くさぎな初体験。

b0125397_1572740.jpg

b0125397_1572793.jpg

生のままだととってもくさいのに、
上手に下処理するととっても美味しい、
その名も臭木菜(くさぎな)という山菜があるという話を聞いて、早数年。

ようやくくさぎな料理を食べることができました。

材料はくさぎな、油、醤油、みりん、ちりめんじゃこ、ごま。

一見、お茶を入れた後の茶殻のようですが、
かすかな苦味とありちりめんじゃこが薄めの味付けで生かされていて、
白ご飯と合わせると箸が止まらない。

つい一皿ぺろりと食べてしまいそうな、
美味しくも危険な春の惣菜です。

このほか、混ぜご飯や味噌炒めも美味しいらしい。

生の葉っぱはとてつもない匂いだそうですが、
茹でて水にさらす(五木で言うソカス)とにおいがほとんど抜けてしまいます。

ほとんど、っていうか全部。

山でくさぎなを採っていたら、観光客の人が来て、
何をとっているのかと聞かれたので、
くさぎなを見せてあげたら、
「うわっ、こんなの食べるんですか」と言われたそう。

以来、人目を忍んで採るようになったと知り合いが言っていました(笑)。

五木のばーちゃんたちはふ好んで食べてます。
食べられる山菜というジャンルの中では、
(味付けにもよりますが)美味しい山菜の中に入ると思う。

特にちりめんじゃことの相性はばっちり。
おすすめです。

今度の連休には、
ちりめんじゃことゴマ、レシピもセットで、
道の駅五木物産館店頭に並ぶ予定です。

数量限定ですのでお見逃しなく。
[PR]

by from_itsuki | 2014-05-01 15:07 | 未分類 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://fromitsuki.exblog.jp/tb/22539755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by higonokaze at 2014-05-02 09:10 x
えーっ!ホントに食べられるんですか?
この野草を最初に食した人は偉い!! 山菜のイメージからは程遠い臭いなのに・・・
海のホヤ貝も同様に独特の臭いが・・(ホヤ貝・・自分は大好きですが)
海幸、山幸の神に感謝ですね。