「びゃー」をめぐる考察。


今日は仕事先に、五木村からお客さんが来られました。
私も連れて帰ってほしかったです、ハイ。
五木村に2月2日以来行けておらず、
禁断症状が出てます・・・プルプル。

前回茂さんちに行った際、
以前も紹介した「びゃー」の写真を撮ってきました。

b0125397_295510.jpg


小豆をアヤすのに使うわけですが、
この農具は標準語ではなんと言うんだろう??

・・・と思っていたら、岩手では「まどり」と呼ぶということが
書かれていました。

こちら

同じサイトに、「唐竿」が出てきます。

(少なくとも)関東方面では、「クルリ棒」というみたいです。
小豆や菜種を殻から外すのに使う農具で、
五木村で言う「ぶりびゃー」に似ています。

でも、ぶりびゃーは、柄の先についているのは
一本の棒ではなく、
複数の棒を、かずらや針金でいかだのように編んだもの。

前に茂さんちで使わせてもらったけど、
結構操作するのが難しい!

くるっと回転させて、
バシン!と打ち付けないとダメなんですが、
タイミングが合わないと、
ガコッと地面に打ち付けてしまい、
手元に振動が響く羽目に・・・いつか壊してしまいそうです。


ところで、「びゃー」って何??


頭地代替地の子守唄公園にある茅葺き民家には、
「ぶりびゃー」が『振り把柄』という説明書き付きで
展示されてます。

「把柄」→「びゃー」??

確かに、五木村では「ハエ(蠅)」のことを「ビャー」と呼びます。
光沢?のある銀蠅のことを「クソビャー」と言うらしい。
便所蠅というやつですね。言い得て妙!

しかし・・・、本当に「把柄」なのかな。

この「唐竿」「クルリ棒」のことを、
「振棒」
「回転脱穀棒」
「穂打ち棒」
「バタバタ」
などとも言うらしい。

「振棒」→「ぶりびゃー」ってことは
「棒」→「びゃー」??

・・・あり得なくない気がするけど、
ちょっと不自然?

ちなみに、クルリ棒の妖怪(!)にまつわる
中国の古い民話もあるらしい。

ときに、
「びゃー」や「ぶりびゃー」は古い農具みたいですが、
そもそも、現代の農家の方々は、
小豆や菜種を収穫する際、
何を使われてるんだろう?

我が家も小さい頃は、
祖母が田の畦に小豆を作ってた気がする。
収穫の際は確か木槌を使って叩いて、
殻と小豆を選り分けていたような気がします。

「びゃー」と木槌とどっちが使いやすいかな・・・

あまり重くなければ、
木槌の方が広い面積を叩けるし、
「びゃー」より効率良さそうにも思えます。


びゃーをめぐる考察は続く・・・。
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-26 02:36 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

グラデーション赤大根。


最近落ち着かなくて、
数少ない楽しみであるブログ更新も、
五木行きもままなりません。

そんな中、自宅畑の赤大根
(那須茶園さんが道の駅に出荷された種を栽培)は
ぼちぼちと育っています。

干し大根でも作るかと引っこ抜いたら、
あら、ピンク色。

やっぱり色が薄くなるのかーと思って別のを抜いたら、
今度は濃い赤。

ん?

もう一つ、抜いてみると・・・
今度は真っ白。

b0125397_19394578.jpg


・・・これは一体!?

切ってみると、さらに驚き。

赤い大根は、表皮から5mmだけが濃い赤い色です。

ピンク大根は、本当に表皮だけがピンク(薄めの赤)。

白は・・・普通のこぶりの大根みたい。

b0125397_19372450.jpg


元々花粉が混じって、濃いのと薄いのがあったのか、
畑の土のせいか、
元々、そういう品種なのか??

b0125397_19464111.jpg


とりあえず、少しだけ干してみることにしました。
寒干し大根の昆布漬を、作ってみたいです。

(もう寒くないけど・・・)
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-22 19:52 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(1)

独身男女向け★五家荘バスツアー(新八代駅発着)


b0125397_11495769.jpg

(五木村頭地から車で45分、五家荘の梅ノ木轟(とどろ)の吊り橋。2008年10月)

五木村のお隣の八代市。

自然豊かな山村文化の息づく五家荘(ごかのしょう)や
開湯600年の日奈久(ひなぐ)温泉、
生姜と石橋の里東陽、球磨川と棚田の坂本と、
実は多彩でおもしろい地域です!
過ごし方・楽しみ方を知ってる人なら、
きっと1週間いても飽きないはず・・・。

そんな八代の観光情報をゲットするには
八代よかとこ宣伝隊」と「五家荘ねっと」のサイトチェックは外せません!

五木村から車で30分の五家荘でも、
3月28日に、独身男女向けの郷土料理&散策バスツアーが
企画されているそうですよ。

五木・五家荘に移住して、この地域を盛り上げていきましょう!

以下、よかとこ宣伝隊のHPより。
--------------------------------------
五家荘料理体験ツアー

国内有数の秘境、五家荘で新しい出会いとともに郷土料理と工芸を体験してみませんか?
貸切バスで会話を楽しみながら、「五家荘自然塾」へ向かいます。

到着後は郷土料理や地元の素材を活かした創作料理作りに挑戦!
「五家荘宿の会」の女将さんたちの指導があるので、料理が苦手という方でも安心です。
また、みんなと作業を行うこと(共通体験)は互いの心を高めます。
作った料理はみんなで食べて、そこでも会話が弾みますよ!
その後は工芸室で五家荘の素材を使った工芸体験です。

最後に日本の名瀑百選の一つ「せんだん轟(とどろ)」を鑑賞。
落差70mの滝をお楽しみください。
また、滝壺まではしばらく歩きますので、そこでしか出来ない会話もあるかもしれませんよ。

お気軽にお問い合わせください!

【お問い合わせ・お申し込み先】
八代よかとこ宣伝隊
担当:橋崎
TEL 0965-31-8200
FAX 0965-32-2334
E-mail yokatoko-hashizaki@clear.ocn.ne.jp

参加要項 日時:平成22年3月28日(日)9:00~
集合場所:JR新八代駅
応募条件:25~40歳程度の独身の男女
参加費:男性¥3,000 女性¥2,000
定員:男女各12名 ※応募多数の場合は抽選になります
応募方法:電話・FAX・E-mail
     住所・氏名・年齢・性別・電話番号・アレルギーの有無をご記入ください
受付:平日 8:30~17:15
締切:3月18日(木)


スケジュール 新八代駅集合(9:00)⇒(ふれあいセンターいずみ)⇒五家荘自然塾
料理・昼食(11:00~)⇒工芸体験(14:00)⇒せんだん轟(15:40)
⇒新八代駅到着(18:00)
※スケジュールは天候等の条件により変更になる場合がございます。

b0125397_1152939.jpg

(梅ノ木轟の吊り橋から、真下を見たところ。2008年10月)
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-20 11:53 | Trackback | Comments(0)

福寿草と出会いを求めて・・・五木村独身男女交流イベント

オリンピックに通常のものと冬季のものがあり、
それぞれ4年越しに、つまり2年ごとに
どちらかのオリンピックが開催されている。

・・・ということを、つい先日まで知りませんでした。

皆さんはご存知でしたか?


さて、おととい夜からの冷え込みで、
五木村では山頂に白いものが積もっているそうです。

仰烏帽子山の福寿草は、
雪の中、埋もれてしまってるんでしょうか?

来週日曜日、2月28日に行われる
五木村交流イベント

いわば、
婚活トレッキングin仰烏帽子山です。

b0125397_0312387.jpg


役場HP
に掲載されているということは、
まだ追加募集されてるんだと思います。


あいにく私は、その日は仕事です。
日奈久の皆さんと、八女市福島に視察に行くのです。

やっぱり、一緒に苦労して山を登ると、
不思議な連帯感みたいなものが出てくるのかな・・・。

残雪の中、キラキラ輝く福寿草・・・
婚活という言葉も気になるところですが、
花を見に参加したかったですねー。
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-20 00:35 | Trackback | Comments(0)

初めてのゆべし。(五木村復刻版)


今日は福岡は雨でした。
今週は八代・球磨方面では荒天が続いたようで、
雷もなってたと聞きました。
川はどうかな・・・大丈夫かな。


さて本日、念願のゆべし作りをしました。


「ゆべし(柚餅子)」には、東北の胡桃入り餅のようなものと、
柚子釜に味噌を基本にした材料を詰めて蒸した後干したものとが
あるようです。

チユキさんに聞いたのは、後者。

後者のいろんなレシピによると、
味噌・砂糖・唐辛子少々は大体共通していますが、
小麦粉を多く入れたものや、いりこを入れたものなどもあるようでした。
また、材料を混ぜて一日置いてから詰めるという作り方もありました。


<今回の材料>
柚子 3個
こねぶ 1個(試験的に)
合わせ味噌 180gぐらい
砂糖
もち粉
小麦粉
すりごま
ピーナツ(砕いたもの)
柚子胡椒
みりん 少々
鷹の爪を砕いたもの、一味唐辛子 少々
柚子果汁 少々


<今回の作り方>
(1)詰め物の材料を混ぜて、中をくりぬいた柚子に詰めます。
空気を入れないようにします。

b0125397_213643.jpg


チユキさんによると、「なんでん入れよった」ということでしたが、
何でもと言われると、何がよいか想像ができないものです。
「キビなんかも入れよった」とのことでしたが、
タカキビもチャボキビもトウキビ粉もないので、
ウルチでなくモチ種であろうということで、団子粉で代用です。

甘くするか辛くするか、煮干など入れて惣菜風にするか、
各家庭でそれぞれの味がありそうですね。

この度は香ばしくするのに、砕いたピーナッツとごまを入れてみました。
レーズン入れてみてちょっと洋風にアレンジきかせるかどうか、
最後まで迷いましたが、この度は割とオーソドックスに行きました。(正解?)

干したコショウ(唐辛子)にいいのがなくて、
ハウスの一味唐辛子で妥協するのも悔しかったため、
冷蔵庫に残っていた五家荘の「隠れ里の柚子こしょう」を入れてみました。

b0125397_2175276.jpg


この商品の加工場の工場長さんに話を聞いたことありますが、
100%五家荘素材で大量生産もできないとのこと。
あの泉・五家荘の地形と、作ってる人の顔まで浮かびそうで、
わたしとしては、たいへん好印象の商品です。

先日、ローソンプラスでおでん買ったら、
和辛子か柚子胡椒か七味唐辛子かって選べるようになってましたが、
柚子胡椒もだんだん全国的に市民権を得てきましたね。


b0125397_21155248.jpg


さて、蓋部分が外れないようにすると後ほど便利ですが、
慣れてないので至難の業です。
お味噌類を詰めてると、ちぎれてしまいます。

「蒸すと中身が膨らんでくるので7~8分目まで」とレシピにありましたが、
欲の皮の突っ張った私は、8.5分目まで入れてみたところ、
後ほどあふれ出して無残なことになりました。

欲張らずに、せいぜい8分目にしておくのが美しく仕上がるポイント?です。

(2)続いて、蒸しに入ります。

b0125397_21204198.jpg


蒸し器に入れて、中火で40分間蒸します。

手前の丸いみかんは、こねぶ(くねぶ)です。
味噌が余ったので、「こねぶべし」も作ってみることにしました。

祖母より伝わるこの小さめの蒸し器を使ったところ、
予想より早く水が蒸発し、
この15分後にはアルミ鍋の底が真っ黒になるという
悲しい出来事が起きました。・・・

水がちゃんと入ってるか、注意しましょう。

蒸しあがったら冷まします。

b0125397_22494861.jpg



(3)それを干します。

b0125397_22522015.jpg


チユキさんによると、
このあといつもの天干し用の網に広げて
適当に干してから食べる、とのことでしたが、
今回は別のレシピにあった、てるてる坊主のようにペーパータオルで包んで
日影に吊るす方法をとることに。


干して固くなったら食べごろかなぁー。


薄くスライスして、クリームチーズとクラッカーに乗せたり、
チーズとキュウリと一緒にちくわに詰めたり、刻んでレタスに巻いたり、
レーズンバター風にしたり、衣をつけてかき揚げや天ぷらなど、
活字で読む限り、どれもお酒に合いそう。

・・・完成してもいないのに、すでに夢は膨張(暴走?)しています。


道の駅にたまに売っている市販品ではなく、
五木村・相良・五家荘周辺で、
ゆべしを家庭で作られる方、
家庭で作られたゆべしを食べられたことのある方。

ぜひ味を教えて下さい。
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-11 21:49 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

ぼよよん柚子ヒップ。


息抜き投稿です。

茂さん宅の裏手には、
柚子、きんこうじ、こねぶ(くねぶ)、ゆくり、ザイライ(茶)、柿、ダラノメ、カワバクショウなどいろいろ植わってます。

先日、またも柚子狩りさせてもらいました。

柿ちぎり用の竹ざおを手に、チユキさんとの共同作業。

収穫に失敗した柚子は、そのままゴロゴロと「たきもんのにき」
(風呂炊き釜の隣り)に落ちてしまい、
あとでナイロン袋を持って拾いに行く羽目になりました。


それではお待ちかね。

先日の、ザ・ベスト・オブ・柚子。

b0125397_14834100.jpg

[PR]

by from_itsuki | 2010-02-11 14:09 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

(日記)宅地造成後の配分のことであるが

宅地造成後の配分のことであるが、先祖代々の農地をとられ、農地を持っていた人たちは、山の片隅においやられた、としたらどうだらう、泣くにも泣けないざまだらう。

村長は代替地ができればいちはやく役場と学校を作ると言うて、おられるが、常識の有る人ならば代替え地提供者を優先に思うだらう

おぉくの人が住んでこそ役場も学校も必要なのだから、

村長は新しい村づくりをさかんに言うて、おられるけれども新しく家を新築しただけで、新しい村づくりになるのだらぅか、

給料生活者はそれでもよかろう、

農業者は農地を取られてなんで生活してゆけるのだらうか、

日雇い労働者に仕事がこれから先あるのだらうか、

今 同和と言う言葉が、さかんにつかはれているが、同和とは、はたしてどうゆうことなのだらうか、

水没者を裏切り、ろとおに迷まよわせて、同和を論ずる資格が、あるのだらうか、

自分達さえよければと言う心が見え見えである


(10~15年ほど前の尾方茂さんの日記より)

b0125397_955044.jpg


b0125397_9553675.jpg


写真=2007年7月17日、ゆくりを取る茂さん
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-11 09:56 | 茂さん語録 | Trackback | Comments(0)

(日記)一、新しい村作りとは

一、新しい村作りとは

一、生活はなにによってなされるのか

一、土地の配分については提供者優先で有ること。

一、これから先農地を売た人達はどうして生活して行くのか。

一、宅地造成五年、農地造成五年の間、農業者 日雇い労務者は
  なんで生活してゆくのか、仕事はあるのか。

一、生活の保証は何年を基準に保証しているのか。

一、


(平成8年頃尾方茂さんが書かれ、「建設省、村への私の言分」として整理されたメモより)

b0125397_1352398.jpg

写真=2009年10月3日移動販売車とチユキさん
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-08 01:36 | 茂さん語録 | Trackback | Comments(0)

集落とお堂と信仰(相良村中原編)


相良村の北端。

川辺川右岸側の山手に、
野原代替地、中原、岳という集落があります。

写真整理をしていたら、
2008年2月頃の中原地区のものが出てきました。


中原(なかはら、なかのはら)地区は、
地形的な雰囲気が五木の平野に似ているかも?
でも平野よりずっと標高が高い気がする。
(国道からの距離があるだけで、標高は同じくらいかも?)

少し開けた傾斜地に、田畑と数件の家があります。
地形も集落の構成も、五木村の多くの集落と似ています。


b0125397_0313617.jpg


集落の入り口には、庚申塔と薬師堂。
そばに大銀杏。

仰烏帽子の相良側登山口の近くの椎葉集落にも、
お堂と銀杏と庚申塔が建っています。

五木村の集落によくある、お堂・庚申塔・銀杏の3セットが
ここにもあります。


こういう集落に行くと、
グリーンツーリズムや民泊といったものが広がり始めている
現在でもなお、なかなか体験できない、
山での暮らしそのものを目の当たりにします。

一体ここで、どのくらいの長い歳月を
この地域の人達は過ごして来たんだろうなぁと・・・。

b0125397_0334421.jpg


このいい塩梅で冬の日を浴びてたたずむ庚申塔。
「寛延」の文字があるので、
建てられたのは1750年前後。

・・・ざっと250年前!

b0125397_0353126.jpg


お薬師さんです。
お薬師さんは山村では大事ですね。
昔はお医者さんがいなかったですから。

b0125397_03888.jpg


隣の石のお地蔵さんは、
彫刻のある木製の台座に鎮座されていました。

山下さんとは、近くの方でしょうか?
お花を供えられたんですね。

地域の方が地域のものを大事にされているのを見ると、
なんだか心がほっとします。
逆に、ぞんざいにされているのを見ると、
地域の共同体がなくなりかけているように感じて
見ていて心が痛みます。

そういう意味では、頭地のお堂がすべてなくなったのは
本当に心が痛みます。。。繰り返し思います。
地元の方たちの心情はいかほどかと思います。
あぁ・・・もしまだ残ってるんだったら、
お寺さんに言って形だけでも残せないものだろうかと思ったり。。。

この点について少しお寺さんと話したこともありますが、
仏像として価値があるかどうかというのは、
この際あまり関係なかったのでは?
村外へ郷土史家の方とも、沈痛な思いでこの件について
話したことがあります。

教育委員会、がんばれ!
文化財保護委員、立ち上がってほしい!
こういうことが繰り返されないように。

・・・

話が脱線しました。

さて。

b0125397_0394979.jpg


相良の山道で、ショウジョウバカマの群生を見つけました。


中原の近くに、以前は岳という集落がありました。
岳とか竹とか嶽とかいろんな字だったりします。

ダムサイトの調査のために穴を掘ったら水が出てきたので、
地すべり危険地区だからということになり、
全戸移転した集落です。
(現地には、水抜きのための、巨大な穴がありました)


以前、岳から村内移転した方の家に話を訪ねたことがあります。
ご自宅の庭の片隅に、祠があったので、
家の方に聞くと「与一の矢」を祀っているのだそう。

与一とは、平家物語の那須与一のこと。

元々、岳にあったお堂に祀られていたもので、
鉄の矢と鏡(?確か)が納められているとのことでした。


・・・!?

そういえば、
五家荘には、源氏方の那須与一の射った扇を持っていた
平家方の鬼山御前(玉虫御前)が流れてきて、やがて
与一の嫡男と結ばれて暮らした、という伝説が残っています。


さすがは九州山地。

そう易々とは理解しがたい、
もやのかかった伝説や言い伝えが今も息づいています。
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-07 11:20 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

婚活トレッキングin五木村。

b0125397_16175533.jpg

(茂さんちの庭のマユミ)

五木村主催による、独身女性と村内独身男性による第二回交流イベントが開催されるそうです。

夏に開催された第1回では、あいにくの雨天でしたが大滝や白滝散策、
コーヒータイムなどなど楽しい時間となったようです。

西日本新聞に掲載されると、福岡周辺からの申込みが増えて、
村内男性よりも、村外参加女性の方が多いほどだったとか?

五木の男性は、ちょっぴりシャイらしいので、
今回、仰烏帽子山トレッキングで一緒に汗を流して、
自然に交流を楽しめる機会となりそうです!

詳しくは、役場のふるさと振興課まで。
TEL0966-37-2211

以下、「五木村ファンクラブ」通信第7号より。

-------------
来る2月28日(日)、五木村において以前よりお知らせしておりました、第二弾五木村交流イベントを開催いたします。

村内独身男性と村内外の独身女性を対象に、今回は仰烏帽子山のトレッキングを通して福寿草の鑑賞、食事会など多彩なイベントが計画されております。気軽に参加できるイベントとなっておりますので、お知り合いの方などいらっしゃいましたらお声掛けいただけたらと思います。

詳しくは左記までお尋ね下さい。

(お問合せ先)
◎NPO法人水俣教育旅行プランニング TEL0966-68-9450
◎ふるさと振興課 TEL0966-37-2211

-------------
[PR]

by from_itsuki | 2010-02-06 16:18 | Trackback | Comments(0)