食べられます。
こちらは五木村森林組合若手による「五木村林研クラブ」主催で、
水源の森を守る、気は優しくて力持ち〜なおにーさんたちです(多分)。

五木の元気なお年寄りによる
新茶の釜炒り、茶揉み体験は、
かつては村のあちこちで見られた光景。
五木村シルバー人材センターのばあちゃん、じいちゃんたちの
「昔取った杵柄(きねづか)」に期待してます。

7日に予定されている「チェーンソーアート」は
アートとエコ(間伐材活用)とものづくりの楽しさと、
三拍子揃ったすぐれもの。
日韓ワールドカップでカメルーン選手村となった
あの大分県中津江村より
チェーンソーアートクラブ中津江村の永瀬さんが、はるばる実演にやって来られます。

その他物産市や伝統芸能の太鼓踊りなども予定。
会場は道の駅子守唄の里五木周辺です〜。

家族連れで遊びに来てくだいなー。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-23 19:02 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

びゃーどんの墓参り。

b0125397_18123872.jpg

彦一さんは八代の人、
吉四六さんは大分の人ですが、
びゃーどんこと木野兵衛門は、五木に実在したとんち名人。

茶の実を城に献上せよとの相良の殿様の命に、
お年寄りを連れて城に上がり、
「これぞ五木の茶ぁ飲み」と説明したところ、
殿様もそのとんちに「あっぱれ」と褒美をつかわした。

…といったとんち話が
五木にも伝わっています。

五木でおもしろい(?)のは、
リアルにびゃーどんの子孫が分かってるという点でして、
チユキさんのモトイエ(実家)の木野家こそその末裔。

下の溝ノ口薬師堂そばにあったびゃーどんの墓は、
今は頭地代替地南側の墓地の一角に
静かに祀られています。



祈 五木の地域振興。
祈 五木の住民自身が選び取り、切り開く村の未来。

びゃーどん、雲の上から見守っててね。
合掌。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-23 18:12 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

確か、山菜づくし。



先日五木に泊まった際、
お世話になっている知り合いご夫婦のお誘いで、
ご自宅に飲みに遊びに行きました。

奥様は料理がとっってもお上手で、
いつも超おいしいものをいただいてばかりです・・・。
最近は山菜責めがブームだそう。

ご主人はまたいつもおいしいお酒を飲ませて下さる方で
つい夜更けまで飲み過ぎてしまいます、、
今回も、そろそろ寝なければとお開きになったのが
深夜3時過ぎで、
結局泊まらせていただくことに。

b0125397_1182256.jpg


本日のメニューは、
サドの油炒め
フキの佃煮
ヤマウドの茎の山椒味噌
タケノコと卵と鶏肉炒め

んー確か、そのほかにもいろいろ。
まだありましたが、酔ってて思い出せない…。

季節に季節の恵みを楽しむっていいもんですね。

自分で探して収穫して調理するって、
シンプルなのにどうしてあんなに楽しいんですかねー。
体験型観光も含めて。
ものづくりが持つ本来の楽しさと、
狩猟採集民時代の遠い記憶が蘇って、アドレナリンが出るんですかねー。

さて。

お酒を飲みつつ、
五木の将来のこと、
ダムのこと、役場のこと、
下の暮らし、代替地の暮らし、
道が通ってない頃の下梶原(仕事で尋ねると大歓迎を受けた話)、
茂さんのお父さんがいかにすばらしい方だったか、
お堂のこと、
古いダンナ家のしきたり(若水さんなど)、
恋愛と結婚(?)…など

話は尽きず。
夜は更け…。


今の50代後半以上の方たちは
五木ならではの
今は見られなくなった古い風習や山の暮らしなどについて、
記憶に留めている最後の世代で、
それからさらに80代以上の方たちとなると、
生涯を通して山の暮らしや社会の変化を体験した世代。

この60年、70年ほど、
村が大きな変化を経験したことはなかったのではないでしょうか。

私が知ってるのなんて、
本当、氷山の一角みたいなもんですね…。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-22 19:48 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

五木村でご当地キューピー。


ご当地キャラクターものはいろいろありますが、
以前紹介して人気だった「五木の子守唄キューピー」(¥525)。

b0125397_12175227.jpg


観光協会カウンターでは売り切れましたが、
道の駅子守唄の里五木の物産館、温泉センターには
ちゃんと並んでいますよ。

先日物産館に行くと、
熊本のご当地キューピーのコーナーがありました。

一部ご紹介します。

まずは、おてもやんキューピー。

b0125397_12505187.jpg


「おてもやん あんたこの頃 嫁人りしたではないかいな」で始まる
熊本の民謡です。
歌詞を調べてみたら、なるほどこんなだったのかー。 
ページ最後の、東京弁(標準語)訳がおもしろいですね。

続いて、阿蘇山キューピー。

b0125397_13304830.jpg


・・・これって・・・どうなんでしょうか?
顔出しパネル?

続いて、加藤清正キューピー。

b0125397_23583070.jpg


加藤清正は、16~17世紀の武将で、
肥後細川藩の初代藩主です。
秀吉の部下として朝鮮出兵に参加した際、
虎退治とか、セロリ(別名「清正人参」)を持ち帰ったとかの伝説もあります。

QPながら、兜を忠実に再現されてるようです。
これなら歴女も納得では?

ゆるキャラ(?)清正くんより、私は好きですね。


その清正君が住んでいたのが、
熊本城。

b0125397_052011.jpg


熊本城キューピー・・・どうなんでしょう?
阿蘇山キューピーよりひどい。
お城が茶色というのは、実物と差があるような?

しかし、実物の熊本城はすてきですね。
やはり熊本市の最大のシンボルです。


続いてはビミョー度の高い、
せんばたぬきキューピー。

b0125397_032650.jpg


うーん、どうなんだ~っ!?
女子はどん引きするのでは?
キモかわ?・・・かわ??

さすが手毬唄に登場するだけあって、
肥後手毬を小脇に抱えてます。

「あんたがたどこさ」に登場するせんばたぬきですが、
船場(せんば)という場所は実際に熊本市内にあり、
路面電車のバス停にもあります。
船場橋付近には、ブロンズのたぬき、銀色のたぬきなど、
いろんなたぬきが立っています。
郵便ポストの上にもいます。


さて、熊本市内から少し北上し、
続いては植木すいかキューピーです。

b0125397_08105.jpg


熊本県は古くからスイカが生産されており、
今でも全国一、二を争うほどの生産量。
植木インターを降りると、
道路端でスイカを販売してるトラックをよく目にします。

スイカ、大好きです。

先週、人吉のクニマルで購入したスイカの苗を、茂さんちの畑に植えました。
夏が待ち遠しいです。


最後に、天草四郎キューピー。

b0125397_0153694.jpg


これはokラインですね。
かわいい!!
しかし誰かに似てるなー・・・ハイジ!?


その他、辛子蓮根キューピーもいます。
ご当地加トちゃん、ご当地なんとかもっこり(品が無さすぎ)、
ご当地キティちゃんなど、ご当地ものはいろいろありますが、
キューピーだったら買ってもいいなぁ。

道の駅五木物産館に寄られたら、
ぜひ探してみて下さいね!
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-21 13:37 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)

放浪の旅人、ちびじいの思い出。

b0125397_2126034.jpg

(2010年4月17日)

昔むかし、時折五木村にやってくる
「ちびじい」と呼ばれたおじいさんがいました。

ちびじいは、体が小柄で、
人吉からか、八代からか、五家荘からか、
何年かに一度、ふらりとやって来ると、
田口の観音堂に住み着いて、
しばらくすると、またどこかへと去って行くのでした。

田口観音堂の隣には大きなイチョウの木があって、
お堂の前の広場は、子どもたちの遊び場でした。
小さな子どもも「ちびじい、ちびじい」と呼んで
親しんでいました。

ちびじいは、村の人の手伝いをしたり、
ちょっとした修理をしたりしては、
そのお礼に小豆や野菜などを分けてもらってました。
五木にいる間は、自分でそれを煮炊きをして、
暮らしていました。

ちびじいは手先が器用でした。
ある時は、田口の隣の溝ノ口地区にあった
お薬師さんの手が折れていたのを、
上手に継いで修理したこともありました。

昔は、ちびじいのような、
村むらを放浪して歩く人の姿を見かけることが
度々ありました。

「ザッツ」とか「ケギュどん」と呼ばれた、
盲目で琵琶を引きながら平家物語や民謡を唄う男性や、
「ゴゼさん」という、三味線を片手に家の角かどで唄を唄う
盲目の女性芸人もいました。

ちびじいは、いつの頃からか五木に来なくなり、
代替地への移転と合わせて、
溝ノ口薬師堂もどこかへと消えてしまいました。

人々の記憶からもだんだんと忘れ去られ、今では
80歳を越える田口地区出身の住民だけが、
ちびじいのことをおぼろげに覚えています。

昭和2年生まれの茂さんが、まだ子どもだった頃。
昭和10年頃の話です。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-20 21:26 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

GW後の週末は「五木ふるさと新緑まつり」へ。


どこへ行っても人、人、人・・・の5月の大型連休。

人ごみは嫌だ~!
連休に休みが取れない~!
ゆっくり五木で過ごしたい~!


・・・というみなさんに、朗報です。

5月8日(土)~9日(日)は、「五木のふるさと新緑まつり」へどうぞ!!

b0125397_9145147.jpg



---------------------

春を彩る新緑の山々。
眩しいばかりの新緑と五木の春を満喫してみませんか。

五木村では、山にはヤマシャクヤクやシャクナゲの花が咲き、
木々の若葉が眩しい季節となりました。
大自然の息吹きを感じてください。

『五木のふるさと新緑祭り』では
盛りだくさんのイベントや特産品等の販売、ヤマメの釣堀など
いろんな催しでお待ちしております。

プログラム予定

■プログラム(予定)
【5月8日(土)】
10:00 オープニング
12:00 正調 五木の子守唄 披露
10:15 五木東小学校 子どもたちの合唱
10:30 五木北小学校 子どもたちの合唱
11:00 チェンソーアート実演(チェーンソーアートクラブ中津江村
13:00 チェンソーアート実演(チェーンソーアートクラブ中津江村
14:00 橘フィルオーケストラ
15:00 もち投げ

【5月9日(日)】
10:00 正調 五木の子守唄 披露
10:30 伝統芸能「田口太鼓踊り」
11:00 ゴスペルグループ「デル・フィオーレ」コンサート
12:00 伝統芸能「下谷太鼓踊り」
12:30 正調 五木の子守唄 披露
13:00 いちごくらぶコンサート プロフィール
13:45 正調 五木の子守唄 披露
14:00 際田まみコンサート プロフィール
15:00 抽選会、もち投げ

その他、新茶の釜炒り体験、茶揉み体験、野点、ヤマメの釣堀、物産市、バザーなど。

<主催・お問合せ>
五木のふるさと新緑祭り実行委員会(五木村ふるさと振興課内)
TEL0966-37-2212

五木村観光協会
TEL0966-37-2611

※プログラムについては、変更する場合がありますのでご了承ください

※チラシはこちら(PDF)

---------------

紅葉シーズンと並び、一年で最高にきれいなこの季節。
山の新緑は、生き返るぐらい、きれいです。
新緑祭りだけでなく、大滝自然森林公園を歩いてマイナスイオンを浴びたり、
高塚山で、あざやかな広葉樹林の新緑の下を
のんびりトレッキングするコースが、個人的におすすめです。

お誘いあわせの上、ぜひご予定下さい♪
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-19 20:45 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(2)


熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera

画像一覧

おしらせ

◆福寿草登山の方へご注意◆ 現在、仰烏帽子山は、五木村元井谷登山口(第1登山口)、第2登山口まで車で通行可です。登山道が荒れているため一部危険な箇所がありますので、登山には十分ご注意ください。
◆便利なリンク集◆ 
> 道の駅子守唄の里五木(観光・物産)
> 五木村観光案内所Facebook
> 五木村役場
> 五木村商工会
> 五木村森林組合
> 古民家宿所「宮園のお宿」
> 五木屋本舗
> 五木とうふ
> 五木東小学校
> 五木中学校
> 人吉高校五木分校
★五家荘のことなら★ 
> 五家荘ねっと

最新のコメント

>mmkk1114さま ..
by from_itsuki at 19:43
☆こんにちは~♪ はじ..
by mmkk1114 at 13:11
ご来訪ありがとうございま..
by from_itsuki at 19:32
久しぶりの更新ですね。楽..
by 居候 at 07:08
かなり古いブログにお邪魔..
by とうりすがり at 18:13
今年はこの連休に五木に行..
by 五木の居候 at 22:58

検索

最新の記事

10月1日~31日 阿蘇ミル..
at 2017-10-07 21:55
熊本市で五木とうふ販売
at 2017-09-30 17:58
五木村図書館に新聞社記者さん..
at 2017-09-23 22:28
那須さんのあざやか小梅。
at 2017-09-15 03:45
タイ報告会/環境を守る物語の..
at 2017-09-12 15:46
(西日本)これが旬 川辺川の..
at 2017-09-10 00:03
五家荘の紅葉の空撮動画(ドロ..
at 2017-09-06 21:04
いつき苑のなすジャム、くねぶ..
at 2017-09-02 12:03
五木村と炭焼き、2017夏の..
at 2017-07-24 02:53
五木村議会選挙が行われます。
at 2017-07-15 23:58

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

カテゴリ

全体
観光情報・お知らせ
五木の生活文化
五木の四季と自然
五木の特産品
茂さんちのまわり
仰烏帽子山
つれづれ話
五木村ファンクラブ
五木に泊まる
古民家宿「宮園のお宿」
五木の子守唄
五木村暮らしの便利帳
新聞・メディア報道
生活再建
アクセス
五木村周辺情報
五木のお店
茂さん語録
【お問合せ】
(番外編)アジアの里より

画像一覧

外部リンク

記事ランキング

i2iパーツ