仰烏帽子山から九州脊梁の雲海を望む。


九州百名山の一つ、「仰烏帽子山」に上った知人から、
頂上から見たぐるりの眺望を送ってもらいました。
写真を継いであるので、320度ぐらいの眺望です。

(写真をクリックすると、拡大します)

b0125397_1254675.gif


八代方面、五木村の峰々、球磨盆地と遠くは霧島、韓国岳まで・・・。

私はまだ未登頂ですが、
年に一度は上る、という方も結構たくさんいらっしゃると聞きます。

ぜひ今年こそはチャレンジしたい山です。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-27 12:53 | Trackback | Comments(0)

五木の子守唄祭レポート(5)木遣り保存会


五木村は、面積の97%が森林なわけですが、
林業関係者も多くいらっしゃいます。

森林組合など林業関係者有志の皆さんも、
「木遣り保存会」も、木遣りと土搗き(どつき)実演を毎年披露されているそう。

そろいの黒いはっぴと、緑の作業ズボン(ニッカボッカと言うらしい)、
黒の地下足袋姿。白いハンチングが粋でステキです。

b0125397_21585118.jpg


行った子守唄祭初日は出番はなかったはずなのに、
すでに「やり遂げた~」感のある“飲み方”があってました。

初日の夕方には、恒例の「芋煮会」が。
芋煮会ってなんだろ??と思ってたら、
一人100円以上を寄付すると、里芋の入った豚汁をいただけるというもの。

b0125397_21515679.jpg


材料も地元の方が寄付されたのだとか。
大鍋の前には長蛇の列ができました。

ほくっとおいしく、体が温まります。

保存会のみなさんは、カッポ酒ですでに温まってます。

皆さん、いい笑顔です。
若手の方もいて、たのもしい感じです。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-22 13:37 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

五木の子守唄祭レポート(4)五木村ゆるキャラ「いつきちゃん」

(1)(2)(3)より続き。

今年の子守唄祭りでは、五木村の新キャラ「いつきちゃん」が初登場。
ゆるキャラとのことですが、ユルさ加減がビミョ~なのもまた一興。
ちびっこたちに大人気です。

b0125397_1329381.jpg


もちろん、背中にはあかちゃんを背負ってます。
ふかふかしていて、さわり心地がいいです。

b0125397_13301343.jpg


ステージでは、五木の子守唄披露、ライブやミニコンサート、文化芸能披露なども行われてました。

子守唄では、堂坂ヨシ子さん、川辺みゆきさんはもちろん、
沖縄のグループ「涼風」による三線演奏による子守唄や、
役場職員有志による子守唄も。

b0125397_13315827.jpg


職員の皆さん、毎週特訓を積んだというだけあって確かにお上手。
男性の歌う子守唄も、いいものです。

(5)へ続く。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-22 13:33 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(4)

五木の子守唄祭レポート(3)アピオス、マーマレード、いつき焼


(1)(2)より続き。


五木には、在来のいもがあるらしく、
南米原産で最近食べられるようになってきたアピオスと近い種だそう。
そんなわけで、アピオスの栽培も始まっています。

b0125397_9492477.jpg


ふむふむ。
「ほどいも」と言われていたわけですね。

見本もあったけど、
細いツルに、コロコロと芋がつくのだそう。
試食もありました。
もちろんいただきました。

白い、ほくっとしたいもですね。

興味深く見ていたら、試食にとアピオスまんじゅうを食べさせてくれました。

b0125397_9505326.jpg


中のアンもアピオスかな?
甘くておいしー。


えー、ただし書きによりますと

「アピオスは『インディアンのスタミナの源』と言われたマメ科の植物で、非常に栄養価が高い食品です。
ジャガイモの30倍のカルシウム、鉄分は4倍、エネルギーは2.5倍。サツマイモの3倍の植物繊維、他のイモにはないビタミンEも含まれています。」

どんだけ健康!(笑)
あとは、おいしい食べ方ですね。

ヤマイモのむかごみたいに、塩でゆでたり、バターや油で炒めたり、揚げたりするといいらしい。
同じ熊本の三加和(和水町)が、アピオスそーめんとかも作ってましたよね。
レシピがいろいろあるといいなぁ。


つづいて、「くねぶマーマレード」(¥600~800)

b0125397_9563056.jpg


いつき焼の永尾さん夫妻が販売されています。
もちろん、無添加手作り。

「くねぶ」は、カボスと柚子の間みたいな風味の、五木の在来の柑橘類です。
これからシーズンです。
皮を薄くむいて、醤油をかけて酒の肴にしたりする・・という話を聞いたことがあります。

マーマレードは、毎年永尾さんから買ってます。
甘すぎないし、すっぱすぎないので、
トーストに塗ったり、ヨーグルトに入れたり。
レア物で、本当においしいです!売り切れご免。


隣りには、いつき焼もいろいろ並んでます。

b0125397_1021064.jpg


永尾忠次さん、まさ子さんご夫妻は、めっちゃいい方です!
器も、いつき焼のその名の通り、素朴であたたかみがあるデザイン。
手に取ってみると軽くて使いやすいです。
私も職場のカップはいつき焼を使わせてもらっています。

なお、いつき焼では、オーダーメイドの焼き物も作って下さいます。
この度、日本酒用の片口をオーダーさせていただきました。
かなり完成が楽しみです。


そして、アユとヤマメの塩焼き。(¥400)

b0125397_10114686.jpg


アユは、
上村工務店さんがまな板やせんたく板の隣りで、
商工会青年部さんがちょうちんの下がった手作り屋台にて、
2ヶ所にて販売。

ヤマメは、
石田養魚場さんが販売されてました。
22日からは、道の駅五木さんが物産館前でも販売されるとか?

リーズナブルな価格なのは養殖だからですが、
川辺川の清流を引いた養魚場で育ったアユとヤマメなので、
味は保証つき。
私は2尾、食べました(食べすぎ?)。


(4)へ続く。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-22 10:17 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(2)

五木の子守唄祭レポート(2)赤大根や国産にんにく

(1)より続き。

今年の子守唄祭りでは、一部道路を歩行者天国にして、
さまざまな物産が並びました。
(五家荘方面へは、頭地代替地の役場前道路に迂回して、通行できます)

b0125397_9294023.jpg


生シイタケ、五木茶、梅干、赤大根(赤カブ?)、小豆、塩漬けワラビ、唐辛子(粉・乾燥)、アピオス、にんにく、トマト、手作りコンニャク、手作りチーズケーキ、くねぶマーマレード、いつき焼、ヤマメ・鮎の塩焼き、焼酎、生ビール、甘酒、古布雑貨、かずら細工、木工、いなり寿司、山ウニ豆腐、緑屋本舗の醤油など、花や鉢物、バザー、農機具、メガネ・・・などなど。

五木産のものがたくさんです。

道の駅物産館、松井茶園(物産館隣り)、五木久領庵も通常営業中です。
松井茶園の栗饅頭(¥100)は、絶品です。


さて、物産コーナーの様子を紹介します。

b0125397_9345565.jpg


赤大根です。赤カブっぽいです。
試食もあります。
なお、このブログで紹介していた「出ル羽(いずるは)の赤大根」とは別物だそう。
「出ル羽」の赤大根は、こんなに大きくならないらしいです。

b0125397_936886.jpg


片隅にあった、ツルウメモドキ。
¥500です。
飾り用に買っちゃいました。
お店のおじさんも、やさしい人でした。

b0125397_9384754.jpg


五木では近年、にんにく栽培を奨励しています。
小ぶりですが、とっても安いです!
国産にんにくがこんなに安くていいんでしょうか。
茎付きのもあるので、飾りにもいいですね。

くさくないにんにくもあり、試食もあります。
いただいてしまいました。


(3)へ続く。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-22 09:43 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

五木の子守唄祭レポート(1)田口太鼓踊り


今年、初めて五木の子守唄祭りに行って来ました。
まだあと2日、11月22日~23日も開催されますので、
本日の様子をレポートします。

b0125397_21192863.jpg


プログラムにある通り、今日午後は田口太鼓踊り保存会の皆さまによる
田口太鼓踊りの披露。
茅葺き民家(子守唄公園)前の広場で、20名ほどの方々が
鐘と唄に合わせ、太鼓を叩きながら円を描いたり、歩みを止めたり、
掛け声をかけたり。

今回見たかったものの一つなので、間に合って良かった・・・。

衣装がちょっと珍しいですね。

b0125397_21262025.jpg


上衣は、節句幟をリサイクルしたもの。
まとまって踊ると色が華やかで、見栄えがします。

下は・・・どうなってるんだろう?
短パン?スパッツみたいなの?袴?
どなたかご存知なら教えて下さい。

頭の帽子も素敵です。
馬の尻尾の毛じゃなかったかな。

五木村との村境にある、五家荘の久連子(くれこ)地区には、
久連子古代踊りというのがあり、その帽子にも似ています。
ただし、シャグマと呼ばれるこの帽子、久連子では、県天然記念物の久連子鶏の尾羽を使っています。
(久連子鶏は、久連子古代踊りの里で見ることができます)

人吉や球磨郡のいくつかの太鼓踊りは、大きな飾りのついたかぶとですよね。

それから、きゃはんとわらじ。
ピンクや黄色のたすきをされてる方もいました。
昔は女性は踊らなかったそうですが、今は女性もいらっしゃるようですね。

知り合いがいたら声をかけようと思ったんですが、
誰が誰やら、判別つかず。。。

もっと近づいて、見てみたかったのに!
観光客向けのデモンストレーションとして、踊りの解説もほしいなぁ。

元々は、頭地地区の田口集落で踊られていたものだそう。
現在では、頭地代替地全体の有志で保存会が作られ、受け継がれているそうです。

22日、23日もあります。


(つづく)
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-21 21:42 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(2)

今年は3日間開催☆2009年第21回五木の子守唄祭

b0125397_163216.jpg
第21回を迎える「五木の子守唄祭」が11月21日~23日の3日間、子守唄公園周辺で開催されます。
 「自然が奏でる子守唄の里・五木」から、日本の心をおとどけします。
 「正調 五木の子守唄」や伝統芸能等の披露や村内小中学生による子守唄披露、ゲストには、大庭照子さん、DOYO組さん、星野ひな子さん、西岡はるみさんを迎え、多彩な催しを予定しております。
 ぜひ、日本の心、子守唄を聴いてみませんか?多くの皆様のご来場をお待ちしております。

開催日:平成21年11月21日(土)、22日(日)、23日(月・祝)
会 場:子守唄公園周辺(五木村頭地 道の駅子守唄の里五木周辺)

お問合せ先
五木の子守唄祭実行委員会事務局(五木村役場ふるさと振興課内)
TEL 0966-37-2212

------------------------------------------
★☆ プログラム ☆★(変更になる場合もあります)

<21日(土)9:00~15:00は五木中学校文化祭同日開催!>
★11月21日(土)========================
10:00 オープニング
10:30 子守唄披露(川辺みゆき)
11:00 文化披露(日舞愛好会・大正琴愛好会)
13:00 子守唄披露(堂坂ヨシ子)
13:30 伝統芸能(田口太鼓踊り)
14:00 芸能披露(大庭照子)
15:30 子守唄披露(川辺みゆき)
16:00 いも煮会
17:00 芸能披露 涼風(沖縄民謡)
18:30 花火大会

★11月22日(日)========================
10:00 子守唄披露(東小学校・北小学校)
   遊戯披露(中央保育所)
   子守唄披露(五木中学校)
11:00 伝統芸能(下谷太鼓踊り)
   文化披露(太極拳愛好会・三味線愛好会・子守唄保存会)
   子守唄踊り披露(子守唄踊り)
12:00 子守唄披露(堂坂ヨシ子)
12:20 いつきちゃん命名表彰
   川崎のぼる先生トークショー
13:00~15:00 川崎のぼる先生サイン会
13:00 御輿披露(婦人会 友情出演)
13:30 芸能披露(関島秀樹)
14:30 木遣り実演(木遣り保存会)
15:00 芸能披露(西岡はるみ・北海太郎)
16:00 土搗き実演(木遣り保存会)
16:30 子守唄披露(川辺みゆき)
   餅投げ

★11月23日(月・祝)========================
10:30 子守唄披露(下村和子)
11:00 キャラクターショー(JINクマレンジャー)
11:30 五木の子守唄大会
13:00 子守唄披露(堂坂ヨシ子)
13:30 芸能披露(DOYO組・星野ひな子)
15:00 餅投げ

【伝統芸能】
地元に伝わる伝統芸能の魅力を、五木村から発信します。

【演芸披露】
五木を中心に活動している「夢太鼓一心」や、地元の子どもたちが踊りなどを元気いっぱいに披露します。

【木遣り実演】
遠い昔から受け継がれてきた林業の伝統の技が今の五木村には生き続けています。

【土搗き実演】
今年の子守唄祭りの成功と、五木村の益々の発展を祈念して行います。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-19 10:00 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

紅葉が見ごろ。白滝公園早朝散歩


五木村白滝公園の向かいにある、奥山体験の家もみの木に泊まってきました。

裏手の五木小川のせせらぎを枕に眠った翌朝は、
しんしんと冷え込む空気を吸い込んで、紅葉の白滝公園へ!

先日の雨で散り始めたとも聞いていましたが、
まだまだ大丈夫です。

b0125397_14393582.jpg


ちょうど熊本県の自然観察会が大滝周辺で開かれていたようで、
集合前に公園に立ち寄る家族連れやご夫婦もいらっしゃいました。

冬場、川は水も少なくなり、透明度が高くなります。
鍾乳洞の奥からこんこんと水が湧き続ける白滝鍾乳洞前の川は、
さらに透明度が高い!

b0125397_1448549.jpg


秋ですねぇ・・・。

鍾乳洞はいつも入っているので、今回は橋を渡って「白滝」へ。
橋を渡った向こう側は、旧道です。
今の小鶴トンネルができる前は、これが県道25号線だったそうです。

b0125397_14541853.jpg


いつも思うけど、この天蓋は人力で削ったんでしょうか?
自然のものでしょうか?
自然のものに後から人力で少し削ったんでしょうか??

天井の石灰岩から、水がポタリポタリとしたたっています。
先日の雨が滲み出てるんですね。

b0125397_14551988.jpg


このインパクト!
皆さんにお伝えできないのが残念です。

高さ70m、幅200mの石灰岩の絶壁です。
絶壁のくぼみには、松なども見えます。
あまり土がないはずなのに、がんばって根っこを張ってますね。

白滝公園に立ち寄った後は、「ぜひ」向かいのもみの木食堂へ。
手頃なお値段で、フードマイレージの少ない、地産地消のおいしい軽食や定食が食べられます。

b0125397_1571080.jpg


もみの木食堂
 TEL0966-37-7416 (火曜定休)
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-16 09:07 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

セクスィ~☆コショウ。


五木村あたりで「コショウ」と言えば、胡椒ではなく唐辛子のこと。
柚子胡椒も赤や緑の唐辛子を使いますけん。

今年もコショウがたくさん採れました。

b0125397_1352427.jpg


茂さんちのコショウは、お店で見るものよりも大ぶり。
今日は、軽トラの後ろでひなたぼっこ中。

よくある普通?の唐辛子より、こちらの方が辛くないそう。
種を取って植えて、また種を取って・・・と育ててきたらしい。

そんな中、キラリと光る一つを発見。

b0125397_13562356.jpg


なんとも艶めいたフォルム・・・。
せっかくなので記念撮影しておきました。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-05 13:56 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

11月1日、五木村最高峰 高塚山の紅葉


五木では、紅葉が山の上から徐々に降りてきています。

水上村との間にある五木村最高峰(1,508m)、高塚山の紅葉です。
11月1日現在。

b0125397_17424266.jpg


竹の川から車で40分。
白蔵峠近くを少し下った登山口から、尾根づたいに登山道があります。

登山口から見上げたところ。

b0125397_1743233.jpg


地元の人でもビックリの、すばらしい紅葉だったそう。

b0125397_17431889.jpg


b0125397_17433610.jpg


頂上付近は、その後の雨と風で散ってしまったそう。
県道45号線方面でも、平沢津から大滝方面へと、紅葉が降りてきています。

道の駅五木で、地元のお弁当やお惣菜を買って持っていくといいですね。
下山後は温泉へ・・・。

北にも東にも西にも南にも。
頭地がいい拠点になります。
[PR]

by from_itsuki | 2009-11-03 17:38 | Trackback | Comments(0)