カテゴリ:茂さんちのまわり( 53 )

夏へ向けて、春の畑づくり。

茂さんの畑、4月末現在です。

b0125397_22552049.jpg
(2011年4月26日)

↑クリックで拡大

春ジャガイモ、ネギ、センモトネギ(ワケギ)、
タマネギ、キャベツ、ニンニクなど。

これから、キビ類、ナスやニガウリ、ジギュウリなどの
夏野菜を蒔くそうです。

黒く見えるのは堆肥。
仕事で五木へ来られる宮崎の方が、
いつも堆肥を分けて下さるらしく、
茂さんがそれをせっせと土に入れられています。

b0125397_231164.jpg


石ヒライ中の茂さん。

Y家、K家と来て、現在3軒隣のK家跡地を
畑にされています。
大きな石も取り除き、
固いセメントもつるはしで砕いての作業。

代替農地が作られていないので、
畑を自分で開墾することが目的だそう。

毎日、気の遠くなるほどの数の石を拾い、
川べりの石捨て場まで運搬されています。

K家が移転された後に、ポツンと残っていた柿の木。
6~7年前の台風で倒れてしまいましたが、
横たわりながらも、今年も新芽を出しています。

「根っこんとこの、まだちいとはつながっとっじゃろ」

b0125397_235352.jpg


ジロウも、つぶらな瞳で畑仕事を見学中。

b0125397_23171739.jpg



表の庭先では、
ぽーぽーの木が育ちつつあります。

今の頭地代替地のところは、元は全部畑で、
茂さんの土地の隅に、柿やお茶のなどの木と一緒に、
甘い香りの濃い紫色の実を付ける
「ぽーぽーの木」なる大きな木があったそう。

そのおいしい実を再び食べられる日を夢見て、
茂さんは苗を移植して、現在育てられています。

b0125397_2393098.jpg


知る人ぞ知る、ぽーぽーの木。
独特の濃い香りで、実は空豆を大きくしたような形だそう。
3枚の葉が、垂れさがるように枝に付き、
葉よりも先に、枝から直接花が咲きます。

ぽーぽーの花。
今年は実を付けてくれるといいな。

b0125397_2315245.jpg


この日は、焼き肉をご馳走になりました。
茂さんちでは、五木豆腐も具として焼くのが
ポイントです。

b0125397_23184029.jpg


揚げ豆腐みたいに、表面がカリッとなって、
たれに付けて食べるとおいしいです。

このお豆腐、道の駅子守唄の里五木や、
五木久領庵1階売店、温泉センターコーナーでも
販売中。

数量限定なので、見つけたら即買いをおすすめします!
ずっしり重い1丁で、210円。
[PR]
by from_itsuki | 2011-05-14 23:23 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

ミニデコ、茂さんちに届く。

茂さんに、水俣のミニデコを送りました。
届いたとのことで、写真が届きました。

b0125397_17194058.jpg


うう・・・茂さんに会いたい・・・(涙)。
お元気そうで、良かったです。
パンジーの花もちゃんと育てて下さってます(苗提供)。

b0125397_17202294.jpg


チユキさんは、畑から帰ってきたところのよう。
先ほどの金だらいは、何に使ったんだろう?

縁の下で寝ていたジロウも起き出して・・・プルプルッ。

b0125397_17215052.jpg


袋の中身が気になるジロウ・・・くんくん。

ジロウ、あんぱんじゃなかっぞ。

b0125397_1723773.jpg


ジロウも一緒に、居間で一服。

b0125397_17243564.jpg


この時期の畑は、こんな感じ。
白菜の季節も終わりですね。
緑のネットは・・・何だろ?

b0125397_17255075.jpg

[PR]
by from_itsuki | 2011-03-06 17:26 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(2)

今年の小豆はわからん。


小豆の収穫が始まっています。


撒く時期の遅かったっじゃろ。
今年の小豆はわからん。ようない。
さやはほこっとばってん、中はいっとらん。

b0125397_21315528.jpg



第一次収穫分は、青いビニールシートで干して、
乾いたものからちゆきさんがアヤされていました。
昨日、おとといは雨。
ちゆきさんの、雨の日のお仕事でした。


鹿にやられて、手前の小豆は葉っぱを食べられてしまいました。

今日は秋晴れ。
のんびりした昼下りです。
[PR]
by from_itsuki | 2010-10-27 21:34 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

今年の小麦、脱穀。


b0125397_23204052.jpg


昨年に続き、今年の小麦は、あまり良い収穫ではなかったそう。
「天候不順もあっばってんが、スズメが食うとたい」、だそうです。
おそらく、茂さん宅の少なくとも半径5km以内に麦畑は一枚もないと思うので、
その範囲中のスズメが集中的に襲撃してるのだと思われます。

ビニールシートを敷いて、その上でアヤして、
それをバケツに集めて、唐箕で葉や茎と、麦とを分けます。

「アヤす」というのは、殻と実を分けることですね。
収穫した小豆や大豆を乾燥させて、上から「びゃー」で叩いて
殻と豆を分けるのも「アヤす」。
干した麦を「びゃー」または「ぶりびゃー」で叩いて、
麦藁(?)から麦の実(?)だけを外すのも「アヤす」。
と言うみたいです。

何かスズメ除けを仕掛けたらよかかもしれんばってん、
今年は何もせんだったで。
今は、周りに畑んなかで、ここらのスズメが集中してくっとたい。
昔は、「カミナバ」があったばってん、最近じゃ見らんもんなぁ。

・・・とのこと。

カミナバとは、紙でできていて中にえんしょう(煙硝?)が入っていて、
石でつぶすとパン!と音が出る、スズメ脅しに使っていたものだそう。

??
どんなんだろう?
どなたか、見たことある方、ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

b0125397_23293669.jpg


今日は朝からよか天気。

霧島からお土産に買って帰った、ミヤマキリシマの苗は、
茂さんが畑に植えてくれていました。

今朝はしばらく石拾いをして、
スイカの苗にイモムシが付いていないか確認して、
花がさし始めたバジルの葉を金網に干して。
その後少し五木村役場に寄ってから、そのまま八代へ行きました。

五木から八代通い3日目、五木に来てから6日目の夜です。
昨日は夜中に部屋にクモが出て、退治するのが大変でした。
夜、恐怖で寝付けず、明け方になってしまいました。

明日こそは、早起きしてお味噌汁を作りたいと思います。
[PR]
by from_itsuki | 2010-06-09 23:40 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(4)

運搬機、今日も活躍中。


茂さんちでは、麦の刈り入れが先月終わり、
しばらく天日乾燥した後、
アヤして(脱穀して)収穫が終わりました。

雨が降る前にカタさんばんと、
朝食前に麦畑から掛け干し用の竿と杭を回収。

b0125397_9194977.jpg


ちゆきさんに、これ何て言うんですかと聞くと、
「・・・さぁ?なんちゅうとか知らん(笑)」。
茂さんによると、「運搬機ちは言うばってんなぁ」とのこと。

この運搬機、適度に小型で小回りが利くし、
速度は遅いけど力持ち。
石を運んだり収穫したカライモを畑から持ち帰ったり、
茂さんちの農機具の中で明らかに最多登場回数です。

これが一番よく使える、とチユキさん。
これば使うごとなってから、こればっかりたい。一輪車よか良かもんな、と茂さん。


畑では、キャベツが終わり、
ナスやスイカの苗が育っているところ。
ジャガイモもまだ収穫していない分があります。

今年、キビはタカキビとコキビ(かなり久々)を植えてみたとのこと。

b0125397_9223468.jpg


奥がタカキビ、手前がコキビ。

あんま芽の出らんかもち思うて、厚う撒いたばってん、
ちったあ厚う撒き過ぎたー。間引きせんばんばってん、
雨の降らんで(土の固かで)しこなさんとたい、とチユキさん。

確かに、コキビがモサモサと茂ってますね・・・。

茂さんちと同じ頃に、
エゥと一緒に、辰迫のY邸へタカキビ植えに行ったけど、
そっちもそろそろ芽が出てるかな?
近いうちに、見に行かないとなー。

畑の手前半分は、まだ空いています。

b0125397_9263674.jpg


畑を広げて、次は何を植える予定ですか?
と茂さんに聞いたら、

「何を植ゆーかまだ決めとらん。
農地ば造成することが目的じゃっで。
国交省が(代替)農地ば作らんで、自分で広げよっとたい。」
とのこと。

そっか・・・。
黙々と畑を開墾されている目的、私は知らなかった・・・。
[PR]
by from_itsuki | 2010-06-07 08:14 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

ベラルーシの籠in五木


b0125397_23222152.jpg

(靴箱の整理中。茂さんのお父さん、乙平さん手作りの下駄が出てきた。
2010年5月2日)

五木なう。

20日ぶりに五木に来ました。
この間、ベラルーシに調査に行ってたりしたのもあって、
本当に久々です。

ベラルーシ土産の手提げ籐籠を、
チユキさんが喜んでくれました。

映画『アレクセイと泉』の中で、
イワンおじいちゃんが編んでいる、ジャガイモ収穫用のあの籠です。

これは、ブレスト市の雑貨屋の店先で、おばあちゃんが売っていたもの。
職人が作ってるから丈夫なんだよ、私も使ってるから保証する、
ほら、と言って、いきなり籠を地面に落とした(叩き付けた?)おばあちゃん。
そのセールスに負けて、買いました。
大・中・小2で50,000ベラルーシルーブル(約17ドル)。

「底ん丸かでこれは強か」

そうなんです、チユキさん。
私もベラルーシのおばあちゃんにそれを実演されました。

この籠は、日本の籠とは違って、
籐で骨組みをつくり、その間を細い籐で編むように作られていて、
茂さんも、編み方に興味津々。

(今日はデジカメメディアの調子が悪いので、
籠の写真は明日以降アップします)


竹でもいいけど、
同じもの、かずらで編めないかなぁ。
編んでみたいなぁ。

「ふれあいセンターいずみ」に、
たまに、すごくハイレベルなかずら籠を出品されている方がいて、
時々チェックしています。

持ち手が非常にしっかりしていて、しかも美しい!
色の違う2色のかずらを作ったりして、デザインセンスもあり。

炭さんによると、ここから車で30分の椎原地区の人らしい。
いつか教わりに行きたい。
(と思い始めて、すでに5年が過ぎている)
[PR]
by from_itsuki | 2010-06-04 23:26 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

スイカ、バジル。4月半ばの畑。


夏野菜の準備ということで、スイカとバジルの苗を買いました。
バジルは、もちろん私のリクエストです。
スイカも、つまり私のリクエストです。

チユキさんと茂さん(と私)の話し合いの結果、
今年は家に近い場所に植えることに。
カラスから収穫を守るため、目の行き届く場所になりました。

b0125397_252056.jpg


バジルは、ニガウリが植わる予定地の隣に。

b0125397_282032.jpg


ここが、5年前まで荒地だったなんて思えない。
隣の家が移転した跡地を、茂さんが日々少しずつ開墾されました。

竹で作った簾を斜めに立てかけて、
茂さんがスコップで土を簾に投げて、小石と土と
ふるいをかけられているのを見たとき。
テミ一杯に畑から拾われた、2cmほどの小さな石を見たとき。

なんと気の遠くなるような手間を経て、畑の土が作られるんだろうかと
大きな衝撃を受けました。

茂さんの言われる、土には先祖の汗が詰まっているとは、
こういうことなんですね。

b0125397_210022.jpg


今日はいい天気ですね。

b0125397_216228.jpg


畑を見渡せるこの場所は、
セメントがひんやりしてて、涼しい風の吹く
茂さんお気に入りの場所。

元の水没予定地、国有地だけど、
国や村が整備するのを待っていたら、
体が弱って畑ができなくなりそうだし。

畑が、随分広がりましたね。
[PR]
by from_itsuki | 2010-04-25 02:19 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

シイタケのサイクル。


b0125397_21541852.jpg

頭地代替地でも、桜が咲き始めました。
旧頭地の五木中学校の校庭跡でも、満開だそうです。


今日はうれしいことがありました。
3年前に玉名市長洲のふるさとセンターY・BOXでホダ木を見つけ、
1本1,000円のを2本買って帰り、自宅の庭の片隅に置いていたのですが、
長い沈黙を破り、やっとシイタケを付け始めたことに本日気づきました。

本当にシイタケが出るのかとか、もう駄目なんじゃないかとか、
家族にいろいろ言われながらも、
長く待った(というか置いていた)甲斐がありました。

シイタケが出るのを2年も3年も待つなんて、大変ですね、
と茂さんに言ったら、
きょとん?という表情で、そぎゃんでもなかばってん・・・とのこと。

茂さんにとってみたら、物心ついた頃からシイタケのサイクルは
始まっているわけで、
途切れないよう時期をずらして菌打ちしたホダ木があるわけで、
ゼロスタートで3年間シイタケを我慢してやっと収穫、というわけでは
ないわけだそう。

確かに!

これはコンニャクイモにも言える。

親芋についた子どもの芋を、適当に池のそばの草むらとか、
畑の入り口のちょっとした場所とか、畦畔とかに押し込んでおいて、
数年たって、上の茎と葉の部分が高さ70cm~1mぐらいに育ったものから、
掘り返して収穫するパターン。
(冬場に掘り返して土から上げておき、また春に植え直すこともある)

これも、何もコンニャクを3、4年間我慢し続けて、
やっと収穫してから、加工してコンニャクを食べられる・・・
ということではないわけなんですね。

そうすればいいのか!
すばらしいサイクル!


茂さんを見ていると、
野菜づくりは経験値と研究姿勢という気がします。

季節に合わせて、1年に1度しか野菜栽培を試みられないことを考えると、
早めに始めて経験値を上げておかなければ、
将来立派な野菜づくりはできないということか・・・。

野菜づくりの道は一日にしてならず。
今年は、こんにゃくの種芋を少し、分けてもらおう。


我が家のシイタケ第一号は、ナメクジにかじられていたため、
とりあえず、下にナメクジ除けを撒いておきました。
初収穫を食べる日が待ち遠しいです。



(なお、ふるさとセンターY・BOXでは、
この時期、いちご収穫体験をしています。
高設栽培なので立って収穫でき、イチゴソフト始め、
野菜や果物、加工品、有明海の加工品が多くあります。
小説『草枕』の舞台、天水のすぐそばですので、
近くに行かれたらぜひ寄られて下さい。
隠れた穴場で、スタッフさんも非常に親切です)
[PR]
by from_itsuki | 2010-03-18 22:05 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

「びゃー」をめぐる考察。


今日は仕事先に、五木村からお客さんが来られました。
私も連れて帰ってほしかったです、ハイ。
五木村に2月2日以来行けておらず、
禁断症状が出てます・・・プルプル。

前回茂さんちに行った際、
以前も紹介した「びゃー」の写真を撮ってきました。

b0125397_295510.jpg


小豆をアヤすのに使うわけですが、
この農具は標準語ではなんと言うんだろう??

・・・と思っていたら、岩手では「まどり」と呼ぶということが
書かれていました。

こちら

同じサイトに、「唐竿」が出てきます。

(少なくとも)関東方面では、「クルリ棒」というみたいです。
小豆や菜種を殻から外すのに使う農具で、
五木村で言う「ぶりびゃー」に似ています。

でも、ぶりびゃーは、柄の先についているのは
一本の棒ではなく、
複数の棒を、かずらや針金でいかだのように編んだもの。

前に茂さんちで使わせてもらったけど、
結構操作するのが難しい!

くるっと回転させて、
バシン!と打ち付けないとダメなんですが、
タイミングが合わないと、
ガコッと地面に打ち付けてしまい、
手元に振動が響く羽目に・・・いつか壊してしまいそうです。


ところで、「びゃー」って何??


頭地代替地の子守唄公園にある茅葺き民家には、
「ぶりびゃー」が『振り把柄』という説明書き付きで
展示されてます。

「把柄」→「びゃー」??

確かに、五木村では「ハエ(蠅)」のことを「ビャー」と呼びます。
光沢?のある銀蠅のことを「クソビャー」と言うらしい。
便所蠅というやつですね。言い得て妙!

しかし・・・、本当に「把柄」なのかな。

この「唐竿」「クルリ棒」のことを、
「振棒」
「回転脱穀棒」
「穂打ち棒」
「バタバタ」
などとも言うらしい。

「振棒」→「ぶりびゃー」ってことは
「棒」→「びゃー」??

・・・あり得なくない気がするけど、
ちょっと不自然?

ちなみに、クルリ棒の妖怪(!)にまつわる
中国の古い民話もあるらしい。

ときに、
「びゃー」や「ぶりびゃー」は古い農具みたいですが、
そもそも、現代の農家の方々は、
小豆や菜種を収穫する際、
何を使われてるんだろう?

我が家も小さい頃は、
祖母が田の畦に小豆を作ってた気がする。
収穫の際は確か木槌を使って叩いて、
殻と小豆を選り分けていたような気がします。

「びゃー」と木槌とどっちが使いやすいかな・・・

あまり重くなければ、
木槌の方が広い面積を叩けるし、
「びゃー」より効率良さそうにも思えます。


びゃーをめぐる考察は続く・・・。
[PR]
by from_itsuki | 2010-02-26 02:36 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(0)

グラデーション赤大根。


最近落ち着かなくて、
数少ない楽しみであるブログ更新も、
五木行きもままなりません。

そんな中、自宅畑の赤大根
(那須茶園さんが道の駅に出荷された種を栽培)は
ぼちぼちと育っています。

干し大根でも作るかと引っこ抜いたら、
あら、ピンク色。

やっぱり色が薄くなるのかーと思って別のを抜いたら、
今度は濃い赤。

ん?

もう一つ、抜いてみると・・・
今度は真っ白。

b0125397_19394578.jpg


・・・これは一体!?

切ってみると、さらに驚き。

赤い大根は、表皮から5mmだけが濃い赤い色です。

ピンク大根は、本当に表皮だけがピンク(薄めの赤)。

白は・・・普通のこぶりの大根みたい。

b0125397_19372450.jpg


元々花粉が混じって、濃いのと薄いのがあったのか、
畑の土のせいか、
元々、そういう品種なのか??

b0125397_19464111.jpg


とりあえず、少しだけ干してみることにしました。
寒干し大根の昆布漬を、作ってみたいです。

(もう寒くないけど・・・)
[PR]
by from_itsuki | 2010-02-22 19:52 | 茂さんちのまわり | Trackback | Comments(1)


熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera

画像一覧

おしらせ

◆福寿草登山の方へご注意◆ 現在、仰烏帽子山は、五木村元井谷登山口(第1登山口)、第2登山口まで車で通行可です。登山道が荒れているため一部危険な箇所がありますので、登山には十分ご注意ください。
◆便利なリンク集◆ 
> 道の駅子守唄の里五木(観光・物産)
> 五木村観光案内所Facebook
> 五木村役場
> 五木村商工会
> 五木村森林組合
> 古民家宿所「宮園のお宿」
> 五木屋本舗
> 五木とうふ
> 五木東小学校
> 五木中学校
> 人吉高校五木分校
★五家荘のことなら★ 
> 五家荘ねっと

最新のコメント

>mmkk1114さま ..
by from_itsuki at 19:43
☆こんにちは~♪ はじ..
by mmkk1114 at 13:11
ご来訪ありがとうございま..
by from_itsuki at 19:32
久しぶりの更新ですね。楽..
by 居候 at 07:08
かなり古いブログにお邪魔..
by とうりすがり at 18:13
今年はこの連休に五木に行..
by 五木の居候 at 22:58

検索

最新の記事

10月1日~31日 阿蘇ミル..
at 2017-10-07 21:55
熊本市で五木とうふ販売
at 2017-09-30 17:58
五木村図書館に新聞社記者さん..
at 2017-09-23 22:28
那須さんのあざやか小梅。
at 2017-09-15 03:45
タイ報告会/環境を守る物語の..
at 2017-09-12 15:46
(西日本)これが旬 川辺川の..
at 2017-09-10 00:03
五家荘の紅葉の空撮動画(ドロ..
at 2017-09-06 21:04
いつき苑のなすジャム、くねぶ..
at 2017-09-02 12:03
五木村と炭焼き、2017夏の..
at 2017-07-24 02:53
五木村議会選挙が行われます。
at 2017-07-15 23:58

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

カテゴリ

全体
観光情報・お知らせ
五木の生活文化
五木の四季と自然
五木の特産品
茂さんちのまわり
仰烏帽子山
つれづれ話
五木村ファンクラブ
五木に泊まる
古民家宿「宮園のお宿」
五木の子守唄
五木村暮らしの便利帳
新聞・メディア報道
生活再建
アクセス
五木村周辺情報
五木のお店
茂さん語録
【お問合せ】
(番外編)アジアの里より

画像一覧

外部リンク

記事ランキング

i2iパーツ