11/18宮園の大イチョウの下で、祭り。

b0125397_153161.png

[PR]
# by from_itsuki | 2017-11-17 01:05 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

五木の子守唄祭り2017 生産者直売テントより。

b0125397_214529.jpg

b0125397_214530.jpg

b0125397_214571.jpg

b0125397_214639.jpg

b0125397_214670.jpg

[PR]
# by from_itsuki | 2017-11-12 02:14 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

(記事)地域おこし協力隊と地域に入ること

先月、地元紙熊日に「熊本を元気に」と題した地域おこし協力隊に関する11回連載記事が掲載されていた。

愛すべき五木村の期待の星、黒マリに始まり、農業へのIT活用、地域イベント、インターネットプロモーション、デザインで観光PR、移住定住促進などなど…県内で活躍する、さまざまな現役やOB隊員について紹介されていた。
b0125397_05553805.jpg
全国から熊本へとやってきた方々は、年代や動機、前職もさまざま。
興味深く読みつつも、ひたすらダラダラと続く(すみません)個人の葛藤や奮闘の記事にやや食傷気味だったが、最後の11回の明石・熊本県立大名誉教授の指摘は、考えさせられる投げかけだった。

----
―全国では、行政職員の補完的な役割にとどまるケースや、退院と自治体との思いにずれが生じるなど、課題もあるようです。
「自治体が『国のお金(特別交付税)でアルバイトが雇えてラッキー』のような発想を持つのは間違いだ。どういう人材に、何を成果として残してほしいのかを地域と一緒に考え、目的やゴールを明確にする必要がある。『特産品の売り上げ何%増』などの数値目標を必ずもうけ、選考を厳しくすべきだ」
「隊員も『田舎暮らしへの憧れ』といった軽い気持ちで就任すると、任期終了後の人生が描けないだろう。成果が出せず、定職にも就けないなら、人生と税金の無駄遣いでお互いに不幸だ」
(後略)
----
b0125397_05555692.jpg
確かに、これありそう。
着ぐるみに入る仕事がメインとか、呼んでおきながら協力隊ミッションが曖昧とか、嘱託職員みたいな業務だとか、自主性に任せ過ぎて放任状態とか…たまに目に耳にするような…?
隊員が「自分探し」的な側面が強すぎるケースとか、双方のミスマッチとか…現役・OBOG協力隊が3,000人とか4,000人にもなる昨今では、応募する側にもさまざまな人がいらっしゃるでしょうし。

明石教授は、より良い制度にするためには、自治体は隊員の移住定住を目指すのではなく、地域活性化の「仕掛け」作りをゴールにすべきという点と、隊員自身も全国の人材とつながり、成功事例を自分たちの地域で応用してほしい、とまとめられていた。
ふむふむ、なるほどそういう意見もありだなー。

連載10回目の、今年の協力隊サミットであったという、OB隊員から現役隊員へ向けた「しくじり先生」的な活動振り返り報告の記事も興味深かった。
「地域の人は、僕のようなよそ者ではなく、自分たちで町おこしをやりたいと思っている」という意見は、一理あるのかもしれない。

地域活性化を目的とした求人に応じて地域に入る際に、「よそ者・若者・バカ者視点を持ってる自分こそ、この地域のために何かできるかもしれない」なんて、もし最初から思う人がいたら、それはおこがましいような気がする。

共同体には共同体のルールがそれなりにあることや(それが封建的とか閉鎖的になっている側面があるとしても)、地域で求められているのが”よそ者による正論”とは限らないことがあること、排他的・閉鎖的な面と外部者への期待や恐れとが微妙なバランスで同時に存在することなど、そこに暮らして肌で感じてみないと分からないことは多いもの。
そして、1人が2-3年間でできることなんて極めて限られているものだ。
(自省も込めて…)

私自身について言えば、かなり以前、村外から通っていた頃、「よそ者が」と位置付けられることが結構嫌で、よそ者とは何か、よそ者が地域の人と関わるとは何なのか、関わることで何かできることはあるのか、できるとしたら何なのか、ということが重要な命題だった時期があった。
と久々に思い出した。

考え尽くして、その答えは自分の中で一定の所に落ち着いたので、現在はスッキリしてるけど、その地域出身でもない人がそこに関わる意味や立ち位置は、変わらず永遠のテーマではあります。

五木村に出会いまして早15年。
あと10年したら「人生の半分は五木村の関わりの中で育まれた」と言えるようになる。
第2のふるさとと呼ぶべき地域と、望むらくは一生関わり続けたい。

”一時期住んでいたけど今は熊本に引っ越してしまった元住民”以上の関わり方を作れたら…私の後に五木に入った方や新しい世代とも関わりながら、地域に具体的に資することができれば…と思う今日この頃です。
[PR]
# by from_itsuki | 2017-11-08 05:53 | 五木の生活文化 | Trackback | Comments(0)

10月1日~31日 阿蘇ミルク牧場「五木村フェア2017」

10/1(日)から10/28まで、阿蘇ミルク牧場にて五木村フェアが開催中です。

五木の清らかな水と空気と自然が育んだ山菜、鹿肉、棚田米、ヤマメなどの山の幸が、シェフの手によって美味しいバイキングメニューに。

ぜひ皆さん、お腹を空かせてお越しください!

b0125397_21541188.jpg
先日オープニング初日に、早速バイキングを食べてきたので紹介します。

毎日メニューが変わるのですが、この日もユニークで美味しい料理が数多く並んでいました。

b0125397_21525195.jpg
b0125397_21524577.jpg
一例として、


鹿肉のたたきサラダ
五木野菜と豚肉のチャンプルー
チーズと揚げサンド
ヤーコンの味噌漬け
ゴーヤの佃煮
くねぶ/椎茸/柚子ウインナー
牛乳豆腐と鹿肉の柚子マーボー
ホルモンの五木産味噌と牛乳煮込み
牛乳豆腐の柚子胡椒漬け
五木産そばのざるそば
五木野菜の炊き合わせ
古代米
五木産掛け干し米
五木緑茶
茄子ジャムのカップケーキ

…などなど。


この食材でそう来たか!と、いい意味で今年も期待を裏切ってくれました。
私も出荷した◯◯も使われてる!と、一緒に食べた五木のお母さんたちも喜ばれていました。

b0125397_21530974.jpg
b0125397_21531422.jpg
そのほか肉や乳製品メニュー、野菜も充実。
牛肉やフロマージュ、チーズ、美味しい牛乳とコーヒー牛乳もミルク牧場ならではで、メニューが固定ではなく少しずつ変わるので、何回行っても本当に飽きません。

b0125397_21532264.jpg
b0125397_21531824.jpg
巷にたまに見かける安すぎるバイキングは、原材料に何が使われているかが非常に不安…。
その点、ミルク牧場さんは、安いバイキングというわけでもありませんか、その分確かに良い材料を惜しみなく使われていて、安心して食べられます。

週末のみ営業する隣接のパン工房、物産館隣の軽食コーナーにも、フェア限定パンや軽食メニューが登場しています!

b0125397_21525907.jpg
b0125397_21530352.jpg


◼︎
期間中のイベント予定
◯10/1(日) オープニング、生産者直売
◯10/8(日) 野鳥の巣箱作り体験(先着50組、1000円)、ヤマメ塩焼き販売、生産者直売
◯10/29(日) ヤマメ塩焼き販売、生産者直売


◼︎
バイキング料金
約50種類の乳製品・肉・旬野菜・五木村産食材を使ったメニューが食べ放題!
大人 1600円
65歳以上 1200円
中高大学生 1300円
小学生 900円
幼児 400円(3歳以上)

※入場料350円別途
園内では、動物ふれあい広場やポニー乗馬体験など、犬や牛、ハムスターやヤギなどと触れ合え、さまざまな体験ができます♪


◼︎
阿蘇ミルク牧場
熊本県阿蘇郡西原村河原3944-1
TEL:096-292-2100
http://aso-milk.jp


[PR]
# by from_itsuki | 2017-10-07 21:55 | 観光情報・お知らせ | Trackback | Comments(0)

熊本市で五木とうふ販売

フーディワンはません店での出張販売に駆け込みセーフ。
半丁豆腐にのさりました。
私のあとのおばあちゃんで売り切れました。

b0125397_21591009.jpg
熊本産・九州産大豆や古式圧搾菜種油、天草にがりなど、昔ながらの固豆腐や揚げを作られている五木とうふ店さん。
熊本市内では、11月4-5日グランメッセ、11月20-21日日赤病院売店にて出張販売予定とのことです。

今夜は麻婆豆腐だ!


[PR]
# by from_itsuki | 2017-09-30 17:58 | 五木の特産品 | Trackback | Comments(0)


熊本県五木村に関する情報を発信中。


by yutera

画像一覧

おしらせ

◆福寿草登山の方へご注意◆ 現在、仰烏帽子山は、五木村元井谷登山口(第1登山口)、第2登山口まで車で通行可です。登山道が荒れているため一部危険な箇所がありますので、登山には十分ご注意ください。
◆便利なリンク集◆ 
> 道の駅子守唄の里五木(観光・物産)
> 五木村観光案内所Facebook
> 五木村役場
> 五木村商工会
> 五木村森林組合
> 古民家宿所「宮園のお宿」
> 五木屋本舗
> 五木とうふ
> 五木東小学校
> 五木中学校
> 人吉高校五木分校
★五家荘のことなら★ 
> 五家荘ねっと

最新のコメント

>mmkk1114さま ..
by from_itsuki at 19:43
☆こんにちは~♪ はじ..
by mmkk1114 at 13:11
ご来訪ありがとうございま..
by from_itsuki at 19:32
久しぶりの更新ですね。楽..
by 居候 at 07:08
かなり古いブログにお邪魔..
by とうりすがり at 18:13
今年はこの連休に五木に行..
by 五木の居候 at 22:58

検索

最新の記事

11/18宮園の大イチョウの..
at 2017-11-17 01:05
五木の子守唄祭り2017 生..
at 2017-11-12 02:14
(記事)地域おこし協力隊と地..
at 2017-11-08 05:53
10月1日~31日 阿蘇ミル..
at 2017-10-07 21:55
熊本市で五木とうふ販売
at 2017-09-30 17:58
五木村図書館に新聞社記者さん..
at 2017-09-23 22:28
那須さんのあざやか小梅。
at 2017-09-15 03:45
タイ報告会/環境を守る物語の..
at 2017-09-12 15:46
(西日本)これが旬 川辺川の..
at 2017-09-10 00:03
五家荘の紅葉の空撮動画(ドロ..
at 2017-09-06 21:04

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

カテゴリ

全体
観光情報・お知らせ
五木の生活文化
五木の四季と自然
五木の特産品
茂さんちのまわり
仰烏帽子山
つれづれ話
五木村ファンクラブ
五木に泊まる
古民家宿「宮園のお宿」
五木の子守唄
五木村暮らしの便利帳
新聞・メディア報道
生活再建
アクセス
五木村周辺情報
五木のお店
茂さん語録
【お問合せ】
(番外編)アジアの里より

画像一覧

外部リンク

記事ランキング

i2iパーツ