壊れた板木の堰堤を見に行きました。


少し前の雨で、五木村板木地区の堰堤が壊れたと聞いたので、チユキさんと見に行ってみました。
板木ダムとも呼ばれているようです。

下手から車で旧道沿いに下ろうとしたところ、警備員さんによって立入禁止と言われてしまい、国道に上がって下谷代替地の先から降りようとしたのですが、そちらも警備員さんによって立入禁止。

よって、下谷トンネルの南側、板木の谷にかかった板木橋の上から見ることに。

b0125397_321761.jpg



上流側から川原の土砂の上に、工事用の道を作っていました。
水が抜けてしまったので、川底の土砂が見えてる状態なんでしょう。

b0125397_321241.jpg



右岸側のゲートと取水口が壊れているようです。
板木で取水し、ずい道を通して、下流の逆瀬川にある九電の川辺川第一発電所に流し、発電していたと聞きました。

b0125397_3214212.jpg



その、下流にある川辺川第一発電所を下流側から見たところ。


板木橋のたもとに、昭和56年の板木地区と堰堤の写真がはめ込んであります。
堰堤の上流側は、深い青色の水が湛えられていました。

発電所の近くに友達がいたので、小さいころチユキさんは溝の口から歩いてここまで遊びに来ていたそう。
移転前の旧道沿いに集落があった頃の写真を見て、「ここが○○さん、ここが○○さん、これが車庫でこれが茶工場」と、懐かしそうに説明してくれました。
[PR]

by from_itsuki | 2008-07-07 03:40 | Trackback | Comments(0)