正月のこんにゃく作り


12月28日、年の瀬の恒例行事である正月用のこんにゃく作りがありました。

今年の尾方家のスケジュールは、
28日(日) こんにゃく作り
29日(月) 豆腐作り
30日(火) もちつき、門松づくり

カレンダーにそう書いていたら、NHKとTKUの若い記者さんが見つけて、取材に来られるとのこと。
尾方さん宅もよく取材されるようになり、結構にぎやかです。

b0125397_148937.jpg


こんにゃく芋は、もちろん自家栽培。
ゴロンとした芋は、数年かけて大きく育てます。
冬の間、土からあげて干しておき、また暖かくなって埋め戻して育てることもあるそう。

朝の段取りを考えて、前日夜のうちに下準備。
皮をむいたこんにゃく芋をゆでておきます。

翌日、ミキサーで細かくし、灰汁をまぜてしばらくするとあら不思議。
ドロドロのこんにゃく芋が、プルンプルンとした手触りになります。
大きなたらいに上げたこんにゃく芋+灰汁を、固まらないうちに両手で掬い、形を整えたらすぐにクド(カマド)の中へ。

b0125397_1482972.jpg


しばらくゆでて、火が通ったらできあがりです。

明日の豆腐作りで使う大豆をゆでるため、クドを早く空けなくては・・・
大きなひしゃくで、湯からすくいあげるチユキさん。
もうもうとした湯気で、顔が見えません。ww

b0125397_1475010.jpg


できあがったこんにゃくは、ほとんどを親類や代替地の知人に分けてあげるのだそう。

さっそくコタツで試食。
南九州らしい甘口のしょうゆをつけて、いただきます♪
[PR]

by from_itsuki | 2008-12-29 14:21 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fromitsuki.exblog.jp/tb/10253036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。